パリ 愛してるぜ〜

18 22 23 26 34 37 40 43 58 60 97 99 104 106 110 122 182 186

マッツエック、バレー
ブーッ、ジェスチャー、やれやれ、ちくしょー
ヴァンヴ、蚤の市
マダム、マドモアゼル
ミロマナラ、漫画家
一番幸せを感じたとき、ジャンジュネ
首振り、ジェスチャー
バンドデシネ、漫画
ドアを開ける、マナー、レディファースト
ヴェリブ、フェット、交通ルール
ビズ、疑似キス
ビズの分類、程度の表現、言葉の繊細さ
理想のフランス男
屋根裏部屋
ドレッドヘア
フランスの恋愛、告白の有無
フランス人、裸で寝る
すごく汚くてすごく綺麗

理想のフランス男が非常に気に入っています。
面白いです。
ジェスチャーや言葉の繊細さ、微妙なニュアンスというものは海外に出ると特に意識に上がってきます。
これらも考えると楽しい事柄です。
スポンサーサイト

パリが呼んでいる

30 37 41 48 78 94 106 125 140 157

蚤の市、シャルルミッシェル
サクレクール寺院
モンマルトル
電圧
アノンス、日本書店、日本食レストラン
サロンドリーブル
卑屈さ、美徳
四つ星ホテル
ノートルダムドラギャルドバジリカ聖堂
パスティス

パリへの過剰な幻想を少なからず砕いてくれる漫画でした。
住んでみるのと、旅行でちょろっと行くのとは違うんですよね。
住めば都とは言いますけど、華やかなところは住んでみれば、だんだん現実も思い知ることになります。
それでも、魅力的な都市というものはありますが。

漫画の単行本

昔は週刊誌や月刊誌を立ち読みしたり、買ったりしていた。
最近はそういうこともめっきり無くなってしまった。
いつの間にか単行本で読むようになった。

時たま、気晴らしとしてパラパラと読む。
好きで読むものもあるし、適当に目についたものを惰性(?)で読むものもある。

単行本で読んでいると前の巻の話を忘れたりする。
またそもそも何をどの巻まで読んでいたのかも忘れる。

そんなんで、漫画を読む意味はあるのかと思ったりもする。
だが暇つぶしであるから深く考えない。

とりあえず、何を読んでいたのかを思い出せるように書いておこうと思い立った。

アライブ21巻。最終巻。きれいにまとまって終わったと思う。前の方はけっこう忘れているけどそういう印象。
ピースメーカー5巻。ガンアクション漫画だけどあんまり派手じゃない。スプリガンとかARMSとかを読んでいたので読むようになった。
血界戦線1巻。トライガンの人の新作。
嘘喰い16巻。この漫画は好きで読んでいる。ギャンブル漫画という印象はあまり強くない。色々ミックスされていて面白い。絵の構図もなかなかに面白い。台詞が笑えたりする。暴力については現実的なことを書く。けどそれでもなんだかんだで理想を描いているような気がするのでそこも好き。
青の祓魔師1~3巻。女性的なやわらかいタッチの絵。巻末の漫画の書き方は興味深い。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード