タイタンの戦い

IMAX3D以外で初めて見た。XpanDってやつ。
過去の経験から今回は吹き替えで見てみた。

結論を言うと2Dで見れば良かった。
本当に今回のは失敗だった。
目が疲れた。

まず全然浮き上がって見えなかった。
CGが使われている部分がごくたまに浮き上がるくらい。
これはXpanDが悪いのか、映画が悪いのかはよくわからない。
トイストーリーの予告はそれなりに浮き上がっていた。
CG映画の方が3Dに向いているのかもしれない。

この映画自体はもともと2Dで作られたもの。
3Dはそれをコンピューターで変換して作製したものらしい。
監督は3Dで作りたかったらしいけど、費用の問題で断念したよう。
今回みたいなのは似非3Dって言っていいと思う。
こういうのが続けば3D離れするのは必至。高い金払って、目が疲れるんじゃ最悪。
3D映画が一般に受け入れられるには、製作コストの低減が課題の一つだろう。

今回の3Dはあまり良いことは無かった。
けど3Dについていくつか気付いたことがある。

まず画面が暗いと見にくいということ。黒が基調となっている場面が多いのだけど、見にくい。
XpanDのメガネはかけるとすこし画面が暗くなる。これが原因の一つだと思う。
3D自体に問題があるのかはわからない。
このことを考えると、アバターは蛍光色をふんだんに使っていたので、考えられているのかなぁと思う。

次に動きの速いシーンの見にくさ。
このことはアリスでも少し思ったが、この映画を見てほぼ確信した。
本当につらい。目がつらい。
これはアクション映画にとっては課題かもしれない。
スローモーションは良い表現方法になるはず。

とりあえずこれくらい。いくつかって2つだけだったな。
とりあえずXpanDで3Dを見ることは控える。すくなくともCG映画じゃなければ見ない。

一言、言いたい。この映画は3Dで上映するべきじゃない。
監督をはじめとした制作サイドはこの映画を3Dでみたのだろうか。
映画は商品、売り物なのだから、せめて一定水準以上のものを観客の前に出すべきだ。

3Dはともかく映画自体のテンポは良いと思っている。
景色、風景も壮大だったり綺麗だったりで好きだ。
ギリシア神話が大元にあるが、そこには期待をしてはいけない。
神話に忠実という訳ではない。
キャラクターだけ引っ張って来たという感じ。

ギリシア神話に興味のある人には里中満智子さんの漫画のギリシア神話をお薦めする。
小さい頃に何回も読んだ。読み易いし神話自体が面白い。
映画にグライアイが出て来た時はこんなん居たなぁと懐かしい気持ちになった。

何回も書くことになるけど2Dで見た方が良い映画。
特に最近は3Dが持ち上げられているから。
戦闘シーンの間隔は比較的短く戦いに継ぐ戦いという感じで、アクション好き、VFX好きなら多分楽しめる。
3D映画について教訓が得られたのは、成果かもしれない。
スポンサーサイト

Alice in Wonderland

3D映画も見るのは3回目。全部IMAX。他の3Dは見ていないので、タイタンの戦いを見るつもり。
IMAXでは3Dしか見ていないが、普通の映画もIMAXで見たいと思う。
知っている映画館の中ではスクリーンがとても大きくて、視界いっぱいに画面が広がる。
パソコンの画面をごく近くで見ている感じ。
少し不思議な感覚でさえある。音響も迫力がある。年配の方を筆頭にうるさいと思う人もいるのは確かだが。
以前にダークナイトをやっていたので見れば良かったと思っている。
アイアンマン2はIMAX版があるので楽しみ。
アリスはIMAXでやる3Dの二作品目だと思う。

2回目に3Dを見た時も思ったが字幕は邪魔だ。特にアリスはアバターより字幕が上にあってより気になる。
わざわざ字幕を浮き上げなくても良いとも思うのだけど、そうなった場合でも邪魔になるかもしれない。
ともかく3Dを見る、楽しみたいと思っているならば、吹き替えで見るのが良い。
マッド・ハッターの名前の通り狂った感じは声優さん任せになるかもしれない。
この作品は別にしても、映画において声が占めるファクターが大きいこともあるとは思う。

自分は吹き替えに対して少なくとも好感は持っていない。
外国の映画はそのままで見るということにこだわっていることは確か。
でも3Dに関してはそれは我慢してでも吹き替えにしておくべきだと思った。
アバターの時もそうだったが、字幕の無い場面が3Dを楽しめていた場面だった。

アリスには予告のチェシャ猫がすごく飛び出ていたので、それ並みのを期待していた。
ただそういう場面は無く、予告のシーンすら実際の映画には無かったと思う。
記憶違いだった悪いが、ちょっと騙された感がある。
3Dは速い動きを表現するのに不向きなのか見にくい場面もいくつかあった。
穴を落ちていくシーンやジャブジャブ鳥の出てくるシーンが見づらい。
期待の大きさや字幕のこと、3回目ということもあるが、アバターを見た時程の3Dに対する感動は無かった。


3D映画は新しい体験で、騒がれてもいると思う。
3Dの映画は増えている。3Dテレビも登場し、盛んにキャンペーンを行っている。
実際のところ、まだ3D映画をたくさん見ていないので、自分には3D映画の真価はわからない。
一時のブームで終わるのか、後生に残るようなものがいくつか作られるのか。
これからが楽しみではある。

映画の内容は普通。
原作を知っていれば、楽しめるということもあるとは思う。
原作は読んだことが無いし、アリスとして知っているものはディズニーのアニメだけだ。
そのアニメも小学生の初めくらいに見たのが最後だろう。

原作もそうらしいが、映画には言葉遊びがいくつか出てくる。
英語が得意な人は聴いていて楽しめるかもしれない。
字幕を作る人も努力はしていると思う。
これは言葉遊びとは言えないが、マッド・ハッターがMから始まる言葉を挙げていく場面がある。
うろ覚えだがmurderとかmutinyだったかな。それを抹殺(Massatsu)とか謀反(Muhon)とかって訳していた。

ただ言葉遊びはあくまで英語の言葉遊びだから日本語で考えても無理。
カラスと物書き机はどこが似ている?という言葉が3回くらい出てくる。
答えは映画の中では出ない。共通点とか考えるんだけどそういう類いの謎掛けではない。

答えは...
なぜならば、どちらも少しばかりの“note”(鳴き声、覚え書)が出せますが、非常に“flat”(平板、退屈)なものです。そして、どちらも前と後を間違えることは決して(nevar、逆から読むとraven)ありません!
だそう。Wikipediaで発見。
原著でアリスを読むのは英語好きにはたまらないんじゃないだろうか。マニアックだ。

登場するキャラクターはシュールなのが多くて好きだった。
カエル、ウサギや太っちょの双子、赤の女王とか。カエルは特に好き。
誰が私のタルトを盗んだの?の場面は面白い。よく考えればカエルはかわいそうなのだが、クスッと笑えてしまう。
トチ狂ったキャラも多い。三月ウサギ、ハッター。赤の女王もそう。
中盤からシリアスな戦いに向かっていくので、あまり奇妙なキャラクターを楽しむことができない。
もうちょっと面白おかしい話の方が良かったかな。

戦闘は個人的には要らなかった。キャラクターは魅力的だと思う。
そういえば、芋虫の声はアラン・リックマンだった。彼の声は良いので、それを考えると字幕の方が良いのかも。
まあ無理して3Dで見なくても良いかなとは思う。
きっと一匹や一人は気に入るキャラクターに出会える映画。






2012

どういう結末になるのか気になっていた映画。
結局ごく普通の結末。
ひねりは無い。ただ解釈の幅はある。
生き残った人間達の面子を考えると、けっこうブラックな結末。

他の部分は考え出すと際限ないし、実りもあまりないと思っている。
ぼーっと見られて、ほとんど何も残さないから暇つぶしとしては優良なのかもしれない。
世界が滅亡するとしたら、劇中のラマ僧のように従容として死を迎えたいものです。

映像は迫力があって見応えがあった。
人類滅亡説を題材にしているだけあって、スケールがでかい。
映画館で見れば良かったとは思った。
映画館でなら、映像だけじゃなくて、音もすごかっただろうな。

気に入らない点を挙げるなら、登場人物の死に方。
扱いの気の毒な人が2,3人。
映画なんだからもうちょっと夢を見せてくれても良いと思う。
まあそれ以前に作中では大量の人が亡くなっているが。

他にはロシア人の男どものしゃべり方が気になったり、ベントレーって音声認識するのかスゲーとか思ったり。
あまり考えない方が良いと個人的に思うけど、ロシア人や中国人がやけに活躍したり結末だったりは深読みできる。
実は皮肉とかブラックジョークとか多いのかも。
同じ人類滅亡ものでKnowingもあったなぁと思ったので、見てみようと思う。


シャッター・アイランド

ミステリー映画を映画館で見たのは初めてかもしれない。
こういう映画の感想なり批評なりを書くのは難しい。
新聞や雑誌に批評を書く人はなかなかすごいと感じる。
よくよく見ればそれほど本編に関係ないことやあらすじが大半だけど、絡ませ方は参考になる。

予告に惹かれて、主演もディカプリオだし...いいかと思い見る気になった。
監督がスコセッシということは公開数日前に知った。これでまあビッグネームが二つになり完全に見る気に。

気付くのが遅いかもしれないがスコセッシとディカプリオってなんか仲いいんだなぁと思った。
ディカプリオに関してはインセプションが楽しみ。
最近はブラッド・ダイヤモンド見て、眉間のしわに注目するようになった。
ディカプリオって普段眉間にしわ無いのになんで、演技のときは作るのか不思議。
ちょっと真似したりなんかもする。
そりゃもちろん様にはならない。さすがにイケメンにしか許されない。でも普通にいたら変なオッサンか...
あと普通に疲れる。俳優は表情筋すごいのだろうか。

自分はそれほどディカプリオの出ている映画を見てはいない。
また好きか嫌いかって言われたらディカプリオは好き。
だから演技も楽しめる。
ただこの人の演技は過剰に思える。眉間のしわが一つである。
劇、オペラのような演技にも見える部分がある。
自分は演技してますみたいなのを見るのは好きだからいい。
今回はこの映画を見てて、ふとこういう演技嫌いな人もいるだろうなと思った。

スコセッシ監督についてはいまいちどういう人なのかわからない。
だけどイメージからすると大作を作る人で、今作のような孤島という限定された場所が舞台の映画を作ったのは意外に思った。

映画の内容について。
本編の前にまず錯視を見せられるのだが、これは意味が無い。
うろ覚えだけど、脳が見るものを都合よく変えている例として出していたと思う。
そういう風に素直に言葉だけ受け止められればいいが、自分の場合何か目の錯覚のようなものが関わってくるのかと思ってしまった。
それに錯視は生理的錯覚だから、映画に関わるものとはちょっと違うと思う。
錯視自体はいろいろあって面白いし大好きである。

謎解きの部分は中盤までは二択の可能性で迷わされた。
片方はよくあるパターンなんでできればそうじゃない方が面白いかなと考えていた。
結果がどちらかは書かないけど、中盤過ぎでほぼ確定的なものになる。
こういう映画だと読めちゃってつまらなかったと言う人が少なからずいる。
ただ終わり方に関しては鑑賞者への解釈の余地があるので、話が読めてつまらなかったで終わりにならないで良い。

上映前にこの映画には些細な言葉、動作に謎解きのヒントがありますって移されていた。
監督もそういうことに気をつけて作っているのだろうけど、動作についてはもう一度見てみたいかなと思う。
この映画に関しては超吹き替え版なるものがあるらしく、それを見てみたいとも思う。

近頃のサスペンスで話題になるものでは変に猟奇的な犯人が出てくることが多いと思うが、その点を考慮すると自分はこの作品が好きである。


Maroon 5の新作 その2

AMERICAN WAYというところの記事。
2ページでパラグラフも20個以上ある。
長いけど書かれていることはLAについてやら、アダムについてやら。
アルバムについての情報はそれほど無い。

新しいアルバムの収録曲についてのパラグラフが一つある。
そこだけまとめる。

Hands All Over、Never Gonna Leave、Miseryの3曲について言及。

Hands All OverはギターがDef Leppardの“Pour Some Sugar on Me”みたい。
原文にはairbrushed electro-arenaって書いてあるけど、よくわからない。
アリーナ向けのエレキギターってこと?

Never Gonna Leaveはsuperthick harmony vocalsと書いてある。
何層かヴォーカルを重ねているってことだろうか。
何となくはわかるけど、日本語にはうまく訳せないなぁ。

Miseryはit rides a bouncy bass grooveと書かれているからベースが前面にでている曲なのかな。
Jackson 5のようなメロディらしい。

Mutt and his engineer tweak every little tiny nook-and-cranny sound.という文もあった。
ともかくドラマーのマットが頑張ったらしい。
ドラムに関してはSongs About Janeの時の方が前作より好きだ。
ドラマーが変わったからか、曲によるものなのかわからないけど。
ドラムにも期待。

ともかく期待と妄想とが膨らむ。





野菜から食べる

今日ふと気付いたこと。
野菜をご飯や肉やらより先に食べると、たくさん食べられる。
野菜が好きかと言われれば、そうではない。
野菜は食べた方がいいと思っている。
体重とか体脂肪が心配というわけではない。
健康のためというのか、おなかの健康の為である。
食物繊維をあまり採っていないのか、おなかの調子が良くないことが多い。
野菜食べたたら治るかなという短絡的な考えである。
空きっ腹に野菜を突っ込むのが良い。
あと、野菜から食べるとなんかダイエットになるらしい。
コース料理ってこの点うまくできているような気がする。

Hey,Soul Sister

まったくの余談だけどアメリカのiTunesのシングルチャートでTrainのHey, Soul Sisterが一位になっている。
一、二ヶ月前には4位くらいにあって、それでもおぉという感じにはなった。
一位になるとはうれしい。応援する気持ちはあった。
売れ方として、Maroon 5の一作目に似た感じでそういう訳で書いただけ。
近頃ではKings Of LeonとかThe Scriptとかもそんな感じだけど、こういう売れ方は面白い。
Trainに至っては一度落ち目みたいな時期があったから、良かったねと思う。

オフィシャルビデオを見つけた。
サングラスかけたスキンヘッドのお兄さんがウクレレみたいなの弾いてたり、ドラマーの人がシャカシャカやってたりするのがシュールというかかわいらしい。
ヴォーカルのパットさんは顔が濃いので、何度見ても苦手(失礼)。
いつの間にやら三人になっている。ベースの人が抜けたのかな。



アルバムの方も10回以上は聴いたから自分の中での評価が固まった。
結局11曲中7曲は気に入った。半分以上気に入った曲があればアタリだと思っている。
一曲だけのヒットで終わらずアルバムの方も売れるといいね。




Maroon 5の新作

今年発売ということで楽しみにしていた。
6月発売予定、タイトルはHands All Over(仮)だそう。

二つ英語の記事を見つけた。
一つ目http://www.aolradioblog.com/2010/04/02/maroon-5-2010-new-album/
4月2日の記事で短め。
二つ目http://www.americanwaymag.com/adam-levine-maroon-5-los-angeles-jesse-carmichael
    http://www.americanwaymag.com/adam-levine-carmichael-maroon-5-lange-switzerland
4月1日の記事。長いけど余談も多い。2ページ目の真ん中あたりくらいがアルバムの情報。

一つ目は短いので『なんちゃって和訳』をしてみる。
適当に和訳をするつもりだが、場合によっては単なる要約になるかも。
間違ってるかもしれないので鵜呑みにはしないで欲しい。

1段落目:ダブルプラチナのアルバムに満足しないグループは珍しい。だがマルーン5がスタジオに戻りニューアルバムの製作を始めることとなった原動力はそこにある。

2段落目:商業的には成功したが、2007年のアルバムIt Won't Be Soon Before Longはヴォーカルのアダムにはあまり
納得のいくものでは無かった。彼がローリング・ストーン誌に話したことには、そのアルバムは他の誰かのものに聴こえたそうだ。このことを踏まえた上で、彼らはスイスに向かった。スイスで彼らはAC/DCやDef LeppardなどのアルバムのプロデューサーであるRobert "Mutt" Langeと協力してアルバム制作を行った。

3段落目:Langeのたゆまぬスタジオでの指導のもと、彼らは自身の音楽に磨きをかけることにこれまでに無い程の力を注いだようだ。NeonLimelightの伝えるところによると、ビルボード誌のインタヴューでキーボード奏者のジェシーはLangeはスタジオにおいて本当に力強くバンドの後押しをしてくれたと述べている。またバンドの見解として、彼の厳しい要求の完全に応えたということである。ジェシーによると新しいサードアルバムはよりオーガニックで、セカンドアルバムよりもファーストアルバムに近いそうだ。ローリング・ストーン誌のインタヴューにおいて、アダムも同意見である。彼はニューアルバムはファーストアルバムに似ていて、自分たちは機器を動かすことへの関心は薄れ、曲を自然に作ることをより意識したと述べている。

4段落目:The Cornell Daily Sun誌でのインタヴューでアダムはバンドが8曲新曲を完成させ、アルバムのタイトルを暫定的にHands All Overとしたことを語った。ニューアルバムはもともと4月に発売予定だったが、今では6月中に発売というのが濃厚である。しかしながら、このことでファンにこの夏期待すべきもののことがわからないということにはならない。去年の9月からバンドはYouTubeにニューアルバムのトレーラーを投稿しているが、彼らはそこで新作が今年最高の手に汗握る体験になると約束している。トレーラーは以下のアドレス:http://www.youtube.com/user/Maroon5 でチェックできる。

二つ目の記事は要点だけ訳すかもしれない。けっこう良い勉強になる。

新作がファーストに近くなるのは嬉しい。
二作目は5年近く待たされただけに出ること自体に感動していたけど、ポップ過ぎた感じは否めない。
プリンスやポリスへのオマージュ、悪くいえばパクリのような曲もあった。
それでも好きだったけど。
ファーストは個人的に名盤認定している。またあれに近いものが聞けると思うと楽しみ。
いちファンとしてはもちろん全然違う路線でも良い。
ともかく楽しみでたまらない。
冷めた目で見れば些細なことだけど、人間の妄想には際限がないので妄想を膨らませ、6月まではこのことを糧にして暮らそうと思う。

シャーロック・ホームズ

ロバート・ダウニー・Jrが好きなので見た。
茶目っ気があるというか、余裕があると言うか。こういうオッサンは良い。
ジュード・ロウはクール。
いままで見てきた映画の中ではことごとく変人役だったから、素直にかっこいいと思えたのは初めて。
ガイ・リッチーが監督というのは知らなかった。
マドンナの元旦那っていうのがまず思い浮かんでしまう。
Lock, Stock and Two Smoking Barrelsの監督。この作品は面白いらしいので見る予定。
興行的にかなり成功していて、ガイ・リッチーにとっては珍しい(失礼)というか久々のヒット。
原作のある映画をガイ・リッチーが作ったからそれでまた珍しく感じるのかな。

主人公は探偵だけど、サスペンス映画ではない。
アクション映画。犯罪のトリックとその解説はあるけど、アクション映画と考えるべき。
推理を期待してはいけない。
ホームズもワトソンも完全に肉体派。ホームズもワトソンも自分のイメージとは全く違った。
自分のホームズのイメージは『紳士』。
ワトソンはホームズの引き立て役かな。
子供の時に見たアニメのホームズの影響だと思われる。
犬を擬人化したキャラクターのアニメである。これはこれで古き良き思い出。
この映画のホームズは不潔だったり、若干コミュニケーション能力を欠いていたり、拳闘をしたりと意外な人物設定だった。
ただ原作でもホームズはボクシング強いらしい。単に自分が原作について無知であるために意外に思うことが多かったのかも知れない。
原作も読んでみれば色々イメージと違うのかもしれない。
ホームズの観察眼の鋭さがアクションシーンや会話においてたびたび印象づけられるのは面白かった。
闘い方を考える場面は多少クドい気もするが。

アクションが多く辟易してしまう人もいるかもしれないが、けっこうユーモアが含まれていて自分は楽しめた。
あとチラチラ登場する犬がかわいい。
敵役にフランス語を喋る巨漢がいるのだが、この人物が気に入った。
憎めない敵役。敵のボスはブラックウッド卿であるが、彼より印象に残っている。
教授はまだ今作では出てこない。まあ続編があるというのはうれしい。
是非巨漢にも出て欲しい。
娯楽映画としては申し分無いと思えた。シャーロック・ホームズの知名度をうまく利用した映画だと思う。
原作ファンは色々突っ込みたくなるだろうけど、シャーロック・ホームズという名前しか知らないような人には良い暇つぶし。


ダレン・シャン

すごく懐かしい。小学生から中学生くらいに読んだ。
けっこう描写がグロかった覚えがある。他の児童向けファンタジーと比べると人もバタバタ死んでいく。
テンポは良くてスラスラ読めた。面白かったと思う。
同時に終盤がいろいろ気に入らなかったのを覚えている。
今読んでどう思うのかはわからない。読み直す気はあまりない。
原作の評価はまあこんなもの。

映画については完全に暇つぶしで見ただけだ。
ファンタジーの本が原作の映画については自分の想像していたものとの映像化されたものを比較するのが楽しい。
原作との相違点を探すのも面白い。
ファンタジー本原作の映画は最近はハリーポッターくらいしか見ていない。
最近のハリーポッターはすこし詰め込み過ぎと切り取り過ぎとでイマイチだと思っている。
尺が足りていないと感じる。
個人的に一番うまくできていたファンタジー映画は指輪物語である。
全部3時間超で尺は長いが、これくらいしないと満足のいくものはできないと考える。
ナルニアとかハリー・ポッターの初期も良い方だと思っている。
一方で最近はあまりこの種の映画に期待しなくなっている。
ハリー・ポッターの7作目は前編、後編があるので楽しみではある。

それで、この映画の話であるが、可もなく不可もなく、である。
おそらく原作のファンには受けが良くない。
原作と随分変わっていた印象がある。おそらく続編があるのだろうけど、どういう風に続けていくかは気になる。
けっこう後半に重要になる部分を変えているので、面白くするのはなかなか大変だと思う。
ストーリーは全く別物と考えた方が良い。
続編を想定しているので、盛り上がりに欠けるというのは仕方ない。
原作を知らない、原作に思い入れが無いという人にはまあ良いんじゃないという感じ。

視覚的にはどうだったかと言えば、気持ち悪い場面がある。
この映画に関してはこれは褒め言葉。気持ち悪いのはサーカスの連中。
気持ち悪いのが売りであるから、そういう風に印象づけることができているのは良い。
登場人物については当然自分のイメージと違う人物もいるのだけど、良かったと思う。
クレプスリーはイメージと違った人物なんだけど、愛着が湧いた。
それもそのはず、調べて知ったことだが、シカゴに出てたかわいそうな男の役の俳優さんだった。
シカゴのときとは違い、外見オッサンだけどすごいオッサン。
オッサンが頑張るのは好きだ。
リトルピープルも良かった。キモ可愛いという言葉がぴったりである。
他のキャストも下手に狙った感じが無く好感が持てた。
ダレンやスティーブは普通っぽさがある。

暇なら見ても良い。ただ映画館で見る必要はあまり無いかな?




プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード