海外旅行の持ち物

海外旅行でアメリカに行く予定があるので、確認がてらまとめておこうと思う。

持ち物はスーツケースとリュックとウエストポーチに分けて持っていく予定。
だったんだけど、ウエストポーチは狙われ易いらしいのでやめた。
貴重品は入れないようにする。
それでもパスポートや航空券とか出し易くしておきたいので、首からかけるみたいなパスポート入れでも持っていこうと思う。
でもやっぱり空港にいる間しかどうせウエストポーチ使わないだろうから大丈夫じゃないかとも思った。
とりあえず、海外でも継続してウエストポーチを使うのは(元々その気はないが)やめる。

思いついたことだが、カーゴパンツのポケットなんか良いかもしれない。
ポケットのある上着があればとも思うが、季節が季節なので難しい。

リュック以外(ウエストポーチやパスポート入れ、ポケットなど)にいれるもの
パスポート
航空券
現金円/ドル
クレジットカード
マイレージカード
国際学生証:大学生の人はすぐ作れてそれなりの身分証明になるそう。
ホテルの予約証明
ビザ申請時の書類:入国審査時に必要らしい。

リュックに入れるもの
証明用写真:パスポート無くした時のため。まずそんな事態にならないよう心掛けます。
ノート
筆記用具
旅行会社とやりとりした書類
カメラ
財布:いくつかに現金を分散させておく
電子辞書
ポメラ:パソコンを持っていかないので。
iPhoneの充電器
iPhone:オフラインで使えるi英辞郎とか観光ガイド、地図のアプリを入れておく。スカイプも入れておく。
文庫本
勉強用の本:うすうす持っていっても無駄になると感じているが、自分の性格上持っていかざるを得ない。
ガイドブック
歯ブラシ、歯磨き粉
スリッパ
帽子、サングラス
腕時計
折り畳み傘

スーツケースに入れるもの
パンツ
靴下
Tシャツ:向こうで廃棄しても良いものを持っていくことに。
長袖:二枚
ジーンズ:二本
運動用の服:宿泊場所にジムがあるということとランニング用に。寝間着にも。
運動用の靴
ハンドタオル
タオル
サンダル
薬:風邪薬、胃腸薬、目薬など
歯ブラシ、歯磨き粉
ひげ剃り、ひげ剃り用のクリーム:最近はヒゲの伸びる速度も速くなった。忘れたら以外と困るだろう。
爪切り
耳かき
シャンプー、ボディソープ:現地調達できるけど、家に余っているので。
変圧器
変換プラグ:アメリカはプラグの形は変わらなかったような?
勉強用の本
お土産:お世話になった人や友人などに。渡す機会ができますよーに。
時計:目覚まし用
バッグ:アメリカでの普段使い用。
ビニール袋:洗濯物とかを入れるのに。
スポンサーサイト

ビザ取得のための面接

アメリカのビザ、学生ビザの取得のため面接に行った。
ビザの取得は面接があって面倒だと思っていた。
ただ面接自体は一瞬で済んでしまうので、ビザ取得はもろもろの必要書類を書いたり揃えるだけのことだ。
それが面倒といえば、そうなのだが、面接が一番嫌だなぁと思っていた自分にとっては面倒という認識は無くなった。

結局気になったのは金がかかるということ。
初めてのことだったので、代行を頼んだのだが、これだけで二万。
その他よく分からんことでアメリカに二万程とられた。
特に仕方なくという場合以外はわざわざビザをとろうとは思わない方が良いと感じた。
ただ今回は良い経験になった。

大阪の大使館に行った。
場所は梅田の南。
面接時間までは梅田をぶらぶらしていた。
最終的にはE-MAという場所に落ち着いて、茶を飲んだ。
あまり参考にならないだろうが、E-MAから10分くらいで米大使館に着く。

入り口の前には警備の警察官が3、4人いるので、少し離れた場所からでもすぐ分かった。
サングラスかけたアメリカ人の厳ついオッサンたちもいて、少し緊張した。

入り口からすぐ入れるかと言うとそうではなく、他の申請者の方々もいるので少し並ぶことになる。
その間、警備の人に説明を受けたり、必要書類が揃っているかとか聞かれる。
ビザを送ってもらうためにレターパックが必要なのだが、これには宛名を先に書いておかなければならない。
宛名を書いてありますかとも聞いていた。
レターパックを持ってきていない人も結構な人数いた。
この時は代行を頼んでおいてよかったなと思えた。
建物に入る直前に飲み物、液体を預ける。あとで回収はできるけど、持ってこないのが良い。
それで建物には3人ずつくらい入っていく。

一階に入ると電子機器と食べ物を預けることになる。携帯電話とか電子辞書とかipodとか。
そのあと荷物をX線に通す。荷物は持っていける。
預けた電子機器等と交換に札をもらう。預けたものを返してもらう際に必要。
入館者用のバッジをもらって三階へ。

三階では、並んで必要書類見せるだけ。開いていた窓口は四つ。
SEVIS費用の領収書のオリジナルは不要だった。
レターパックのシールも向こうにとっては不要なので、剥がしておく。
次は二階へ。

二階で面接。開いていた窓口は2つ。
人によって英語で聞かれたり日本語で聞かれたりバラバラらしいが、自分は英語で話しかけられた。
ますは指紋採取。
左手の親指以外、右手の親指以外、両親指の順。
ただ乗せるのじゃなくて、押し付ける感じで。

面接は以下のような感じ。
What do you study?
How long?
What state?
There's a lot of fun, but be careful. Bye.
で一分もいっていない。
ビザについての説明の紙を受け取って、おしまい。

一階に戻り、預けていたものをもらって退散。
計40分くらい。大半は待ち時間。
服装なんかは気にして行ったが、手続きは全て窓越しなので気にする必要はなさそう。

iPhoneの海外利用

ちょっとこれから海外利用することがあるので調べておいた。
海外パケット定額一日1480円って言うのをやっているが、一日だし、長期になればシャレにならん。
普通に海外で使って酷い目にあったというのはよく聞くので、注意したい。

パケット通信については電話と違って使い過ぎたとかいうことが分かりにくい。
本当か嘘か、一日20万とかいったという話も聴いた。
とりあえず一日1480円というのがあるので、さすがに酷くはならないだろう。
ただこの一日1480円っていうのは日本時間での一日。
一日使ったつもりでも日本時間で日をまたいでいたら、二日分の請求。
あと定額のキャリアが決まっているので、海外に着いたら間違えずそのキャリアに設定しておく。
キャリアって言葉を使ったけど、通信会社のこと。
アメリカだったらAT&Tにしておけば、定額の対象になる。

まあ一番の注意はデータローミング。
デフォルトでオフになっているが、いちおう海外に着く前に確認しておく。
データローミングがオンになっていると海外に着いてからもメールを受信してしまう。
仮にデータローミングがオンになったまま放置しておくと爆死する。
自分は特にメール来ないから大丈夫だろうが、データローミングで高額請求のパターンは多い。
今はパケット定額があるので大丈夫なのかもしれない。
ただ怖いのでローミングはオフにする。

通話については、もちろんこちらからかければお金がかかるし、こちらが電話を受けた場合でも通信料がかかる。
利用しないのが一番だろう。
スカイプあるし。
スカイプはパケット通信。
ん、なんか不安になった。
一応ソフトバンクに聞いた方が良いか。
スカイプは例外とかいうトラップあったら困る。

海外での通信料照会はmy softbankでできるらしい。
ただ見るのに金がかかるとのこと。
なんだかなぁと思う。
通信料照会を見るのに通信料とるってのはナンセンスだ。

海外でのwifi通信は無料だそう。
公共のwifi探したりしておくと良いかもしれない。
今どきホテルやカフェなんかにもwifiがあるので、このことは助かる。

他に知っておくと良いのは機内モード。
知っておくと良いというより知っておくべきかもしれない。
機内モードにしておくと3G回線を切断した状態になる。
間違えてsafariを起動してもつながらない。
もちろん電話でも同じ。
機内モード解除しますかとまず出る。
iPhoneだとロックし忘れてポケット突っ込んでたら誰かに電話かけてたってことがあったから機内モードは助かる。
機内モードでもwifi通信はできる。
3Gを切ってwifiだけ受け付けるのが機内モード。

自分の方針をまとめると
データローミングオフ。
機内モード。
wifiを利用。

これで、通常のメール、電話は使用できない。
通話にはスカイプ使えば良いし、メールはパソコンの方で代用できる。
これでおそらく大丈夫。

KINGS OF LEONの五枚目

KINGS OF LEONが新譜出す。
10/19だと。
日本はどうだかわからない。ともかく十月。

Only By The Nightで完全にアリーナバンドっぽくなった。
もともとU2なんかが好きだから、Only By The Nightは完全にツボだった。
ただ一枚目のYouth & Young Manhoodも二枚目のAha Shake Heartbreakのようなガレージロックっぽいというか無骨な感じのも通しで聴けるくらいに好きになったので、どんなのが来ても大丈夫。

一枚目なんか聞いた時はなんじゃこりゃ?って感じだったけど、不思議なもの。
声がそれなりに特徴的なので、ここで好き嫌いが分かれる。
今でこそ良いと感じるが、なんかやる気ねぇ感じで歌ってるなぁいう印象だった。
実際、他人に聴かせても演奏は良いけど、声が気に入らんって人は多い(泣)

以下適当に拾った情報。
アルバム名はCome Around Sundown。
曲は"Immortals," "Radioactive," "Southbound" and "Mary", "Lucifer"など。
バイオリン使った曲があるとか、レコーディングがニューヨークでだったから少しdarkerな感じがするだとか。
darkerってのは『暗い』でいいのかな。
一枚目に近い曲もあるとも。

今年はほんと、思いのほか色々CDが出て楽しみだ。

Skype

iPhoneでskypeをやってみようと思った。
iPhoneのCMでテレビ電話やってるのを見てだ。

結果を先に言うとあれはskypeでは無い。
全くの誤解でもないが、あれはfacetimeだった。
ちょっと調べただけなので定かではないが、今ではiphoneでのskypeによるビデオチャットはできないらしい。
facetimeはiphone同士であることが前提らしいのでそんなに使わないだろう。
skypeのビデオチャットはfringなるアプリでできたそうだ。
だがなんだか良く分からないが仲違いをして相互接続を停止したとのこと。

そういう訳でなんだかがっかりした。
だがせっかくだしmacでやってみようと思った。
skypeのアプリをダウンロードして、起動。
skypeアカウントを作製というところで、skype名とパスワードとメールアドレスを入力。
skype名は後で変更はできないそう。
skype名と別の表示名は変更可。

サインインしたら、スカイプ名で相手を検索。
コンタクトをとる。
後は電話をかけるのと同じ。
ビデオチャットもできた。
macにカメラが付いているのは見て分かっていたが、マイクはどこにあるのだろうと思っていた。
結局うまくいったので気にしていない。
とりあえず、macだったらskypeをダウンロードして登録するだけですぐ通話できてしまう。

さすがにビデオチャットには感動した。
ただ普通に対面で話すので面白く、ずっとやってたらダメになるな、とも切に感じた。

家庭教師用英語まとめ:動名詞、分詞

・動名詞
主語を表したい:所有格
動名詞の否定:動名詞の前
動名詞で注意する表現:不定詞を表すtoと通常の前置詞を混同しないこと
・分詞
分詞を動詞として使う文を考える:被修飾語が主語ー現在文詞/目的語ー過去分詞
分詞構文:主語と接続詞を補って考える
分詞構文でandとその他の接続詞でどちらも意味が通る場合:その他を優先

分詞構文は難しい。
いくつか候補があって、それから自分で選ばなくてはいけない。
文脈で選ぶ、くらいのことしか言えない。
前後の文が理解できていて初めて分かる。

慣れてくるとただの順接andで訳すのが楽なので、安易にandの訳にしてしまう。
実際、順接andはたいてい意味が通る。
ただ経験上、and以外becauseとかでも訳せたら、答えはbecauseの訳になっている。
採点者がどう採点するのかは知らないので何とも言えないけど。

受験生にとってはなかなか嫌な問題だが、今になって考えてみるには面白い。

エアベンダー

第一印象はB級くせぇ、だった。
何故見たか。
訳あって安く映画を見られる機会があったから。
そうでなければ、見なかっただろう。
ただ見てみれば、B級っちゃそうなんだけど、悪くない。

第二にはなんでシャマランが撮ったのかなぁと思った。
シックスセンスがまず思い浮かぶ。
ヴィレッジだとかハプニングのような思わせぶりな映画のイメージもある。
期待させといて、オチが...っていう感じ。
けどそれはあまり関係ない。
この映画に関しては至って普通。ひとつこういう映画にしてはシビアな場面があったが。
子供向けの映画としては申し分無いと思う。
流血シーンは皆無だったと思う。もちろん人は死ぬ。

宣伝の仕方は良くなかったと思う。
3Dブームに乗った宣伝の仕方だったから。
海外の映画で気とか火とか五行みたいなのでてくるだけでも胡散臭さは感じてしまう。
原作があることや三部作の最初であることとかそこらへんを宣伝するだけで良かったんじゃないかと。

西洋映画の描く東洋的なものはしょうがない。
他に違和感を感じるとしたら、キャスティング。
中国人やイヌイットをイメージさせる服装をしている人々が白人であること。
主人公たちのこと。
このことにはなんだか違和感を感じざるを得なかった。
こういう訳もあって、主人公達にはそれほど好きになれなかった。

その代わりというのか、火の国のズーコ王子やアイロ伯父が気に入った。
ズーコ王子はもともと優しく、そのために国を追われている。
また優秀な妹に対して劣等感を持っている。
国に帰る為に、父親に認めてもらう為に必死に主人公を追う。
ズーコ役のデーヴが好青年にしか見えないってのもある。
アイロ伯父はズーコを暖かく見守る。
ズーコに主人公追わなくていいじゃん、かわいい娘と恋したらとか言う。
ズーコが頑張ってる傍ら、茶を飲んでいたり、マッサージを受けてたり。
でも実はとても強く、ズーコを守ったり、主人公側を助けたり。
どっかで見たようなキャラ設定だが好きだ。

結局のとこ、期待していなかった為かそれなりに楽しめた。
続編があるならというかちゃんと完結してくれるなら、暇がある時に何らかの形で見ると思う。

リンクシェア

アフィリエイトはA8で少し経験済み。
本当に少し。

試しにどんなものなのかやってみようというつもりだった。
何か面倒くさくなってやってない(笑)。
三日坊主ですらない。
もちろん小遣い稼ぎにもならない。
実際触れてみると、けっこう努力がいるということがよく分かる。

面倒と書いたがその原因は自分の知ってるサイトがあまり無いということだったと思う。
興味の無いことを無理して好きになるということはできない。
リンクを貼る為に何か書くということは無理だった。
つまりアフィリエイトで稼いでやろうという気概は無かった。
そこまで徹底的になれたらそれはそれですごいことだが、自分はそういう人間ではなかったようだ。

リンクシェアに登録しようと思ったのは、提携サイトにiTunesがあったことが大きい。
他にはマルイやユークス、HMV、ブックオフとか知ってるサイトがあった。
まあまたすぐやらなくなるかもしれないが、iTunesのリンク貼るのは多少長続きしそう。
iPhone持っている人はやり易いと思う。

審査はどうなんだろう。大手の企業はなかなか厳しいらしい(汗)。
iTunesは通してくれた。

暇つぶしにという人は
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ダブルワークってのはけっこう大変だと思うけど。

家庭教師用英語まとめ:不定詞

・不定詞
主語を表したい:for
前後関係を表したい:to have -ed
不定詞の否定:toの前に否定語
形容詞用法:元の文章を考える、主語・目的語に置いたとき自然な訳になるか
be to 不定詞:可能、義務、予定、運命、意図
使役動詞の受け身で使う不定詞:語感的に必要、動詞と名詞同型の語があるから

My mother made me wait. → I was made to wait by my mother.
使役の受け身で『何で』と聞かれると正直困る。
昔習ったのはリズムを良くするためということ。
要するに無いと何か変だからあるということ。
説明になってないかぁ。
自分はこれで納得してしまった。
所詮、受験勉強だからと割り切って深追いしないってのが良いと思うんだけど...
教える側としてこの姿勢はダメだな。

ベストキッド

王道過ぎて...っていうことも言えるだろうけど、家族で見たりするには良い映画だと思う。

展開は本当にひねりが無いと思う。
カンフー大会でキャラの濃い子が出てくるんだけど、扱いが(笑)。
奇抜な展開は望んではいけない。

修行に関しては面白いと思った。
よくある、意味の無さそうな修行をひたすらやっていると、知らぬ間に強くなっているというお話。
個人的にこういうのが好きってだけだ。

ジェイデン・スミスはかわいらしい。
中国語をしゃべるシーンはとか顔芸やるシーンとか。
孫や息子がいる人にとってはなおさらだろう。
やはりお父さんのウィル・スミスに似てる。目とか。

なんかまあ、子供はみんなかわいらしくも見えてきた。
敵役のチェンをやってる子も現実じゃ良い子なんだろなとか思って、憎めなかった。
映画を楽しむ上ではあまりよろしくないのかな。

最後に特筆すべきこと。
ジャッキー・チェンが良い。
新境地っていうのかな。単に哀愁を漂わせたジャッキーを見たことが無いってだけかもしれないが。
いつもニコニコで明るく、コミカルなイメージを持っていたので意外だった。
ジャッキー・チェン演じるハンにはお涙頂戴の設定がある。
伏線はあるにしろ、なんとなくとってつけたような気がした。
それでもなんか泣けてしまった。

ああ何だよこの設定はよぉ。こんなんで泣くかよ。ああもう。
ジャッキーなんでそんなに悲しそうなんだよ。いつもヘラヘラしてんのに。
あれなんか目から水が...
という感じ。

涙腺が以前より緩んでいるのは間違いない。
ジャッキーの演技と涙腺の緩みで若干泣いた。

リメイクということなので、昔のも見てみようかと思う。

チャッカブーツ

今日ふと会話で出てきて分からなかった言葉。
何となくはイメージ持っているけど、よくわかっていない。

シンプルで先は丸く、ブーツと言うけどそれほど長くは無い靴というイメージ。
この際、ちゃんと調べてみようかと思った。

まとめると...
くるぶしの深さくらいの短いブーツ。
ポロ用の靴に似ている。
チャッカはポロの試合の一回を指すchukkerから。
たいていはつま先に装飾の無いプレーントウ。
汎用性が高い。
ビジネス向きではなくカジュアル向き。

ポロがまずわからん。
ポロシャツのポロ、ポロ・ラルフローレンのポロくらいしか頭に浮かばない。
ポロ自体はスポーツだそう。
一チーム4人で馬に乗ってスティック使って球をゴールに運ぶらしい。
chukkerは一区切りとか一イニングとか言えば分かり易い。

ともかく要点はチャッカブーツが汎用性が高いということ。
一足あると便利なのだそう。

Keyboard Cleaner

キーボードのカバーが劣化したので、捨てた。
それ以来新しいのを買っておらず、キーボードにはカバーをつけていなかった。

しばらく使ったら、アルコールティッシュで拭いていた。
電源をつけたままだと入力が起きてしまうので、電源を切った際に掃除をしていた。
だが、電源を切るのは正直面倒だった。

電源切らずに入力をシャットアウトできる方法は無いかと探していた。

それで、Keyboard Cleanerというアプリを見つけた。
Dockに入れておけばクリックするだけで、入力が無効にできて楽だ。
戻るのはcommand+Q。
そんなに頻繁には使わないが重宝している。

家庭教師用英語まとめ:仮定法

・仮定法
仮定とは話者が現実にあり得ないと考えること
仮定法現在:現在の仮定は過去形にして表す
仮定法過去:過去の仮定は大過去にして表す
仮定法の典型:
If節(動詞が過去形/大過去/were to/should)
or If it were not/had not been for 名詞  
or But for 名詞
or with/without 名詞 + would/could/might(+have+-ed)
wish (that) 節
as if/though 節
仮定法の時制の一致:主節と同時なら過去形、主節より過去なら大過去

仮定法で間違える、難しいのは時制だと感じた。
I wish I weren't busy.
wishした時点と忙しくなかったらということは同時。
この文のwishを過去形にすると...

I wished I weren't busy.
wishedした時点と忙しくなかったらということは同時。
普通、仮定法でなければweren'tはhad not beenになる。

I wished I had not been busy.
だとwishedした時点以前に忙しくなかったらなぁということ。多分(汗) 。

こんなんあったなぁと思い出した。
受験勉強じゃ、基本的に例文覚えちゃやいいと思うが、それが難しいと言うか、手間なんだろうな。

家庭教師用英語まとめ:態、助動詞

・態
元の文章(能動態)を考える
能動態の主語は受動態では:基本はby/例外はwith/in/for/toなど
・助動詞
推量の度合い
推量で使わないもの:can(論理的にあり得ることに使う)
推量のmustの否定形:cannot,can't
mustとdon't have toの違い
had better/ought to/would ratherの否定形、notの入る位置
would+頻度の副詞とused toの違い
that節の中にshould(省略可)を使う場合:話者の主観が伴う場合=
過去の推量=推量の助動詞+現在完了形
後悔を表す:should/ought to/need (not) have -ed
過去に~できた(可能であるだけでなく、実際行動を行った):was(were) able to do

canを推量で使わないとかは多分知らなかった。
それか、完全に忘れていた。
彼女はそこにいるんじゃないの、くらいに言う時、She can be there.とは言わないわけだ。
誰だって間違いはし得るって言うとき、Anyone can make a mistake.はOK。

couldとwas able toの違いなんかも忘れていた。

word,text,pdfの印刷

いままで一枚の紙に複数のページを印刷する仕方を知らなかった。
メモしておこう思う。

wordの場合はメニューのファイルからプリントを選ぶ。
印刷部数と印刷ページと書かれたところをクリックすると、その二つ下にレイアウトという項目がある。
これをクリックすれば、どのように印刷するのか設定できる。

textとpdfではプリントを選んで、プレビューをというところを押せば、レイアウトがある。

家庭教師用英語まとめ:時制

時制についてまとめてみた。

・時制
一般的な事実:現在形
通常の事柄:現在形/過去形(ヒントは頻度の副詞)
例外:「いつも」の意味の副詞+進行形
一時の事柄:現在進行形/過去形
進行形にしない動詞:状態動詞
未来を表したい:will/be going to do/進行形
現在完了形の時制:過去~現在
過去完了形の時制:大過去~現在
時や条件を表す副詞節の中では:未来形は使わない
過去の時点から見た未来を表す:would/was(were) going to do
現在完了形使用のヒント:since/for/until/byなど
現在完了形使用不可:過去を表す副詞の存在
過去完了形使用のヒント:過去を表す副詞の存在(+since/for/until/byなど)

なつかしいというかなんというか。
よくやったなぁ。こんなん。

Linkin Park 新譜

これももう随分前にハッキリしていた情報。
個人的にはそれほど思い入れもない。
あえて言うなら、特に好きでもない。
好きな曲はあるが、なんだか好きになれないというか。
よくわからないことを書いてるので、スルーして欲しい。

一般的に言えば、成功している。日本でも人気がある。
日本のiTunesやカラオケ屋、雑誌など見ると思う。
特にカラオケで曲を探していると強く思う。
30曲くらい入ってる...
カラオケで入ってる曲数はそのまま人気の度合いだ。
Pearl Jamとか4曲くらいしか入ってないし...
まあ個人的にもっと色々洋楽カラオケに増やしてくれってだけで、ここに不平不満書くのもおかしいが。

カラオケ要員としてはけっこう良いとは感じる。
カラオケで歌い易いのもあるし、ラップを歌ってみるのは面白い。
ツインボーカルなのもいい点。
なによりそれなりに知名度があるので、周りが知っている

ただカラオケ云々抜きで言えば、ラップの入った曲は良いとして、ラップの無い曲は個人的にダメだと思っている。
ようするに過大評価されているように感じている。
Coldplayなんかも同じ。1枚目、2枚目は良いと思うけど。
両者ともに、なんか頑張り過ぎちゃった感じを受ける。

冷静に考えれば、音楽も本やら映画やらと同じで個人の好みの問題だ。
単に聴くとかカラオケで歌うとか趣味の範疇のことだ。
だからあれが嫌いだとかなんだとか言うのもナンセンスに思えてきた。
なんとなく好きになれないってのは、単に自分の好みがあまり他人に認識されないということの反動だろう。
Pearl JamとかToolとかKings of Leonだとかがカラオケに入ってないとか、言っても通じないとかの。
逆に僕の好みを嫌いだとか過大評価されていると思う人もいるわけで。
だからこれは好きというので何かについて書く。
批判や悪口はなぜだか口を衝いて出るものだから。

Linkin Parkについて書くなら、In The EndとかFaintとか好きだ。
なんだかんだで関心は持ってる訳で。

シングルのThe Catalystはテクノっぽく、個人的にはこの先どうなってくんだろうかと思っている。
ほとんど新譜の情報には触れなかった(汗)。
9月8日に発売だそう。
カラオケ用に何か良い曲を期待。
9月はけっこうメジャーなバンドが新譜を出すという印象。

iTunesで試聴
icon

The Scriptの新譜

随分前にわかっていた情報だけど、The Scriptの新譜が出る。
9月の上旬。

アルバム通して聴ける程好きではない。
違うか。
アルバム全体は良いと思えるほどでは無いって思っているのが正確。
BreakevenとThe Man Who Can't Be Movedは本当に好き。
新譜への期待も大きい。

先行シングルのFor The First TimeはYoutubeとかでもう聴ける。
良いと思っている。
Maroon5の新譜もあるし、9月の楽しみが増えた。

家庭教師用英語まとめ:テスト

家庭教師のバイト用に英語のまとめプリントというかメモみたいなものを作ろうと思った。
まずはテスト一般についてメモっておく。

いきなり解き始めない=全部の問題を見る
記号問題から解く
優先順位:文法問題>並び替え>文章題の記号>文章題の記述
記述問題の注意:三人称単数、時制、文末
文章題の注意:ひとまず全部読む=細部を読むのは聞かれたところだけ
和訳の注意:チンプンカンプンなら直訳、意訳した場合直訳と意味は変わっていないか
英訳の注意:できるだけ自分のよく知る簡単な英語で書く、五文型にあてはまっているか

だいたい思いつくのはこんなもん。
センター試験や特定大学の二次試験に絞れば、当然もっと書くことはできるだろう。
受験生用じゃなくて学校のテスト用。

Mac フリーズ

OSをアップロードして不具合が起きないか不安に思っていたが、案の定というか結局不具合が生じた。

原因はわからないけど、iTunesを操作しているとフリーズが起こった。
再起動すればいいだろと思って、電源を一度落し、もう一度電源を入れ直した。
それでもそんなにうまくはいかず、青い画面になったまま動かなくなってしまった。
何回か再起動を繰り返して、夜遅かったので、一度あきらめて寝た。

起床してすぐ、ちょっと調べた。
セーフブートというものを知った。
とりあえずまずはこれをやってみろって感じの対処法らしい。
これだけでうまく解決することもあるそう。

その内容は起動時の音がしたら、shiftボタンを押し続けると言うもの。
歯車マーク?リンゴマークの下に出るくるくる回ってるアイコンが出るまで押し続ければ良い。
処理の進展状況を表すバーが出る。
自分の場合はそのバーは途中で消えてしまったので少し不安になった。
ちょっと待つとセーフブートでのログイン画面がでる。
ユーザー名とパスワード入力の枠が出た。
パスワードが無い人はそのまま入力せずログインすれば良い。
戻るというボタンもあり、そこを押すと再起動とか電源を切ったりする操作を選ぶウィンドが出る。
そこで再起動を試してもみたが、意味は無かった。
ログインをして、しばらく放っておくと一応普段の画面にたどり着いた。

デスクトップはあったものはそのまま残っていた。
だがドックが初期の状態に戻っていた。
それでちょっと不安になってiTunesを開いてデータが残っているのか確認しようと思った。
でもそれが失敗だった。
またフリーズ(笑)
で、またセーフブートで起動したんだけど、何回か無駄にいじってフリーズさせてしまった。
セーフブートで起動した後にOSを再インストールすればいいとか何とか調べていたら出ていたので、snow leopardのDVDを入れて再インストールをしようとした。

その前にもう一度調べておこう思い、調べてみるとディスクユーティリティなるものから修復ができるらしい。
DVDを起動してインストールをしようとするとその時のウィンドにユーティリティの文字があった。
なんか再起動をしなくてはいけないらしいので指示に従った。

この再起動はうまくいって、まず使用する言語を選べと出る。
それで日本語を選んで進むと画面の一番上、メニューバーって呼ぶのかな、そのところにユーティリティとある。ディスクユーティリティはその中の項目にある。
最初はディスクユーティリティで修復をしようと思ったのだけど、ユーティリティの項目の一番下にバックアップからシステムを復元というのがあったので、それを行うことにした。

バックアップをOSアップグレードする前にとっておいて良かった。
いやほんとにバックアップって大切ですね。
仮にバックアップをとっていなかったらどうなっただろうと考えるとなかなか精神的打撃が強い。
子供の頃にゲームのデータが吹っ飛んだ時の感情に似たものを感じるのじゃないかと、ふと思った。
ドラゴンクエストモンスターズのデータが消えた時は泣いた覚えがある。
竜王変身を作ったところで消えたんだった。
カートリッジに息を吹きかけては、差し込んで電源を入れることをしばらく繰り返した。
脱線したが、電源を入れたり消したりという点や、必死さで言えば大してやってることは変わらなかった。

ともかく復元に一時間程かかったが無事に元の状態に戻ってくれたので良かった。
ただ復元にかなり時間をとられたのが残念。
まあ、バックアップの大切さも身を以て学べたので結果良し。

snow leopard インストール

iPhone SDKを使うのにOSをアップグレードしなくてはいけなかった。
snow leopardを購入。3300円でした。

インストール始めてみるとなんかディスクが読み取れませんとか出てきた。
メガネ拭きでディスクを拭いてもう一度。
それでもダメ。
4回くらい繰り返して、明日交換しにいこかな、と思い始めた。

それでも根気よく続けると、なんとかうまくいった。
原因は分からないけど、まあいいや。でも相当時間は取られた。
インストール自体も一時間くらいかかった。

インストール後も特に何かデータが消えるとかは無く、今のところ異常は無い。
インストール時は、特別な設定とかはせず、普通にやればうまくいくのじゃないかと思っている。

インストールして変化したことはまだあまり目につかない。
二本指でスクロールする時に途中で離すと慣性に従ってしばらくスクロールが続くみたいなことに気がついたくらい。

Time Machine

snow leopardにOSをアップグレードしようと思ったのだけど、その前に一応バックアップを取っておくことにした。
Time Machineってアプリは何なのか知らなかったけど、バックアップを取る為のアプリだった。

バックアップは外付けのHDDに取ることにした。
最初は全部を移すことになるから、当然時間がかかる。
10秒で100MBくらいのスピードだったので、結構な時間がかかった。

iPhoneのリセット

safariがうまく動かなくなって、リセットをしようと思った。
買ってから一ヶ月は経ったと思うが、リセットの仕方を知らなかった。

ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しでリセットできる。

キーボードのベタつき

使ってるパソコンのキーボードのカバーを外してみると、よく使う部分がベタベタになっていた。
ずっと同じカバーを使っていたのが悪かったけど、そういう風になるとは知らなかった。

綿棒にハンドソープ付けてキーをひとつずつこすって、その後アルコールティッシュで拭いた。
何とかきれいにはなった。
アルコールティッシュの繊維が残ったりするので、あの空気を噴射するやつ、エアダスターを買おうと思った。

iPhone SDKのダウンロード

iPhoneアプリのプログラミングをやってみようと思い。
iPhone SDKをダウンロードしてみることに。

まずApple Developerというサイトでデベロッパ登録をした。
Apple IDの登録はiPhone購入後に行ったので、不要であった。
それでも再度プロファイルを入力する画面がでた。

名前を日本語で入力していたので名前が文字化けというか????となっていた。
とりあえず住所だけは英語にして入力した。
その後は開発についていくつか質問があった。
適当に入力した。
使用条件に同意すると、Apple ID登録時に入れたメアドにメールが届く。
メールに書かれた登録コードを入力して登録は終りだったと思う。

でXcodeとiPhone SDKをダウンロードした。
展開して、いざインストールのはずだったんだけど、OSのバージョンが古かった。
10.5だったので無理だった。10.6にしないとダメらしい。
ちなみに10.5のことをleopard、10.6のことをsnow leopardというらしい。
知らんかった。


袖幅

ずっと前にズボンを通販で買ったとき、わたり幅が小さ過ぎて失敗したことがあった。
今度は服の袖幅で失敗した。
袖幅が大き過ぎた。
他のサイズが良かったので、気にしなかった。
というか少しも思い至らなかった。
また一つ勉強になった。

プライマー

タイムトラベルもの。
難解。
本当に難解。

いや、難解という表現は間違いかもしれない。
説明不足の感じはする。まあ一回しか見てないので何回も見れば認識は変わるかもしれないが。
本当に『理解』ができるのかというのは疑問。
あくまで、制作者の意図した『正解』があるとしたらという話。

解釈、推測を楽しむにはいいのかな?
手頃さは無い。
だから誰かに薦めて、ちょっと話のネタにするってのは無理があると考える。
どんな物事にもだいたい言えるだろうことだが、好きな人は好きだろうし、そうじゃない人はそう。
この映画に関しては、それが特にはっきりと分かれるはず。

一回見ただけではわからないという言葉がぴったり。
実際に本当にこの映画を(自分なりに)わかろうとするならメモは必要だろう。
タイムトラベルを経験した人物とそうでない人物の区別がしばらくハッキリしない。
ヒントは後半に出てくる為、見直す必要が生じる。
一回見ただけではわからないという文句はけっこう見る。
そうしたものの多くはたいてい言い過ぎなわけだが、この映画では、十分に納得しようと思えば、見直す必要性を感じざるを得ない。

二回三回と見れば分かる保証も無いし、『正解』なるものがあるのかも分からない。
自分は時間と労力を要すると感じたので、一回見て、分からーんと思ってオワリであった。

匙を投げた後でもけっこう色々と考えてしまう。
時間の流れが一本道なのか分岐なのかとか、タイムトラベルをした人間のもたらした変化がそれ以降のタイムトラベル後の世界に蓄積されるのかとか。
そもそも観点がずれているのかもしれないが、まあ知らない。暇つぶしにはなったのだ。

いろいろな考察や推測、解説をしているサイトは調べてみるとたくさんあった。
自分は匙を投げた人間なので、さすがに読むということまではしていない。
時間や労力がかかるとか考えてしまう時点で、この映画には向いていなかったのかもしれない。
推理、SF、タイムトラベル好きの人とか、ハマる人はハマるでしょう。

漫画の単行本

昔は週刊誌や月刊誌を立ち読みしたり、買ったりしていた。
最近はそういうこともめっきり無くなってしまった。
いつの間にか単行本で読むようになった。

時たま、気晴らしとしてパラパラと読む。
好きで読むものもあるし、適当に目についたものを惰性(?)で読むものもある。

単行本で読んでいると前の巻の話を忘れたりする。
またそもそも何をどの巻まで読んでいたのかも忘れる。

そんなんで、漫画を読む意味はあるのかと思ったりもする。
だが暇つぶしであるから深く考えない。

とりあえず、何を読んでいたのかを思い出せるように書いておこうと思い立った。

アライブ21巻。最終巻。きれいにまとまって終わったと思う。前の方はけっこう忘れているけどそういう印象。
ピースメーカー5巻。ガンアクション漫画だけどあんまり派手じゃない。スプリガンとかARMSとかを読んでいたので読むようになった。
血界戦線1巻。トライガンの人の新作。
嘘喰い16巻。この漫画は好きで読んでいる。ギャンブル漫画という印象はあまり強くない。色々ミックスされていて面白い。絵の構図もなかなかに面白い。台詞が笑えたりする。暴力については現実的なことを書く。けどそれでもなんだかんだで理想を描いているような気がするのでそこも好き。
青の祓魔師1~3巻。女性的なやわらかいタッチの絵。巻末の漫画の書き方は興味深い。

インソムニア

インセプションを見た勢いで借りてきて、見てしまった。
結局のとこ、インセプションに影響されたわけだ。
だからやはり自分にとってインセプションはかなり面白かったのだ。

この映画自体にはサスペンスなので幾分かひねりというかどんでん返しのようなものを期待していた。
題名がインソムニア=不眠症ということなので不眠症が何か大きく関わってくるのかなぁとも考えていた。

結果的には特にひねりは無い。
また不眠症も重要な要素にはなるのだけど、物語に特異な関わり方をするわけではない。
うまく表現はできないが、主人公の行動の原因であるだけ。
最初の方に、けっこう思わせぶりな演出があるので、色々想像して期待をしてしまった。

ともかくまだ見てない人は、メメントのようなひねりやダークナイトやインセプションのエンターテインメント性は期待しない方が良い。
それらを期待して見ない方が純粋な鑑賞ができる。

映画に緊迫感はある。
映画の雰囲気はずっと重苦しい感じ。正直言って、暗い。
白夜のアラスカが舞台なので夜のシーンは出てこないのだけど、映画の暗澹さによって、さながら白夜を感じさせられたような気がする。

緊迫感があると書いたが、冗長に感じる部分もある。
なので主人公とは逆に眠くなってしまう人もいるかも。
終盤は勢いがあってなかなか良い。

アル・パチーノの演技も見物。
ほんと眠そう。
演技の為に、実際に眠らずにやってたりするのかな。
どっちにしろ、まあすごいです。

いい点を挙げようと思えばやはり、ノーラン監督の作品の中では珍しく(?)最後に希望を感じられるということである。
監督が脚本作ってるわけでもなく、この映画はリメイクであるから、騒ぐことじゃないか。
人間の良心は一つ大きなテーマだろうけど、ごく肯定的に捉えればこの映画には救いがある。

暗い感じの映画だったけど、気持ちはそれほど暗くさせられなかったので良かったと思っている。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード