入国ー乗り換え

到着したのはデトロイト。
デトロイトは目的地ではない。
目的地にはデトロイトからアメリカ国内線に乗って行かなくてはならない。

デトロイトで飛行機から降りると、まずは荷物を受け取る。
スーツケースとかの預けた荷物をベルトコンベアーの前で待って取る。

次は入国審査。
パスポートはもちろん出す。
ビザ持ちなら、SEVISとかいう紙も一緒に出す。
入国管理カードも提出。
指紋やら顔写真を撮られたかな?
もう覚えていないや。

無事入国審査が済めば、預けた荷物を再度預ける。
預ける場所は道なりに進めば見落とさない場所にあるので大丈夫だった。
お兄さんに荷物渡すだけだった。

荷物を再び預けたら、セキュリティ。
前にも書いたか分からないけど、財布とかベルトとかは最初から身につけていない方が楽ですね。
足下はサンダルが良い。

セキュリティを通れば、空港内なので国内線の出発まで暇を潰す。
デトロイト空港は特に面白いものは見当たらなかった。
一時間しかなかったのであまり歩き回れなかった。
空港内にモノレールが走っているくらいかな、変わっているのは。
これもアメリカじゃザラだけど。
スポンサーサイト

機中

まったくもって間が空いてしまったけど、アメリカ旅行の続き。
春休みにはまたどこか行くだろうし、書いとく。

機中は幸か不幸か、窓側の席になった。
自分は飛行機の窓から外の景色を見るのが好きなので悪くは無い。
上に上がっちゃえば景色も糞もないけど、高度が低い時の景色を見るのは良い。

全般的に言えるデメリットは通路側でないとトイレに行きづらいということ。
となりが外人のオッサンとかだとなおさら。
どうしても我慢できないって時はそりゃどうにでもなる。
他人を気にしてる場合じゃなくなってる。
普通に考えても一般人はトイレで席を立つことに対する理解くらいある。
ましてや飛行機の中なら。
眠りをそれで妨げられたってたいして気にしないはずだ。
要は自分が気にするタチであるのが悪い。
極端な話、隣の人のことを全く気にしないならデメリットでもない。
んなこと言って結局自分は隣のオッサンが席を立った時に一緒に出るという手法をとったんだけど...

飛行機の中でしたことはほぼ睡眠だった。
デルタだったんだが、このご時世に前の席に画面が付いていない。
自分の場合、席に個別にスクリーンの付いた機体に乗った回数の方が少ない。
個別の画面が付いているのがマジョリティなのかどうかは知らんが、10時間を超えるフライトで映画も十分に見られないのはツラい。
映画は結構な頻度で日本未公開のものを先取りで見られるので楽しみにしている。
といってもその経験は一度しか無く、あとは親や友人の経験である。

個人的に機中における最高の暇つぶしだと考えている映画が見られない状況なので困った。
まず勉強をしようと試みた。
これはダメだった。
筆記用具はまず使用不能である。
ノートや本を置いて書くという動作が満足にできない。
また暗いので目が疲れた。
そんでもって、向こうについてからだって持って行った勉強道具は役に立たなかった。
旅行中総じて一番無駄だった荷物は勉強道具だった。
勉強するくらいなら折角の機会から何か学ぶなり経験するなりした方が良い。

本を読むのはこれも少しつらい。暗いから。
iPhoneに入れた本を読むのは多少楽である。
目は疲れるし電池の問題もあったけど、それなりに読めた
音楽を聞くのは良い。当たり障りの無い暇つぶしだ。
そして何より良いのは寝ること。
到着後に円滑に行動するためによく寝ておくのが良いと思う。
パーカーを着とく良い。
パーカーのフードを被って寝るのが思いのほか良かった。
パーカーのフードに実用性を発見したのだった。
着用するものという点では履物はサンダルがやはり楽。
飛行機の中もそうだし、セキュリティの時も楽。

到着の少し前になると入国管理の紙が配られる。
マス目みたいに区切りが振ってある。
これはそんなに気にしなくても良い。
はみ出たりとか2区切りに3文字とか書いても大丈夫だった。
内心ではそういうの出して書き直しさせられたらどうしようかと思っていた。
実際出してみれば普通に通ったので内容さえ合ってればある程度の記入ミス(記入ミスというのかも定かじゃないが)も問題ない。

本気で勉強するなら

テストも近くなり、本気で勉強しなくてはならない。
ただいまいち昔のようにはいかない。
自戒の念を込めて以降のために自分なりの注意点を書いておこうと思う。

1.昼飯は軽めに
昼飯をたらふく食べると眠くなるので、これはNG。
自分の場合程良い飢餓状態でやるのがベストかと。

2.勉強は独りでする
友人とするのはまず捗らない。
自分はあまり集中できない。

3.勉強は家でする
カフェだとかでやらない。
やったとしても隠れ家的なところで。
ミスドやらスタバやらファミレスやらでは自分は無理。

4.音楽を聴きながらやらない
音楽は聴かない。
聴きたいけど聴かない。

5.休憩は取る
30分やったら音楽一曲とか。
これは最近意志薄弱になり、そのまま聴き続ける可能性もあるので難しい。
3,4時間やってれば、友人と30分~1時間ほど話すのもあり。

今思い浮かぶのはこれだけ。
他にもありそう。
最近は昼飯の食べ過ぎが多い。
無駄に眠くなって、2,3時間無駄にする。
昼飯にラーメン食うのも止めといた方が良いかもしれない。
のどが乾く。

記事の保存はこまめに

ブログ書いていて、ボタンの押し間違いでブラウザページを変えてしまうことが多々ある。
ブログを書くこと自体は多々ではないけど...
これやると記事保存していないと、全部消えてしまう。
書いてる時にはけっこう頻繁に起こす。

書いたものが消えたときは心が折れそうになる。
なんというのか喪失感がすごい。
だから今まで何度かこまめに保存しようと思っていた。
けど書く頻度が少ないだけに忘れていた。

ブログに記事の形で残しとけば忘れないだろうか。

記事の保存はこまめに!

ザラとバルマン

久しぶりにザラに行ったら、バルマンっぽい服というかほとんどバルマンな服が目についた。
ルックブックが似てるってのはだいぶ前から話題にはなっていた。
いざ店頭で見てみると面白い。

今までは気付きもしなかったし、気にもしていなかった。
高級ブランドに何か似ているものはないかとういう見方をしてみると面白かった。

袖無しのパーカーはジップの配置同じ。形も同じ。
ジップの形状は最近色んなとこで見かける。
バルマンがオリジナルなのかは分からない。
バルマンの印象が自分の中で強いだけ。
ついでにダメ-ジ加工もあり。

極めつけだったのはダブルジャケットで、ワッペンの位置を変えただけ。
ワッペンのデザインがほんの少し変わってる。
それでもほぼ同じ。
これ大丈夫なのというレベル。

他にもジップの配置の同じカーゴパンツやら、diorの2009年のラップコートそんまんまのコートやらが。

ファッション業界ってこういうのが許される場所なのかと疑問に思った。
いくらなんでもその年のデザインをほぼ貰い受けるのはヤバいんじゃないかと個人的には思う。
でもそれでなきゃファストファッションではないか。

それとバルマンってそんなに人気があるんだろうか?
たくさん模倣されてるからにはそうなのかな。

RESTIRのe-shopのセール

いつからやってたのか知らない。
フラッと見てみたらセールをやっていた。
12/3の12:00まで。あと九時間くらい。
40%から50%オフ。
靴はマックイーンだとかセルジオロッシだとかディオールだとか。
他はキツネやバルマンが多い。
バルマンのTシャツなんかはお買い得感があるような、ないような。
ペイズリー柄のTシャツなんかは欲しいと思ってしまう。
元が高いだけに40%オフでも高い。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード