アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMG_2812.jpg
06SSのだったかと思います。
だいぶ記憶が怪しいです。
IMG_2813.jpg
異なる書体でhelp meと書いてあるだけ。
本当にそれだけです。
でも、この手法は好きです。
よく見るのは、犯行声明なんかでありますよね。
書体じゃなくって、数字を混ぜたりとかも面白いですよね。
4でforとか2でtoとか。
スポンサーサイト

サンタマリアノヴェッラの石けん

IMG_7737.jpg
ノヴェッラの石けん。
泡立ちが良くって、良い香りです。
それなりの値段がするので、それなりの感じがするというだけかもしれませんが...
IMG_7733.jpg
何種類もあります。
裏面には何の香りなのか書いてあります。
IMG_7743.jpg
開けるとこんな感じ。
能書きも入っています。
IMG_7741.jpg
IMG_7742.jpg
石けんの裏面にも種類が書いてあります。
結構大きいので、切って使おうと思ったのですが、うまくいかなかったです。
切ろうとすると、ボロボロになってしまいますね。

今まで5種類くらい使っています。
ローズ:分かり易い、バラの良い香り
アヤメ:良い香りなんですが、よくわからないというのが正直なところ
カーネーション:あまーい感じの香り
スミレ:すーっとする感じ、さわやかな香り
ジャスミン:リラックスできる感じ、これも形容し難い

ローズとかカーネーションあたりが単純で個人的に好きです。

アーカイブ Balmain Hommeの財布

IMG_3102.jpg
2011SSのもの。
財布が初めて出るということで、記念も兼ねて買いました。
キーチェーンとか全く趣味じゃないんですが、買ったという。
今考えると賢い買い物じゃなかったですかね...

IMG_3114.jpg
開いたところに、刻印。
ブランドの主張はほぼ皆無なのは良いです。

IMG_3115.jpg
カード入れ三つ、札入れ二つ、小銭入れ一つ、といった感じです。
でもジップの滑りが良く無いので、小銭は結局、札入れの部分に入れた方が良いです。
ぶっとい、長財布で、ポケットには全然入りません。
最近はヴァレクストラあたりで、ちっこいのが欲しいななんて思っています。

アーカイブ Dior Hommeのスニーカー

IMG_3473.jpg
04AWのもの。
ジャーマンスニーカーです。
もうだいぶぼろぼろです...
ベージュの部分も今じゃ汚いですが、ラメが入っています。
IMG_3477.jpg
タンにはシーズンとか、型番が入っています。
こういう部分は良いなと思います。
サンローランのスニーカーでも似たようなことはやっていますね。
型番とか生地番とかっていうのはある種、そのブランド特有の言語になるわけですから、それを顧客にある程度分かり易い情報として与えるというのは効果的だと思います。
あまりに分かり易くて、主張し過ぎるのもどうかと思うので、さじ加減が難しいですね。
解読の楽しみがあるくらいが良いんですかね...
IMG_3476.jpg
ラインには刻印があります。
程よい主張です。

ジャーマントレーナーは結構シンプルなデザインなので、何にでも合うのかなと思っていたんですが、そうでもないんですよね。
好みもありますが、スポーティーになり過ぎるというのか...

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMG_2875.jpg
04AWのもの。
アイズT。
生地は最高、プリントも面白いんですが、着る機会は無さそうです...
IMG_2876.jpg
ドットでぼやけた感じになっているプリントは何か自分でもやってみたいです。

Vogue Voices

http://www.vogue.com/videos/

ヴォーグのビデオで、ヴォーグヴォイシズがあります。
デザイナーのインタビューなんですが、結構聞き応えがあります。
アルベール、ティッシ、ワンなど。
デザイナーの話が結構長く聞けるっていうのは面白いと思います。

アーカイブ Dior Hommeのジレ

IMG_2790.jpg
09AWのもの。
ライダース風のジレ。
ダブルのデザインは大好物です。
IMG_2792.jpg
開いても、うまい具合のシルエットにはなっています。
ジレ、ベストはあまり着なくなってしまいましたけど、スリーピースなんかはまだ憧れます。
こんなジレはモード過ぎて使えないわけですが...
IMG_2791.jpg
肩の生地の切り替えなんかも好きです。
クリスはミニマルですね。

アーカイブ Dior Hommeのタンクトップ

IMG_2760.jpg
03SSのもの。
IMG_2761.jpg
Follow Meとプリントが。
コットンなんですが、光沢のある良い生地です。
04AWくらいまではカットソーの生地も素晴らしかったと思います。
IMG_2762.jpg
ディテールも色々盛り込まれています。
肩にはエポレット。
IMG_2764.jpg
脇下の切れ込み。
IMG_2763.jpg
裾の切れ込み。
裾の切れ込みはレイヤードの時にあると良いディテールですね。

GQ 2013 6

31 32 35 38 45 51 53 58 60 63 65 68 70 82 85 108-123 126 139 162 184

ブルートゥーススピーカー
デュオバッズ
ビルカニンガム
ルクラビエール有栖川
ランバン、ストローハット
JMウェストン
携帯靴べら、シューホーン

スタイルの作り方
スーツは高級な普通、フィットだけ選ぶ
シャツとタイは色と柄を限定
コートは三型だけ
アクセサリーも限定
理想の靴だけ追求する

ROKエスプレッソメーカー
KTM390デューク
ハフィントンポスト、ニュースブログメディア
モーガン3ホイーラー
ハッセルブラッドルナ
パラスコープ、デジタルマガジン
ダークウェブ、Tor、ビットコイン、シルクロード
シラスアイスボールプレス

マクラーレン、ポルシェボクスター、GTR、ミニクーパーSコンバーチブル

フットカバー、シューズインソックス

バイク、トライアンフ

トッズ、イタリアンポートレイト

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMG_2373.jpg
06AWでしたかね?ちょっと記憶が定かじゃないです。
ポロシャツです。
IMG_2374.jpg
生地の切り替えが特徴的です。
不思議なデザインです...
IMG_2375.jpg
ボーダーにも関わらず、ダーツが入っているというストイックさは好きです。
ボーダーの輪郭がガタガタになって見えるだけなんですが、こういう部分は面白いです。

アーカイブ Dior Hommeのタンクトップ

IMG_2365.jpg
06SSのもの。
ユニオンジャックが両面に大きく描かれています。
IMG_2369.jpg
実際は白のメッシュ生地の上に黒の生地を縫い付けて、ユニオンジャックにしています。
どでかくユニオンジャックな上に、すけすけのタンクトップということで、舞台衣装のようです...
ユニオンジャックは結構かっこいいモチーフだと思います。
良く考えると、イギリス好きってわけでもないんですが、魅力的ではあります。

MEN'S CLUB 2013 6

27 70 72 78-85 103 114-119 126 131 134 142 151 164 165 241 246

ビズビム、サンダル、クリスト

微ワイルド特集
スギちゃんの影がちらつきますが、楽しい特集でした。
ワイルドじゃなくて、「微」ワイルドなのがポイントみたいです。
男くさいアイテムをほどよく取り入れようという話です。
ファッション史、セレブのスナップから、スウェット、MA1、ライダースなどのスタイリング。
アイテム特集もあって、読み応えがありました。

ルキーノ、ジャケット
ヘアスタイル

ムッチーニイタリア、トリュフ
エルベシャトラン、花
スリー、シャンプー、コンディショナー
シスレー、ボタニカルD

アミ特集
ダブルのジャケット

ルキーノ、ジャケット
神戸特集、バーニーズ、オリエンタルホテル


リネンシャツ、ウォッシュド
ディーゼル、イードゥン
白デニム
RHヴィンテージ、デニムウェスタン
ヴァレクストラ、財布
イノーヴェ、ブレスレット
ツヴィーゼル、ハンドメイド、グラス

YOOXざっと見 Kolor MMM Neil


カラーのニット。
アシメのボタンあるいはジップ付きのハイネックのデザインが好きです。



マルジェラのサンダル。
2万は安いのか高いのか...
ファンじゃなきゃ高いですよね。



ニールのTシャツ。
ディズニーとのコラボ。
狙い過ぎている感じはする一方、敷居の低いモードブランドの商品になっていますかね。

UOMO 2013 6

19 25 40 44 52 62 90 126 132 140 155 172 190 192 230 247 256

プラダのポーチ、財布
ペイズリー柄に幾何学模様を重ねているのが面白いです。

パーシー&リード、ドライシャンプー、ドライコンディショナー
ジョーマローンロンドン、香水

シャツ特集
とっても面白かったです。
他人のフィルタを通した特集。
今期のシャツをカテゴライズした特集。
シャツの蘊蓄。
などなど
シャツの蘊蓄みたいなのは大好きです。
こういう特集をもっとたくさんやって欲しいなと思います。

フットカバー
フットカバーというものがあるのを恥ずかしながら、知りませんでした。
素足に革靴は嫌だったんですが、これでなんちゃって素足に革靴みたいにできますね。

セレクトショップ特集
色々なセレクトショップが載っていていて見応えがありました。

RHヴィンテージのデニムウェスタン
ソンズ、シャンプー、コンディショナー
モダンアルケミー、ディフューザー
ジェントリーベルト
ドレステリア、ニット
スワロフスキー、テンションコレクション
フラワーズネスト
そういえば、そろそろ母の日ですね。
エディ・レッドメイン
エディの色使い渋いです。かっこいいです。

アーカイブ Dior Hommeのマフラー

IMG_2387.jpg
09AWのもの。
網のようになっているマフラーです。
IMG_2386.jpg
均等な編み目で、ちょっと面白みが無かったですね。
大きさもちょっと物足りないかと思います。
フリンジもあった方が良かったですね。

YOOXざっと見 Lanvin Prada


ランバンのサンダル。
好きなら、そこそこの値段ですね。


デニムジャケットはアクネとのコラボ。
結構前のですが、アクネは今結構調子いいですよね。
個人的にはデニム地の短靴が欲しいなと思っています。


プラダのモカシンは安いかも?


Tシャツは結構前のものですが、有名なグラフィックです。
ニットが人気でしたね。


花柄がトレンドだそうなので、如何でしょうか...
自分は着れる気がしません...

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMG_2360.jpg
09SSのものだったと思います。
ロックしようぜ。という分かり易いメッセージ。
これ結構人気だったと思います。
いや、怖いですね...
今ではちょっと着れません。
でも発色は良くってきれいだったんですよ。
これをめちゃめちゃに加工しまくったら、かっこいいかもしれません。

IMG_2361.jpg
海外旅行に行くことを考え始めた時から、英字プリントのTシャツは断念するようになりました。
冷静にメッセージを考えるとけっこう恥ずかしいですからね...

栗野宏文インタビュー

http://fashionpost.jp/posts/14313

栗野さんのインタビューはお店やブランドがいくつか挙っていて面白かったです。
クリスの話は知らなかったです。

好みのお店として、ニューヨークのBergdorf Goodman (バーグドルフ・グッドマン) 、パリのLe Bon Marché (ル・ボン・マルシェ) 、ボローニャのBarrow (バーロー) 、フィレンツェとラヴェンナにある SPACE (スペース)が出ていました。
SPACEはフィレンツェで見ましたが、面白かったです。
イタリアは楽しいお店がたくさんある気がします。

日本のファッションの最大の特徴は、階級がなく、性がないということ。
欧米では、ファッションはメッセージで、パーソナルなものではなく、自分と社会を結ぶアイコンとしての要素が強いこと。
また服によって、モテたいというのが欧米では大前提だけど、日本だと服は趣味の部類で、非モテ系の服がこれだけもてはやされている国は日本だけ。
などなどの意見は興味深かったです。
階級が無いということとあまりパーソナルなものでは無いということはなるほどと思います。

注目のブランドとしては
UMIT BENAN (ウミット ベナン) 、1205 (トゥエルブ オー ファイブ) 、AI (エー アイ)、Andrea Incontri (アンドレア・インコントリ) 、Leitmotiv (ライトモチーフ) 、rosa mosa (ロサ モサ)、Florian (フローリアン)
が挙げられていました。

東京のおすすめスポットも三つ出てて、下北沢のウィレッジヴァンガード、新宿ルミネ1, 2、新丸ビルの7階でした。
新丸ビルは好きです。

君と歩く世界

マリオン・コティヤールを観に...
主人公は根は優しいクズみたいな感じでしょうか。
クズだけど、根は優しいと言った方が聞こえは良いですね。
間が抜けていたり、不器用だったり、観ててもどかしかったです。
色々あって成長して行きますが、結局は周りの人が優しいっていうのが主人公の救いだっただけなんですよね。

ドラマチックで感動的なストーリーでは無いかなと思います。
ドラマの無い、現実の恋愛ってこんな感じかなと。
傷心があって、肉体恋愛が先立って、男はそれだけで良くってという。
もちろん後半色々あるわけですが、そういうの無かったら、なあなあですしね。
イベントの発端も主人公のマヌケさなんで、ちょっとモヤモヤします。
あまり現実逃避にはならないですね。
ハッピーエンドなのは良いんですが、悲劇にしちゃった場合も観てみたいという気はします。

斉藤和弘インタビュー

ファッションポストに載っている、斉藤さんのインタビューが面白かったです。
http://fashionpost.jp/posts/15854

まず、雑誌にはストーリーが必要という話。
情報、事実の羅列じゃデジタル、ウェブには敵わない。
これは確かだと思います。
だから雑誌にはストーリーが必要。
それで、これは服だとか、車だとか、食べ物だとか、モノ全般でも同じだと思います。
背景にストーリーがあるかどうか。
これが差別化にとって重要だと個人的にも考えています。

テーマが先立つ写真週刊誌をやってみたいっていうのは楽しそうです。
自分はバイクだけとか、時計だけとか、ライダースだけとか見てみたいです...

ラグジュアリーの話も面白いです。
ラグジュアリーとプレミアム。
フェラーリとレクサス。
無駄があるかどうかがやはり重要なのかなと思います。
無駄は文化の母...ですかね。
ラグジュアリーでは流通の統制が重要っていうのも納得できます。
分かり易いのでいえば、球数、商品数ですね。

リアルなものの方が今の時代のファッションなんじゃないかっていうことをパリコレと絡めた話も。
パリコレってゲイの人たちが作り上げてるじゃんと。
フィービファイロが人気なのは女性が作ってるから、なんでしょうか?
セリーヌは最近じゃ男性誌にもしょっちゅう出てきますよね。

ファッションのクリエイションが基本、映画と過去のファッション写真の話で進んでいくとか、クリエイションにはパワーが必要だったなんていうのも、興味深い話でした。

LEON 2013 6

23 35 65 77 100 133 153 232 254 268

シャネル プルミエール
トミーバハマ シガーキット
ボッテガ 花柄シャツ 手書き風
ヘンリーコットンズ リネンのニット
エミリアーノリナルディ シルクのニット
マッシモアルバ ニット
イソップ
ジョンマスターズオーガニック
マジェスティック ヘンリーネック
チェーンウォッチ
ラフェラーリ ヴァンキッシュ 
シスレー ボタニカルD
レオナルドダヴィンチ展

分かり易い文章の書き方

分かり易い、読み易い文章の書き方を少し考えていました。

一つの文を短くする。
繰り返し同じこという。同じ意味の単語あるいは文章を書く。つまり、言い換えを行う。
曖昧な言葉を減らす。理解に時間のかかる言葉を減らす。具体的には、指示語を極力減らす。曖昧な接続詞を極力減らす。
注釈を入れる。
主語述語の関係をハッキリさせる。そのためには、形容詞の使い過ぎに注意する。

などなど...

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMG_2347.jpg
06AWのもの。
トロンプルイユ、騙し絵Tシャツです。
IMG_2348.jpg
ジャケットに合わせると、それっぽく見えます。
でもまあ良くこんな代物を着てみようという気になったなと...
今でも面白くて楽しいTシャツだとは思います。
IMG_2349.jpg
これも06AWでトロンプルイユ。
IMG_2354.jpg
ただ、これはもう少し手が込んでいます。
プリーツ部分は生地を切り替えて、本当のプリーツにしています。
生地もこっちの方が分厚いです。
Tシャツにしては分厚すぎるくらいです。
IMG_2356.jpg
これもジャケットに合わせると、面白いですね。
何処に何時着てくんだという感じですが笑

アーカイブ Dior HommeのTシャツ

IMG_2340.jpg
04AWのもの。
アイズTってやつですが、これが人気あったのがすごいというか、モードって恐ろしいものです。
プリントのデザインはさておき、生地はすごく良くって、光沢があって肌触りも良く、コットンとしては不思議な生地です。

IMG_2341.jpg
このシーズンの一部の商品はタグがメタルプレートでした。
こういう部分は好きです。
Tシャツにメタルプレートってのがまた贅沢なような気もします。

IMG_2343.jpg
プリントは近くで見ると大小のドットです。
これで、遠目で見た時にぼんやりとしたいい雰囲気のプリントになるのかなと思います。

恋愛論

10 12 16 22 27 29 31 33 36 38 40 41 46 52 54 58 59 63 69 70 72 77 78 79 85 87 89 97 99 107 110 120 122 124 128 129 133 139 141 146 165 172 182 190 199 215 216 228 233 254 255 258 260 263 267 269 273 284 286 288 292 296 297 298 300 302 303 304 306 307 309 311 312 313 314 318 319 321 322 325 326 329 331 337 344 346 348 349 350 354 358 359 360 369 371 374 375 393 615

スタンダールといえば、赤と黒かもしれませんが、この本も結晶作用や恋愛の4分類なんかで有名です。
恋愛論だけでなく、断章では恋愛に限らず、箴言集のようになっているので面白いです。

クルチアーニC

今日は確か、丸の内にクルチアーニのショップが開く日だったと思います。
ニットをよく買ってる訳じゃないんですが、ブレスレットはよく利用させてもらってます。
IMG_6228.jpg

三月にはECサイトもできてます。
http://www.cruciani-c.jp/
自分では使わないんですが、プレゼントにはよく使えます。

1.高価ではないです。ヨーロッパなら5ユーロからです...
2.発色が良いです。バリエーションも豊富で、ニーズに応えられますね。他人と色まで被るって心配もあまりないですね。
3.デザインも縁起のいい四葉からかわいいディズニーまで。ミッキーなんかはちょっと狙い過ぎてる感じはありますが、受けはいいでしょうね。
4.ブレスレットだけじゃなくてストラップなんかにも使える。どうしてもブレスレットとして使う習慣は無いという人にでも、どっか付けといて程度に言っておけば良いのかなと思います。
5.イタリアで流行ってて...とか、クルチアーニってニットのブランドが...とか、レースを扱ってきた背景が...とか、ある程度の物語はできます。

自分で長所をあげつらったら、製品アピールみたいになってしまいましたが、汎用性は間違いなく高いです。
父の日、母の日、誕生日、バレンタイン、試験前、ホワイトデー、クリスマスなどなど...
困った時には頼れます。

Snap LEON vol.9

12 53 59 63 65 87 89 91 202

柄物、カラーパンツ、スウェットパンツが流行だとか。
トレンドカラーは青なんですかね。
柄はカモがまた再燃してるって話でしたね。
コレクション見てる分には花柄とかもありますが、こっちはさらに難しいですね。
カラーパンツも難しいですし、スウェットは後ろ姿が困るんじゃないかなと思います。
カジュアル過ぎます。
試してみるのも楽しいんでしょうが、止めておきます。
ベルトを巻き付けるとか、ストールを差し込むだけとか、このくらいのテクニックは気軽にできそうです。
個人的には全体的にあまり真に受けない方が良いような気もします。

シャツをインナー無しで着るとか、シャツのタックインですら、一般との認識の解離があるんですよね。
タックインがださいという人は多いですね。
なんでシャツ入れてんのって...
タックインなんかは良い年した人にはわりと当たり前なんじゃないのかと。
スーツあるいはジャケット着る人間からするとタックアウトの方がちょっと抵抗あったりもすると思うのです。
悪く言えば、だらしが無いとか餓鬼臭いという言い方も。
というのは言い過ぎで、愚痴っぽくなってしまいましたが、自分からするとタックインもタックアウトも殆ど等価で、それぞれ方向性の違う良さがあると考えられます。
話が逸れましたが、タックインが良いよねという人はなかなかいないかもしれませんが、タックインも良いよねって人は服の話がある程度通じる人である気がします。
要はスナップやコレクションを見てて、抵抗感が無いってことなんでしょうかね。

コズモポリス

ロバート•パティソンのスーツ姿がかっこいいので観たいと思っていました。
スーツはグッチです。
監督がクローネンバーグというのも、大きかったです。
危険なメソッドが面白かったですから。

すごく退廃的な映画だという印象です。
観ると気持ちが沈むかもしれません。
ただそれも、結構本質的な部分があるからかもしれません。
刺激云々、意味云々。

かっこいい言葉も散りばめられてはいます。
しかし、断片的だったり、示唆的だったり個人的にはわかりにくかったです。
考えさせられることは多いですが、すっきりできないですね。

ストーリーはあるような無いような。
主人公が何を考えてるのか分からないので、先の予測はできませんが、かといって捻りがあるわけではないです。
主人公の病的な感じはロバートがハマっていると思います。
そんな人がいるかは分かりませんが、デカダンな気分に浸りたい人にはお勧めできそうです。

説明会での質問

企業説明会なんかがありますね。
自分にはあまり関係ないんですが、どういう質問をしたら良いかなんてことを知人に聞かれたりします。
考えたことを適当に書き付けてみようかなと思います。

まず目的をハッキリさせます。
1.聞きたいことがある。
2.企業側に好印象を与えたい。
このくらいかなと思います。
後者は個人的にあまり分からないんですが、企業説明会での質問って、そこで採用不採用が見られているものなんでしょうか...

1の場合は、聞きたいことを聞くので良いと思いますが、それがあまり間が抜けたものだと流石によろしくないですよね。
ちょっと調べればわかるとか、企業とか業務に関係無さそうなこととか...
でもこれ、結局は企業側に抱かれる印象を気にしてることになるんですよね。
無難な質問をして悪い印象を持たれるくらいであれば、聞きたいことのうちのタブーみたいなこと聞いちゃっても良いのかな...
分からないですね。

2の場合は、一般的な質問をするか、よりスペシフィックな質問をするか、選択肢があれば、後者ですよね。
一般的な質問ってのは相手のことを殆ど知らない場合にするわけですから、あまり良いアピールじゃないですよね。
企業側としては、より勤勉な方が望ましいですし、本当に興味を持っているということが伝わってくる方が良いでしょうから、その企業についてある程度知った上で出てくる質問の方が良さそうです。
ただあまり狙い過ぎても不自然になりますし、ある程度自分のニーズにも沿った質問にするべきかもしれません。
敵を知り、己を知れば、百戦危うからずみたいなものですかね。

ちょっと考えてみると企業説明会もあまり知りませんが、大変なもんですね。

堕落論

8 17 18 19 24 25 26 27 29 31 35 36 42 46 51 63 71 76 77 79 86 88 89 91 92 102 109 110 113 120 122 123 125 134 135 137 139 140 154 158 159 164 166 188

堕落論の他8篇。
堕落というとなかなかのインパクトがあります。
ただ一般に堕落という言葉からイメージする事柄と坂口安吾の堕落論は違います。
そこがまた面白いですね。

全篇短く、読み易いです。
日本文化も恋愛も文学も太宰も。
色々なものについて論じています。
何かしら興味を引く考え方が見つかるんじゃないでしょうか?
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード