NY初旅行 その4

IMG_0093.jpg
IMG_0094.jpg
到着した日でも、夜中歩き回りました。
南の方にある、市役所?なんかを見ました。
案外、夜も歩けるものでした。
明らかにやばそうな所さえ行かなければ、身の危険を感じるという事はまずありませんでした。
昔はだいぶヤバくて、公園に麻薬の売人がいるとか普通だったんで、ずっと前では考えられない事なんですけどね。
ニューヨークはだいぶ警察が努力して、相当に治安が良くなっている都市として有名です。
これは客観的な事実としてあります。
まあそれでも日本と同じ感覚でいちゃまずいですね。

IMG_0095.jpg
IMG_0096.jpg
タイムズスクエアにも行ってしまいました。
すごかったですね。
光が煌煌と照っていて、安心感もあります。
実際に安全かって言うとそうでもないんでしょうけど。

IMG_0097.jpg
宿近くのベンチ。
明るく電気が付いています。
IMG_0098.jpg
この晩は、ちゃんとしたお店に入る勇気もなく...
薬局で簡素なものを買って食べました...
アメリカにももちろんコンビニはありますが、とりあえずニューヨークでは薬局がコンビニの役割も兼ねています。
こういった食事はちょくちょくこの後もありました。
一人でお店に入る気力が無いとか、節約のためとかで、ですね...
スポンサーサイト

MEN'S CLUB 2013 4

25 55 99 118 124 145

ディオールのニットはアシンメトリーだったら、すごく欲しかったです。
ランバンの白シャツ、ネクタイに、レザーはやってみたいですね。
最近観たものだと、ルーパーのジョセフみたいに。
あれも元ネタあるんでしょうけど。
トラサルディの香水はちょっと興味あります。
ホワイトデーのお返し特集は、価格は控えめで色々載っているので、ホワイトデーに限らず、ちょっとしたプレゼントの参考になりそうです。

GQ 2013 4

39 45 59

表紙はベン・アフレック。
アルゴ、アカデミー賞とりましたね。
イランは反発しそうですね...

HUgE 2013 4

23 112 117 146

三月号はお休みで、四月号がファッション特集。
結構楽しみにしてるんですよね。
Vogueが無くなってしまったんで...

結構、サンローランを推してる気がします...
ライダースの記事に、「着る人間を服が選ぶ挑発的な仕上がり」という風に書いてあるんですが、これはまあ確かにエディに関してわりと言われてることで、変わっちゃ無いんですよね。
ただ実物見てみると、シルエットが良いとかそういう訳でもないように感じるんです。
シャツとか着丈が異様に短くて、その割にアームが太かったりして...
ライダースも同じ価格帯だったら、ランバンの方が惹かれますし...
今期は見てて面白いって感じじゃ無かったです。
ランバンとかバルマンなんかの方が実物を見る楽しさがありました。
サンローランは公式に画像で載ってる以上のものが実物を見て得られるわけじゃなくて、それどころか実物を見るとちょっと残念に思うっていう感じなんですよね。

2013SSのトレンドにもスキニー来るか?みたいに書いてあります。
今の段階じゃ、あの商品でブームが作れるかって言うと難しいんじゃないかなと個人的には思います。

ファッションアイコン100という特集からは興味を広げられそうです。

NY初旅行 その3

IMG_0084.jpg
宿はYMCAです。
マンハッタンにそれなりの期間滞在するとなると、かなりお金がかかります。

部屋は...
第一印象は独房でした。
小さな机とベッドだけ。
一応古いテレビもありました。
狭かったです。
ただ狭い部屋は好きなので、自分にとってはなに不自由なく満足でした。

お風呂はありません。
シャワー室が共用で使えます。
ちゃんと鍵はかかりますし、広いです。
部屋より広かったと思います。

ジムとプールはありますし、Wifiも無料で使用できます。
ですから、部屋はお粗末な方なんでしょうけど、殆ど困らなかったんですね。
個人的には快適な環境でした。

IMG_0085.jpg
IMG_0086.jpg
ちょっと散歩に出て、ビルがデカイなぁと...
目的はありまして、どこかの駅で地下鉄の乗車券を買うつもりでした。
乗り放題の券です。

IMG_0088.jpg
それでとりあえず大きな駅にということで、グランド・セントラルに行きました。
IMG_0090.jpg
広くて、大きい。
アメリカだなぁと。

地下鉄の券も無事買えました。
券売機で買います。
タッチパネルで、簡単な英語が分かれば、大丈夫です。
支払いをカードで行いたいときは、宿泊先の郵便番号を控えておかないといけません。
最後に入力する必要があります。
地下鉄の切符でもクレカが使えるってのはアメリカらしいなと思います。

地球の歩き方 ニューヨーク

10 40 43 51 72 78 86 92 97 100 104 112 120 126 132 137 140 166 175 179 181 182 194 195 204 212 240 244 263 288 290 292 352 390 396 398 401 410 420 458 462 479

NY初旅行 その2

デトロイトには早朝着いて、ここで入国しました。
荷物の積み替えもありました。
わりと心配だったんですけど、普通に受け取って、また途中にいるお兄ちゃんに渡すだけでした。

IMG_0079.jpg
デトロイト空港はそれなりに大きいです。

IMG_0081.jpg
中にはモノレールが走っています。

IMG_0082.jpg
こんな感じに。
これに乗って移動します。
使わなくても大抵の場所への移動はできますけどね。
さすがに端っこの方は歩く気になりませんね。

さて、この後、乗り換えて、NYはJFK国際空港に着きました。
宿泊先への送迎車を頼んでいたので、その人と落ち合い、車で移動しました。
落ち合う時におじさんが紙に僕の名前を書いて持ってたんですけど、名前が何か少し違って混乱したのを覚えています。
声をかけるのすら、尻込みしてしまっていたんですね、当時は。
今じゃ多少の度胸は着いたと思いますが...
車は渋滞に巻き込まれ、到着した感慨に浸るには疲れていたので、着くまで寝てしまいました。
だから、途中の写真も何も撮ってないんですよね...

ITALIA SNAP

60 75 100 120 131 151 169 171

UOMO 2012 2

32-81 164

MEN'S CLUB 2012 4

54-127 150 165

LEON 2013 2

25 64-97

ラポの格好いいです。
ジーンズにデニムシャツに紺のジャケット。
ラポがイケメンなだけですかね...
イタリア人のインタビュー特集は読み応え合って面白かったです。

LEON 2012 12

24 41 90 95

ボッテガのコートのフロントのジップの配置が好きです。
ラルフローレンはeコマースでビンテージも扱ってるんですね。
ランバンのムートンコートは暖かそうです。
Tシャツにムートンはやってみたいですね。
バットマンのベインを思い出しちゃいますけど、個人的にはあれもかっこよかったですからね。

歩くニューヨーク

10 29 33 45

ニューヨークのガイドブックなんですが、大きさはさておき、薄くて軽いので町歩きに持ち運ぶのには良いと思います。
情報量がメチャクチャ多い訳ではないのですが、必要な情報はおおかた載っています。

地域別にカフェ、レストラン、ショップ、ミュージアムなどが一緒くたに紹介されています。
店名の左上には何の店かは簡単に書いてあるので、見づらいという事もそれほど無いです。
巻末の索引で店の種類毎にも分類はされているので、問題も無いですね。

NY初旅行 その1

知り合いでNYに行く人が何人かいます。
そこで、参考になるようなことがあるかもしれませんから、初めてNYに行ったときの事を思い出して、書いておこうと思います。

直行は無く、デトロイトにてトランジットという形で行くことになっていました。
直行とどっちが楽かはわかりません。
デトロイトまで10時間程度、ニューヨークまで2,3時間程度だったと思います。
そもそも半日近く飛行機に乗るというのは大変です。

IMG_0068.jpg
しかもですね、確かアメリカンだったと思いますが、こいつは席の前に何も無い笑
今どき、あれです、タッチパネルの画面が付いていたりするじゃないですか...
普通の画面すら無いんですよ...
これでどう時間をつぶすかというと、まあ、寝るのが一番です。
個人的には、その時にパーカーが重宝します。
パーカーのフードです。
あれをすっぽり被って寝る。
これが一番良いです。
パーカーのフードの理に適った使い方だと思っています。

IMG_0070.jpg
富士山が見えたりすると、記憶では機内のアナウンスで言ってくれたと思います。

IMG_0072.jpg
これは夕ご飯。
機内食は極力食べない主義です。
一食だったら、抜きます。
二食だと、さすがにキツい気もしますが、まあ抜けない事も無いです。
まあ何故抜くかといわれれば...

第一に煩わしい
狭いところで食べるのがそれほど好きじゃないです。
パッケージ開けるのとかにも気を使いますしね。

第二にそれほど美味しくない
これは贅沢言うなという感じですが...
別に普通に食べられるものもあります。
ただ残すのが嫌なんで、そもそも全くもらわないで済むなら、もらいません。

第三にあまりトイレに行きたくない
食べるとトイレに行きたくなる確率は上がります。
極力トイレに立たないために、おなかにものはあまり入れません。

第四に現地の美味しいものを腹をすかせた状態で食べたい。
もともと小食なので、できるかぎり美味しくたくさん食べるには、機内食を抜くのは妥当なのです。

IMG_0076.jpg
夜明けですね。
これはわりと終盤です。

IMG_0077.jpg
朝食。
このオムレツなんかは美味しかったです。

IMG_0078.jpg
朝です。
デトロイトには早朝に付くという感じでした。

LEON 2013 4

43 113 177 205 218 230

ジャケットのインナーにライダース、ジージャン
ガスのデニムシャツはタグとか胸ポケットのステッチが無ければ...
バンソンのライダースはかっこいいですね。
使うなら、ジップヘッドだけは変えてみたいです。
ダブルクリップウォレットは初めて知って、面白かったです。
マネークリップは使いたいですが...
小銭のおつりは要らないよっていう境地に達しないとあまり様にならない気もします。
ポケットに小銭じゃらじゃら入れて、支払いの時に漁って、小銭を探したりするのはあんまりですね...

UOMO 2013 4

25 56 142 186 238

表紙はキムタク、サンローランですね。
アンドレア・ポンピリオはアウターが結構好きです。
ランバンのインナーにライダースっていうのがやってみたいような...
まあ、まず薄いレザーじゃないとできないですよね。
でも、それを可能にしているのがモードっぽいなって思います。
整髪料の特集はオーガニックのものが載っていて買ってみたいなと思います。
大根さんのコラムはフロイトを絡めてて面白かったです。

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハードは安定して面白いですね。
安心して観られます。

規模のでかさは4が一番で、戦闘機相手だったりド派手でしたが、これも序盤のカーチェイスはなかなか派手です。
馬鹿馬鹿しいんですよね。
アクションシーンで久々に笑った気がします。
スッキリします。
スッキリするためには最適なシリーズです。

たいして書く事も無いですが...
親子というのはキーワードというか、作中でも父と息子、父と娘の関係が対比されて描かれていて面白かったです。
あと最終決戦の場は...
これ、脚本はいつ書かれたのかな、なんてちょっと気になります。

アーカイブ Balmain Hommeのストール

IMGP0997.jpg
12SSのもの。
ピンクのようなオレンジのような。
淡いオレンジですかね。
春夏のストールな訳ですが、日本では殆ど意味をなさないというか、だいぶ我慢しないと使えないですね...

IMGP0984.jpg
ウォッシュがかかっていて、フリンジは捻れています。
ちょっと白みがかった風合いです。

IMGP0980.jpg
ジャカードで幾何学模様もあります。
今期のリネンのストールもジャカードで見てると面白かったです。

ルーパー

タイムトラベルもの。
あら探ししたり、考えだすときりがないのは分かっていますが、見てしまいます。
たぶん好きなんですね。

現在の自分と未来の自分が出会っちゃうっていう話なんで、これまた、細かい事はほっときたいですね。
現在の自分が未来の自分に影響を与えるっていう設定は面白くて好きです。
タイムトラベル以外にも予言的なものも出てきて、これもわりと好きです。

ジョセフさんは人の良さそうな顔で好きです。
格好も好みです。
シャツにネクタイにレザージャケット。
映画の中じゃ2040年ごろなんで、古くさい格好はやめたら、と言われてましたけど、そういう風になる時代が来るのでしょうか?

子役はかわいいけど...怖いです。
チンピラのキッドブルーはけなげですね。
ブルース出てましたけど、もうすぐダイハードやりますね。

レ•ミゼラブル

原作をある程度思い出してから、観てきました。

ミュージカル映画です。
これをわりと知らずに観に行く人がいるのか何なのか、的外れな感想を言う人がいたりもします。
死にそうなのに歌うとか、会話も歌だとか。
でも、ミュージカルなんで、普通じゃ歌わないような時でも歌いますよ、そりゃ(^^;;

どんな風にあの長い原作が映画になっているのか気になっていましたけど、何とかなるもの何ですね。
マリユスの父親やエポニーヌの妹やらは出てきませんでした。
マリユスの父親なんかは読み手に葛藤を感じさせてくれる存在だったので、良かったんですが、話がちょっと複雑になってしまいますよね。
司教様の話やヴァルジャンの改心の話も好きなんですが、あまり細かくはできないですね。

バリケードの描写やアンジョルラスは映画と小説を読んでる時のイメージと合っていました。
本を読んでると場面を頭の中に描写するわけですが、それが他人の作った映像と合致するのは、個人的に面白かったです。

性善説が基底にあるのが、良いですね。
ヴァルジャンの無償の愛も美しい。

ザ・ライダースジャケット

10 17 19 20 23 27 28 36 42 47 64 73 143

ミリタリーホリック

7 13 14 79 82 98 108 113 116 119 122

A2、B3、N2、N3、モッズ、トレンチ、ピーコート

POPEYE 2013 3

43 46 84 89 96 99 100 131 155 156

LEON 2013 3

32 94 108 111 151 157 186 198

SENSE 2013 3

55 57 62 74 121

サンローラン、自動車、グリーン

MEN'S NON-NO 2013 3

89 91 100 170 209

UOMO 2013 3

11 13 34 38 54 104 120 128 170

クラッチ、AMI、サンローラン、カラービーコン、デニム、シャンブレー、シャツ特集、ヘア

MEN'S CLUB 2013 3

26 66 73 98 107

デニムシャツ、シャンブレーシャツ、クラッチバッグ、アーツ&サイエンスのストール、リックのネックウォーマー、タートルネックの蘊蓄

MEN'S NON-NO 2013 2

84 86 90 118 125 129 146 156 161

トレンドまとめ、ジャンル毎のアイテム図鑑、Q&A、ピガールのニット

人間嫌い

8 9 16 23 32 33 35 65 118 131 156

モリエールの喜劇。
普通で言う喜劇とは違うのかもしれませんが、主人公のアルセストの偏執狂的な考え方は極端過ぎて笑えてしまうと思います。
潔癖すぎるんですね。
非合理的な考えなわけです。
かといって、自分にも少なからず、アルセストのような考えを持つときがありましたし、今でも頭をよぎることもあるので、一笑に付すということもできないんです。
そうするとまたそれが滑稽でして、個人的には面白いです。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード