サンローランパリのキャンペーン解禁

小出しにされていたキャンペーンの写真が解禁されました

http://www.ysl.com/en_US/introductioncampaign

デニム、デニムシャツ、レオパード柄のシャツ、ジャケット、ライダースなどなど見られます
いよいよウィメンズの発表ですね
スポンサーサイト

アーカイブ Balmain Hommeのストール

12/13AW、今期のもの
IMG_5126.jpg
今期のトレンドカラーといわれているワインレッドです
すごく濃い色で良いです
シルクにカシミア混で肌触りも良いです
前期と同じデザインですが、前期のはコットンにシルク混だったと思います
今期のはウォッシュはかかってません
IMG_5123.jpg
ジャカード織りで、幾何学模様が入っています
裏と表で色も若干違います

値段は可愛くないですが、ここのストールやマフラーは使い勝手が良いです
毎期、何かしらこういった小物を買い足せば、その期の気分には浸れるので、良いかなと...
ただ、新しい物を買って満足するのではなく、他の物がまた欲しくなるという意味の無い結果に陥ることもあるので、困りますね...

もう一つくらい欲しくなっています
ヤク100%のノマディックストールは当然ですが、シルクメインのものよりもだいぶ生地がしっかりしていました
ヤク50%シルク50%のはムラのある感じが良かったですが、これもシルクメインのものより重いでしょうね
両方とも冬に巻けば、それだけでだいぶ暖かくなれると思います
なんですが、まだ寒くないということもありますし、軽くてサッと使えるものが良い...
ということで、ジャカードの色違いでネイビーが...
自己分析をするなら、何か気に入った物だと色違いとか素材違いを集める習性があります
自分でもおかしいと思いながらも、悲しいことに治らないですね

ウィメンズ13SSパリコレ開始

ミラノが終わって、今日からですね。
10/1のサンローランを楽しみにしている人は多いんじゃないでしょうか?
別に多くないのかな?
分かりませんが、男性で関心を持っている人は普段より多いんじゃないかと思います。
まあとにもかくにも、個人的に関心は持っています。

NowFashion.comが早いですね。http://nowfashion.com/
スケジュール見易いですし、次のショーが後どれくらいで始まるかも見られて分かり易いです。
写真もショーの会場とか、会場の外とかがあって面白いです。

全く無関係ですが、急に涼しくなってきましたね。
確か、毎年この時期くらいに同じ事を書いてる気がします。
なんか気温が急激に変わるせいか、体調も崩し易いので気を付けようと思います。

オートマ大型二輪

大型二輪でオートマってあるんですね
photo.jpg
ホンダのDN-01
けっこうかっこいいなと思います

ブルータス 2012/10/1号

IMG_5093.jpg
ファッション特集号があるんですね
知らなかった
結構読み応えがあります

センスのいい人、ということで、色々な人がセンスの良さを言葉にしようとしていたりして、面白いです。
センスの良さを意識して振る舞ってしまうことはナンセンスだと思いますが、センスの良さについて考えてみることは面白いと思います。
個人的にはセンスのいい人は真似したくなる人かなと思います。
全く興味がなかったことに関して、その人の服装なり、立ち居振る舞いなり、活動なりのために、興味を持って真似してみたくなるような人がセンスのいい人かなと。
人それぞれ定義はあるんでしょうし、また年を取ったら定義が変わるかもしれません。
こういうわりとよく聞くけど、曖昧な言葉をよくよく考えてみるのって楽しいですね。

モノもたくさん載ってます。
モードからカジュアルまで色々。
ソックスやハンカチのような小物もあります。
同じデニムをインチを変えて比べてるページもあります。

バイオハザード5

惰性で観てますが、わりと使い勝手の良いシリーズですよね
暇つぶしにも、デートなんかにも

5ともなるともはや色々忘れていますが、おそらく問題はありません
今回で終りが見えたような見えないような
なんというかターミネーターみたいになってます
昨日の敵は今日の友みたいなのは個人的には好きです

バイオは血とか出ますけど、あまりグロい印象は受けません
なんというかフィクションっぽさが強いんでしょうか、シュールに思えるところもあります
ゾンビの演技をしている人を考えながら、観ると微笑ましいような気もします

ゾンビがバッて出てきたりするので、小心者の自分はビビりながら見てますが、他の人はどうなんでしょうか...
日本は良くも悪くも静かに鑑賞するので、わからないですね
アメリカでバイオみたいなのを観ると楽しいです
これも良くも悪くもレスポンスがあるからなんですが、拍手やら歓声やらがあって、みんなでワイワイ楽しめます

アーカイブ Balmain Hommeのストール

IMG_4221.jpg
10SSのもの
リネン混でシワ加工されてます
アフガンストールみたいに正方形ではないですが、両端をこういう風に合わせて
IMG_4220.jpg
残った部分を一回ひねって、できた穴二つに頭を通すとアフガンストールっぽく巻けます

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMGP0081.jpg
05SSのもの
これは背面ですが、ボーダーにムラが有ってネックの形や胸ポケットの形が浮かんでいます
チョークを使って手で書いたような不均一さが面白いです
不完全さとかちょっと外れているとか、そういうことを良いなと思うきっかけになった品な気がします
IMGP0086.jpg
近くで見ると一層ムラが有るのが分かります
使い勝手はというとあまりよくないです...
ボーダーだから使い易いかなと思うのですけど、結構クセがあります

アーカイブ Balmain Hommeのバイカーデニム

IMG_3445.jpg
10AWのもの
個人的には10AWまでのバイカーが好きです
IMG_3447.jpg
IMG_3450.jpg
右前面の加工
IMG_3448.jpg
IMG_3449.jpg
IMG_3451.jpg
左前面の加工
全体的に、この頃までの加工の方が激しかったです
11SS以降だんだん加工の程度がおとなしくなって行ったと思います
IMG_3452.jpg
裾の加工
IMG_3453.jpg
IMG_3454.jpg
IMG_3455.jpg
後面
ダメージ加工はあまり無いです
IMG_3456.jpg
フロントのジップはRaccagniのSuperRYです
IMG_3458.jpg
ポケットのジップもRaccagniです
この期は何故かボトムスのジップがRaccagniでした
全部かは分かりませんが...
一方でアウターとかパーカーではLampoのジップがありました
よくわからないですね
どっちのジップの方が良いとかはあまり感じませんね
ハイブランドだとLampoは一番よく見る気がしますけど、天下のYKKだってわりとありますよね
天下の、ってのは個人的なイメージです
Lampoにも個人的に高級なイメージは付いてます
でririやRaccagniは個人的には珍しいイメージです
人によって違うとは思います
普通はYKKくらいしか認知されてないですかね?
違いを感じたことは無いんですが、Lampoだと気分は少し良いような...
まあプラセボ効果みたいなものですかね
IMG_3464.jpg
裏側
IMG_3461.jpg
IMG_3462.jpg
IMG_3463.jpg
ダメージ加工の裏には当て布
こういうの見ると何か楽しいです

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMGP0305.jpg
06SSのもの
この期のTシャツは好きです
IMGP0306.jpg
海外にわりと行くので、英字のプリントが付いた物は最近は着なくなりました
意識し過ぎですかね...
あとピンクって色も...
ゲイの色って認識は欧米じゃわりと強いです
でも面白いことに日本の女性は男の人が着るピンク好きだったりするんですよね

Vogue Hommes Japan Vol.9

IMG_5081.jpg
半年に一度の刊行なので、楽しみにしていました
テーマがデジタルということで、ツイッター、EC、Tumblr、ファッションブロガーなどなどが取り上げられてます
結構面白いです
写真は...
むずかしい
相変わらずですね
IMG_5082.jpg
Saint Laurent Parisの広告が載ってました
服を着て下さい...
一応レオパード柄のストールらしき物が見えますけどね
こんな宣伝されても悶々とするだけですよね

アーカイブ Balmain Hommeのバイカーデニム

IMG_3163.jpg
11SSのもの
クロップトのもの
IMG_3164.jpg
11SSのものは左側のコインポケットのジップの取手がコインでした
IMG_3165.jpg
このジップのデザインはあまり好きじゃないです
結構主張して邪魔です
シーズンの初めはわりと肯定的に受け取ってたんですけど、しばらく経って冷静になってみると...
要は、ただの新しい物好きのミーハーだったってわけです
IMG_3166.jpg
実は...取り外しができます
まあ、割とどうでも良いですね
普通のジップの取手と交換できたら、意味があったかもしれません
IMG_3167.jpg
IMG_3168.jpg
加工は細かいです
IMG_3169.jpg
バイカーの加工で、左脛あたりに穴開けるのはわりと恒例です
IMG_3170.jpg
生地はヘビーオンスの赤耳デニムです
春夏なのに分厚いので、だいぶ暑いです
これは日本の気候がダメかもしれませんね
ついでに固いですから、動きにくくもあります
ジャストで履くと結構不快です...
ヘビーオンスだから単純に良いという訳でもないですね
IMG_3176.jpg
後面です
IMG_3173.jpg
IMG_3171.jpg
細かい加工
IMG_3174.jpg
IMG_3172.jpg
さらに拡大
もう少し、叩いてあったりしたら良かったかなと思います
勝手に破いて、叩けって話ですかね...
IMG_3180.jpg
IMG_3181.jpg
IMG_3182.jpg
裏側
裏返すと壮観です
IMG_3183.jpg
蛇腹の部分を見るのは結構好きです

アーカイブ Balmain Hommeのヘンリーネックカットソー

IMGP0337.jpg
これも今期12AWのもの
だいぶ濃いグリーンです
ルックブックにも使われてるせいか、一番人気の色だと思います
IMGP0342.jpg
生地の感じはこっちの画像の方が分かり易いかもしれません
IMGP0341.jpg
ネイビーと並べると色も分かり易いですかね
濃い色は使い易いと思います

アーカイブ Balmain Hommeのヘンリーネックカットソー

IMGP0338.jpg
今期12AWのもの
リネン100%で、色は紺で使い勝手も良いです
紺は割と万能な色ですよね
IMGP0343.jpg
生地はこんな感じで透けますが、透け方にムラが有ります

アーカイブ Balmain Hommeのスウェットバイカー

IMG_2196.jpg
IMG_2199.jpg
これも10AWのもの
グレーの方がだいぶ明るくて膨張色のように働くので、こっちの紺の方がまだ使えます
これに関連して、今期の白のバイカースウェットはヤバいと思います
どうしてもチャレンジしたければ、まだ濃いめの色の方が無難でしょうか...
IMG_2197.jpg

アーカイブ Balmain Hommeのスウェットバイカー

IMG_2183.jpg
10AWのです
秋冬では毎期マイナーチェンジで継続してます
が、こいつはとんだ地雷アイテムです...
ルックブックは非常にかっこよかったんですけどね
それにだまされてはいけないですよね
って言うまでもないですかね
でも自分はルックブックにしばしば引っかかります
IMG_2185.jpg
背面はこの通り、何もありません
これがダメなんだと思っています
だいぶ細いですから、まあモデルでもギリギリアウトかもしれません...
IMG_2184.jpg
蛇腹のディテールはスウェットでも
生地の霜降り具合は好きです
IMG_2181.jpg
IMG_2176.jpg
裏返すとこんなふうに
起毛素材です
IMG_2180.jpg
膝を裏から見ると結構ごちゃごちゃしていて面白いです

プロメテウス

エイリアンで予習をした上で観てきました。
いやまあ、とりあえず気持ち悪いし、怖いです。
オチもスッキリはしてないですね。
興味があるなら、独りで観に行くのがいいですかね。

だいぶ悪く書きましたが、映像はかなり好きです。
広大な自然だとか、ホログラムだとか、宇宙服のデザインとか。

演技もノオミさんがだいぶ頑張っておられました。
まあ、あとは最近売れっ子のマイケルファスベンダーが見られて良かったです。
エックスメンでだいぶ好きでした。
ジェーンエアとか危険なメソッドとか、最近ほんとよく出てますよね。
シャーリーズセロンはセクシーでした。

壮大な感じで始まるんですけど、結局、ちっちゃく纏まっちゃうのが、まあ一番批難されるだろうところだと思います。
創造主をですね、人間と同程度に描いてしまっちゃあ、まあロマンティックじゃないですよね。
でも、これも監督の意図なのだとしたら、そこを考えてみると面白いかもしれないですね。

オリヴィエの12AWインタビュー

オリヴィエのインタビューが出てました
短いですけど


今のご時世に、フェイスブックやツイッター、ユーチューブなどを利用するのは良いことだと思います
デザイナー本人がコレクションの背景を語るのも良いことだと思います
服の裏側にあるストーリーを欲している人は多いんじゃないですかね?

最近WWDのコラムで読んで印象に残っていることですが、専門学校生でギャルソンのデザイナーが川久保玲だと分かる人が40%ぐらい、エディの復帰が分かる人は10%ぐらいだったそうです
専門学校生で、ですから、驚きです
こんなことあるんですね
だいぶデザイナーへの関心が薄れてるようです

だからもっとデザイナーは前に出てきても良いかなと思います
個人的な願望も大きいですけど...
もっと語って欲しいです
モノについて語れることがあるとそのモノへの関心なり愛着なり、色々強まると思いますから

Balmainの日本公式もだいぶ久しぶりに更新されたみたいです
やっと仕事しましたね...
半年超ぶりくらいですかね

FNOが大阪でも

もうそろそろ、今週の土曜日には東京でFNOがありますね
Vogue Hommes Japanも週明けに出ますし、楽しみです

大阪でも12月にFNOやるらしいんですが、阪急うめだでやるとか
阪急限定なんですかね?
梅田一帯でとかだったら良いんですが...

アーカイブ Balmainのベルト

IMG_2161.jpg
これもフェム
IMG_2164.jpg
まあベルトループに入りにくい入りにくい...
そしてメチャクチャ重い...
オムの二連のやつもまあ重いですが
IMG_2165.jpg
10SSまでは確かオムもタグが縫い付けられてるだけですね
10AWからはロゴの刻印
11SSからサイズが入るようになったと思います

アーカイブ Balmainのパンツ

IMG_2058.jpg
オムの方ではありません
オムが立ち上がるか立ち上がらないかっていうころのですね
ブランドへの憧れがあったこと、まだスキニーが好きだったこと、ストレッチが入っていて履けなくはなかったこと
これくらいの理由があって手にすることになったんだと思います
だいぶ細かったです
でも最近のオムのスキニーバイカーはこれより細かったりします
ストレッチだいぶ効いてますけど、それでも女性もの並みに細いってのは、まあ面白いです
IMG_2057.jpg
フロントは少しディテールがあります
もちろん合わせは逆です
昔は特に気にはしてなかったんですが、合わせが逆だと不自然に感じますね
うーん...
考え方って変わるもんですね
IMG_2049.jpg
古き良き旧ジップ
IMG_2050.jpg
蛇腹無しの膝のディテール
IMG_2054.jpg
腿の後ろにはオムでは見られない縦のダーツ
これは割と好きなデザインです

アーカイブ Dior Hommeのベルト

IMG_2035.jpg
05くらいのものです
通称Dバックルベルトです
定番になってます
IMG_2036.jpg
IMG_2038.jpg
金具には刻印が入ってます

これ使い易いように思ってたんですけど、バックル大きくて結構目立つんですよね
デザインも一部の人にとっては有名過ぎます
結局使いづらく感じるようになりました...

アーカイブ Neil Barrett for Palladiumのブーツ

IMG_1959.jpg
ニールとパラディウムのコラボアイテムでした
たしか2シーズンくらい継続してましたね
割と値段もお手頃だったと思います
丈も調節が利いて、使い易いブーツです
難点を挙げるなら、丈を長くして使った時のシルエットが太いことですかね
皮が厚いとかタンが大きいとかであまり絞れなかったと思います
好みの問題でしょうけどね

アーカイブ Balmain Hommeのヘンリーネックカットソー

IMGP0357.jpg

IMGP0358.jpg
今期12AWのものです
秋冬物ですが、リネン100%なので真夏でも割と普通に着られます
なんで秋冬にリネンなのかは分かりません...
生地はムラのある透けた感じがあって非常に気に入っています
袖丈は七分丈です
今まであった半袖のヘンリーネックより袖丈は長くなってます
アームも若干細くなっている気がします

アーカイブ Dior Hommeのニット

IMG_1931.jpg

IMG_1932.jpg
これもまたまた07AWのもの
これは確かウール100%だったと思います
かなり肉厚で、重いです

モヘアの方が軽くて、着心地も良いかなと思います

このシーズンのニットはだいぶ派手な柄が多いですよね
いや、幾何学模様は難しいです...

IMG_1935.jpg
肩にはご丁寧に、ブランドのシグネチャであるダーツが入ってたりします
IMG_1940.jpg
裏側はこんな風に
IMG_1941.jpg
ダーツの部分も裏から見るとこんな感じ

アーカイブ Dior Hommeのニット

IMG_1921.jpg
これも07AWのもの
幾何学模様というのかスプラッシュというのか
まあ、全くもって使いづらい...
インナーならと思っていた頃もあります...
でもだいぶインパクトはありますよね
モードですね
幾何学的な模様が好きで、白と黒とが好きみたいな時期がありました...
素材はモヘアが入ってます
IMG_1926.jpg
裏側はこんなふうになってます
IMG_1925.jpg
どうやって作られてるのか興味があります

アーカイブ Dior Hommeのニット

IMG_1914.jpg

IMG_1915.jpg
07AWのニットです
幾何学模様な上にドルマンスリーブです
ジオメトリックなものが好きな時期がありました...
ドルマンスリーブは中々見ませんが、好きなデザインです

IMG_1916.jpg
モヘアで若干透ける感じがあります
フワッとした感じがあって、ドルマンスリーブにもマッチした素材だと思います
柄物ではないモヘアのドルマンスリーブのニットあったら良いな...

アーカイブ Dior Hommeのドラムバッグ

IMG_1900.jpg
2005年あたりのもの。
ドラムバッグとかダッフルバッグは大好きです。
ですが、こいつらには難点があります。
それは、物が詰まってないとサマにならない、ということです。

IMG_1901.jpg
写真でもこんな感じでクタッとなって潰れてますから、あまりかっこよくないです。
物が詰まってれば、かなりかっこいいです。
でも普段使いとなると、そんなに物入れない訳です。
それにこういった形のバッグは、普段自分が持ち歩く本やらiPadやらそういった物を出し入れするのには、適してないです。
なので、それほど使い時が無い、ということに陥ります。
このバッグに関していえば、さらに加えて、メインのジップがコの字になってるので、開けづらいです。
デザインとしては非常にかっこいいですけどね...

IMG_1893.jpg

IMG_1892.jpg

IMG_1906.jpg
ちょっとした金具類、鋲だとかジップの取手なんかにも刻印があるのは芸が細かいですよね。
こんなところは所有者しか見ない、というか気付かないと思います。
でもこういうふうな、実際手にとった人くらいが分かるようなディテールを持たせることは、思いの外大きな付加価値だと思っています。
特に男性はこういうのが好きなんじゃないかなというのが、個人的な見解です。

最強のふたり

広告はだいぶ持ち上げてますし、純粋に予告で面白かったので、結構期待しつつ、観に行きました。

面白かったです。
思っていたより、だいぶコメディ色が強かったです。
たくさん笑えます。

感動とか泣けるとかいうことは個人的にはそれほど無かったかなと思います。
最後はホロッときてしまいましたが...
黒人のお兄ちゃん、ドリス役の人の笑顔にやられました。
良い笑顔しています。

暗い雰囲気の場面があまり無いので、予想していたよりもだいぶ明るく感じました。
もう少し山あり谷ありで、山場でRed Lightsでも鳴ったら、もっと泣いてたかもしれません。
まあでも逆に、それほどお涙頂戴という感じで無いのは、それはそれで安心して見られて良いかもしれません。
友達とかと行って、号泣とかはしづらいですしね...

最強のアンパイとでもいいましょうか、割と誰にでも勧められる映画だと思います。
誰とでも観に行ける映画でもあると思います。
おすすめです。

アーカイブ ドルチェ&ガッバーナのアーミーキャップ

IMG_1886.jpg

なんで買ったかというと、Bonoが被ってたからですかね
髪の長い人がアーミーキャップから髪はみ出させてるのは、かっこいいと思います
でもまあよく考えると合わせる服装がなかなか思いつかないですね
ついでにいうと一般にはまだファッションアイテムとしてのイメージはあまり無い様子です
純粋なミリタリーのイメージが強すぎるみたいです
ですからだいぶ扱いが難しいと思います
個人的には普通のキャップより角張ったデザインが好きなんですけどね...
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード