アーカイブ Balmain Hommeのマフラー

IMG_0500.jpg
IMG_0501.jpg
12AWのもの。
もはやカーテンのよう。
マフラーと言うよりは布地のようになっています...
ヤク×シルクで非常に面白い織りです。
IMG_0502.jpg
IMG_0505.jpg
IMG_0503.jpg
IMG_0506.jpg
IMG_0504.jpg
おそらく縦糸がシルクで横糸がヤクなんですが、甘い編みになっています。
ところどころ縦糸だけの部分があって、その部分が離れて見ると波打つような柄を作っています。
興味を惹かれる織り方です。
この感じで、迷彩柄なんか作ったら、とても良いものができるんじゃないかなと思います。
スポンサーサイト

スタイルアイコン:フレヤ

IMG_10456.png

これはただ単に、Tシャツがいいなと思いました。
マランのTシャツかなと思いますが、よく分からないです。
H&Mとのコラボでこんな感じの柄ありましたよね。

ファスナーの注文

タブがワイヤー型のものが欲しく探していましたが、なかなか見つかりません。
ワイヤータブのファスナーとなると、ちょっと特殊なようです。
実店舗で探そうが、ネットで探そうが、一向に見つかりません。

普通には売ってなさそうだったので、問い合わせて売ってもらおうと思いました。
まずはランポに問い合わせました。
でも、反応がなく、なんだかサイトだけが残っているという様子でした。
お次は、YKKです。
YKKではオールドアメリカンというシリーズで、ちょうど理想の形のものがありました。
そこで、これを買いたいと聞いたところ、エヌケイという会社にその旨を伝えれば良いとわかりました。

エヌケイさんに尋ねると、一本から見積もりするとのこと。
以下のように希望を書くことで、見積もりして頂けました。

ファスナーの仕様:ボトム用5YGゴールド止製品、コの字上止、ワイヤー下止
スライダーの選択:DA8OAZ1
寸法:〜cm
テープカラー:
本数:〜本

こんな感じで、頼んで、見積書をpdfで受け取ります。
値段が大丈夫なら、あとは普通の通販です。

個人的にワイヤータブが好きなので、非常に助かりました。

スタイルアイコン

IMG_10672.jpg

バルマンの14SSのルックから。
憧れの髪型です。
ソフトモヒカン?
ちょっとパーマかけて整髪剤付けたらなんとかなるんでしょうか?

迷ったら、二つとも買え!

25 36 39 48 55 59 63 78 82 96 101 105 112 113 114 137 140

シマジさんによる無駄遣いの勧め。
別の本に載っている同じ話もたびたび出てきますが、それはご愛嬌。
今日、BSでドキュメンタリーやってましたね。
シマジさんをテレビで見るとは思っていませんでした。

お金の使い方に関して面白可笑しく書いてあります。
概ね同意します。

お金は貯めるよりかは、どんどん使った方が良いと思います。
具体的な目的があって貯蓄をするというのは、もちろんしますけど。
ただ漠然とした考えの上での貯蓄というものは、好みません。
あまり趣味じゃないです。

お金はやはり使ってなんぼというものです。
でもですね、何でもかんでも使えば良いというふうにも考えません。
自分が考えることは以下の事です。
人とのコミュニケーションにお金を使うと良いんじゃないかなという事です。

衣服は視覚的なコミュニケーションの手段です。
美味しいものを食べる体験を共有するという事もコミュニケーションです。
言語的なコミュニケーション以上に非言語的なものは多く存在していて、その影響は大きいと思います。
人とのつながりというものを根底や背景に意識すると色々なものにお金をかける事は、より意義のある行為として体験できるんじゃないでしょうか。

無駄遣いという行為に含まれるプロセスを考えるのは面白いですね。
そもそも無駄遣いの定義が難しいですが...
必要最低限の金額以上のお金をかけるということともちょっと違うと思いますし...
一般的に見て妥当な金額を大きく超えると言う感じでしょうか。
ボーダーが非常に曖昧ですね。

でも、例えば、Tシャツに3万円かけるというのは、無駄遣いと言っていいでしょう。
おそらくは...
服好きになってくると適当な感覚が麻痺してくるのが恐ろしいところです。
また、買う人間の収入がどうだとか言い始めたら、どうしようもないので、細かいことは置いておきましょう。

3万円のTシャツを買おうという時には、やはり買う前に色々考えます。
このTシャツはどうして3万円で売っているのかとか、このTシャツを自分はどのように使うのだろうかとか。
素材だとか製法だとかブランドの歴史だとかを知ろうと思います。
自分のワードローブにどのように組み合わせるだろうかとか、新しくこういうものを一緒に買えば上手く使えるかも知れないとか、そういうことを考えます。
300円のTシャツでは、そんなことは考えませんよね。
実際に買うことになろうが、買わない事にしようが、必要以上に高価なものを買おうとすること、無駄遣いをしようと思うこと自体に有用な過程があると思いませんか。

もちろん自発的に興味がわいたり、考えてみようとする気が起こればいいのですが。
高いお金を使おうとすることにはある種、興味や考えを強制的に生じさせる作用があります。
こうして身に付いた知識や考え方はなかなか得難いものです。

もしさらに進んで、3万円のTシャツを買ったとしましょう。
それが素晴らしいもので、よく使うようになりましたと。
これはもう、これだけで充分良いのです。
自己満足です。
それで良いと思います。
なにせ、自分の責任で、身銭を切って買ったものが良かったわけですから。
文句の付けようも無いです。
ただそこで、もう一段階。
その体験を何らかの形で、アウトプットすると、さらにこの無駄遣いに意味が感じられるのではないでしょうか。

逆に、買ってみたはいいけど、実際に使っているうちに、何か気に入らなくなってきた。
3万円は無駄になったとも言えます。
でも、この場合でも、意味はあると思います。
3万円ですからね、後悔の念は少なくないでしょう。
けっこう反省します。
何が良くなかったのか、考えます。
そうして、今度はヘマしないぞと心に強く誓います。
これが重要です。
ここでも、無駄遣いであるからこそ、考えや反省は深く、強いものになります。
この失敗談だって、誰かに話すなりすれば、単なる無駄とは言い切れません。

無駄遣いはインパクトの大きな体験だというわけです。
だから、無駄遣いでは人とのつながりを意識しつつ、尋常でない体験を買うのだと考えています。

アーカイブ Balmain Hommeのマフラー

IMG_0510.jpg
IMG_0511.jpg
10AWのもの。
ウールのロングマフラー。
すごいボリュームのあるマフラーです。
ちょっと重たいくらいです。
長さもだいぶあります。
例えば、こんなの巻いてバイクに乗ったりしたら、どこかにひっかけて巻き込まれて事故になりそうです。
IMG_0513.jpg
フリンジもたっぷり。
IMG_0512.jpg
IMG_0514.jpg
編みはざっくり。
ローゲージで伸縮性があります。

Brutus 2013 11 15

11 26-27 76-77 93 97

パリ、ポッペリーニ、シュークリーム
ゲンスブール
チャート分析
モーヴアンドモロー、ニット
デコデボネア、青山、セレクトショップ
ジェニパーリッジ、フレグランス

アーカイブ Dior Hommeのニット

IMG_0474.jpg
IMG_0475.jpg
IMG_0476.jpg
04AWのもの。
モへヤのタートルネック。
キャメルって言うんですかね。
結構好きな色で、着られるとかっこいいなとも思いますが、手持ちのもので合うものがなかなか無い気がします。
キャメルってコートとかもかっこいいですよね。
イタリアのスナップとかだとよく見ますけど...
でもコートなんかはもっと難易度が高そうです。

MEN'S CLUB 2014 1

19 31 50-51 92-93 94-96 188-195 196-199 226-238

ウール、表地、ダウン
PiuOro、スカーフ風ブレスレット
アルマーニ、ベルベット
靴、直し
ダブルモンク
財布特集
プレゼント
シャンパン特集

UOMO 2014 1

17 29 70-85 86-95 99 122-127 164-169 174-177 204 212

モンクレール、アイウェア、サングラス
レーベルアンダーコンストラクション、エルボーパッチ
デスクライト、椅子、食器、文房具、キッチン用品
プレゼント
ピーコート、ジップ、エルメス
メガネ特集
手土産特集、プレゼント
保湿、ミスト化粧水、リップバーム
ダストボックス、ゴミ箱、ダネーゼ
エディレッドメイン

アーカイブ Balmain Hommeのストール

IMG_0515.jpg
IMG_0520.jpg
12AWのもの。
ヤク。
アフガンストールというにはちょっと重厚過ぎます。
ラグですかね。
畳むと座布団のような分厚さです。
広げるとどでかい風呂敷のようになります。
IMG_0521.jpg
IMG_0518.jpg
IMG_0519.jpg
フリンジはたくさん。
IMG_0516.jpg
IMG_0517.jpg
柄は、黒と紺のストライプです。
太さの異なるラインが並びます。
結局は繰り返しのパターンです。
もうちょっと不規則なパターンだと面白いなとも思います。

時計のベルト調整

IMG_0542.jpg
100円ショップで時計のベルトを買います。
欲しいのはベルトではなく、交換用の器具です。
もっとしっかりしたものがあったはずなんですが、見つからないので、代用します。
IMG_0543.jpg
冬になると素の手首に巻くことが少なくなるので、コマ一個分、ベルトを広げます。
コマ一個分であれば、コマを外さなくても簡単に調節できます。
以前は知らず、時計屋さんで教えてもらいました。

スタイルアイコン:フレヤ

IMG_0457.png

よくある、バレンシアガのライダースを着た画像ですが、ブーツが目に付きました。
ベルトが付いて、ちょっとエナメルっぽいです。
最近のもので、ちょっと似てるものはセルジオロッシでありました。
実際、ベルトは付いていても、面倒くさいってことはあります。
でもエンジニアのサイドのベルトみたいに、外しても、閉めてもどっちでも良いとちょっとだけ変化をつけられて楽しいと思います。

LEON 2014 1

35 41 159-183 191 255 264 267 270-285 327

エールスミス、ビール
ストール、クルチアーニ
多灯、インテリア、ブランケット、ソファ、照明、椅子
サイドスロープ、ヴィンテージスウェット
ブリオミスト
ダヴィネス、シャンプー
キャンバス、ポリウレタンコーティング
洗顔、整髪、保湿
ワイン、スパークリング、フランチャコルタ

アーカイブ Dior Hommeのコート

IMG_0225.jpg
IMG_0226.jpg
06AWのピーコート。
これはミドル丈。
コートの着丈はこれくらいの方が使い勝手がいいですね。

06AWはコレクションはフォーマルで、ルックも殆どモノクロなので、印象に残りづらいのですが、コート類は良いものがある気がします。
ダッフルなんかも、ショートダッフルはちょっと難しいですけど、普通のものは今着てても良いんじゃないのかなぁと思います。
昔のものを着るのは、モードとしてはナシかもしれませんけど...

Balmain Homme 14SS Lookbook

14SSのルックブックが見られるようになっています。
プレオーダーもちょくちょくと始まっていますね。
ネットでたくさん色々と見られるのはルイザのですが、もうすぐですかね。
秋冬物は30%オフになってきました。

白のミドルゲージのニット、ボーダーTシャツあたりは普通に着てみたいです。
ニットは素材がリネンだったりしたら、最高です。
定番のリネンのヘンリーは新しい色があれば欲しいです。
レザーのオールインワンは着られる気は全くしませんが、かっこいいと思います。
それとハウンドトゥースのMA1もルックで見るとちょっと魅力があります。
モデルがかっこいいというのはありますが...
相変わらずの髪型ですが、この髪型は好きです。
ツーブロックじゃなくって、ソフトモヒカンでもなくって、良く分かりませんが好きです。

アーカイブ Dior Hommeのニット

IMG_0536.jpg
IMG_0537.jpg
06AWのもの。
Uネックのダメージ加工ニット。
ダメージ加工って言うのはちょっと違うような気もしますが...
ダメージのような織りになっています。
面白いです。
IMG_0539.jpg
IMG_0538.jpg
ネックの付け根。
ラグラン袖の付け根。
それと側面にもダメージ様のディテールがあります。
この部分からインナーが見えるので、重ね着も楽しくなります。

アーカイブ Dior Hommeのニット

IMG_0477.jpg
IMG_0480.jpg
05AWのもの。
ターコイズグリーンのような色。
濃い色で、主張は控えめですが、珍しい色合いで魅力的です。

IMG_0478.jpg
引っ掻き傷のような織りになっている箇所がいくつかあります。
ダメージ加工というのとはまたちょっと違うような。
控えめで、多すぎず、絶妙なバランスです。
フロント、アーム、バックとあります。
IMG_0483.jpg
アームの部分。
IMG_0481.jpg
IMG_0482.jpg
バック。

アーカイブ Dior Hommeのシューズ

IMG_0273.jpg
10SSのもの。
チャッカブーツというのかデザートブーツというのか。
デザートブーツはクレープソールな気がします。
たぶん厳密にはどっちかなんでしょうが...
品名自体はデザートブーツになっていたような気もします。
IMG_0275.jpg
バックジップなのは楽で良いです。
でもちょっとこのジップは分かり易過ぎてイマイチです...
結構目立ちます。
IMG_0274.jpg
IMG_0277.jpg
素材はクラッキングとコーティングが施されたようなスエード。
この素材はすごく好きです。
こういうレザーで色々作れたら、面白いなと思います。
ソールはウッドそのままで、軽やかな雰囲気があります。
真っ黒よりも重々しくないです。
シンプルなスラックスなんかに合います。
加工の激しいものにはあまり相性が良く無い気がします。
何故だか分からないんですけどね...
いつも感じるのは靴の影響力です。
お洒落は足下から、とは言いますが、この言葉についてはいつかよく考えてみたいです。
まず、お洒落は靴から、という風に解釈しても良いのかがわかりませんね。
細かいことはさておき、靴から選んで、靴に合うように合わせていけば、靴によってできる服装が結構変わってきます。
逆に、最後の最後に靴だけを色々変えてみても、しっくり来るものと来ないものがわりとハッキリ別れます。
とにもかくにも、これは面白いことだ思います。

冬の衣替え

IMG_0541.jpg
寒さも厳しくなってきて、カットソーにアウターなんていう格好では耐えられなくなりました...
半袖のカットソーは着ないので、しまう事にしています。
ニットの中に着たって良いのですが、見えるわけでもないですし、冬場は意外と肌着に汗がたくさん付きますし、洗濯の手間を考えると使わずにしまっておこうと思います。
IMG_0540.jpg
代わりに肌着にするのはユニクロのエアリズムです。
以前はシルキードライという名前で同じようなものを使っていました。
夏場にも肌着にすることはあります。
ネックが表に見えにくいように、Vネックの方にしています。
スピーマコットンのTシャツもあったので、これは試しに。

アーカイブ Balmain HommeのTシャツ

IMG_8213.jpg
IMG_8214.jpg
09AWのもの。
これは部分部分が朱色になっています。
日焼けしたような。
柄物をところどころブリーチかけたり、染め方変えたりして不均一な感じにするのは面白いんじゃないかなと思います。
IMG_8195.jpg
IMG_8197.jpg
IMG_8198.jpg
IMG_8196.jpg
IMG_8201.jpg
IMG_8200.jpg
IMG_8199.jpg

アーカイブ Balmain Hommeのストール

IMG_0522.jpg
IMG_0526.jpg
11AWのもの。
アフガンストールですかね。
チェックですが、わりと合わせ易いです。
結構チェックが大きめなのと、ダークトーンだからですかね。
IMG_0523.jpg
このチェックのパターンは好きです。
IMG_0524.jpg
IMG_0525.jpg
よく見ると甘めに織ってあって、抜けているところがあります。
ちょっと珍しいです。
ただ一応パターンになっているので、ダメージ加工って言うわけでもないですね。
なんかもっと不規則に、ダメージ加工が入ったりするものがあっても面白い気がします。
巻物にダメージ加工っていうのはバランスが一層難しそうですけど。

アーカイブ Dior Hommeのダウン

IMG_0227.jpg
IMG_0229.jpg
07AWのもの。
ここまでコンパクトなダウンはあまり見ません。
ルックの影響も多々ありますが、一般的なダウンのかさ張った印象がありません。
シルエットはよく、ディテールもライダースっぽいものがあって、素晴らしいです。
願わくば、ウールかレザーで同じようなダウンが欲しいです。
IMG_0228.jpg
エポレット。
ぴったりとくっついて、あまり目立たちません。
IMG_0230.jpg
肘にはエルボーパッチじゃありませんが、生地の切り替えがあります。
ここに実際、レザー張ってみてもかっこいいでしょうね。
IMG_0233.jpg
背部のディテール。
スタンドカラーの途中がリブに切り替えてあったり、三本線があったり...
意味はよくわかりません...
IMG_0232.jpg
IMG_0231.jpg
キドニーウォーマーやアジャスタもあります。
アジャスタ垂らすのが好きです。
バッテンのステッチなんかも好みです。

アーカイブ Lanvinのバッグ

IMG_0250.jpg
10AWのもの。
レザーにはすべて、ウールの生地が貼付けられています。
ランバンらしい処理です。
ウォッシュがかかっているのは非常に好みです。
IMG_0245.jpg
IMG_0246.jpg
IMG_0247.jpg
IMG_0251.jpg
IMG_0249.jpg
IMG_0248.jpg
ポケットやジップによるディテールは盛りだくさんです。
ランバンのバッグの、一見、把握しきれない感じがとても好きです。
持ち手は長くとってあって、肩にかけたり、リュックのように背負ったりもできます。

イタリア旅行その2 2日目

IMG_8388.jpg
小さな島々の間を抜けていきます。
IMG_8389.jpg
快晴でして、これぞ地中海という感じがしました。
これを夏のバカンス毎に堪能できるわけですから、ヨーロッパの人々はうらやましい限りです。

異邦人

45 68 73 83 104 113 115 117 119 120 124 127 130 131 136 138

転落
グルニエ、島々、孤島
きれぎれの感情、抽象的統一、意味付け

カミュの代表作。
短いんですが、読後に受ける印象は非常に大きかったです。
主人公のムルソーが非常に魅力的です。
魅力的というと何だかちょっと変かもしれませんが、でも惹きつけられます。
面白いキャラクターです。

虚無的な人間だと思いますが、否定感だけにまみれた人間ではないです。
虚無感を根底においた積極性というものがあるように思えます。
感とか的とか性とか使ってしまって何だかよく分かりませんが...

また彼は抽象的なものを否定していますね。
愛だとか宗教だとか慣習だとか。
ここらへんは少し共感できる部分もあります。
おかしいですかね...

支離滅裂なようで、一貫性があるように思うのです。
読んでると、変な奴と感じることもあるんですが、それは一般の感覚と照らし合わせてみての話です。
でも、そもそも、一般の感覚からはみ出たものが変だということですかね。
変とか異常とか、そういうことについて考えてみたくなります。
自分としてはムルソーの考えに理解できる点があります。
モヤモヤします。
このモヤモヤした考えをうまく言語化できると面白そうです。

イタリア旅行その2 2日目

IMG_8381.jpg
大きな客船の停泊所のすぐ横に、ナポリ周辺の島々への船の乗り場があります。
この日はそこから島の一つへ。
切符売り場で切符を買って、適当に並んで待ちます。
IMG_8382.jpg
乗り込みます。
混んでて乗れないってことはありません。
IMG_8383.jpg
IMG_8384.jpg
IMG_8385.jpg
IMG_8387.jpg
出発です。
ナポリの港が遠ざかって行きます。
イスキア、プロチダなど、だいたいの島は一時間程度で到着します。

イタリア旅行その2 2日目

IMG_8376.jpg
客船がある港へもっと近づいてみました。
どの船も大きいです。
ここからシチリアに行く船が出たり、海外に出る船が出たりします。
IMG_8377.jpg
港から、ナポリの方を見ると、こんな感じです。
山の上にはサンテルモ城とサンマルティーノ寺院という所が見えます。
ケーブルカーで上のぼれるらしいです。
今回は行けなかったんですが、次回には是非行きたい場所です。
IMG_8378.jpg
これも船着き場からの写真。
パノラマ撮影というものを初めて使いました。
これ以降、パノラマ撮影を連発する事になります...

FIGARO 2013 12

80 84 85 87 90-107 113 118 137-138 166 188-191 198-231

ハイク
ニット、モンクレール、サイドスリット
ニット、ブシュラジャラールパリ
ニット、イザベルマラン
フレンチスタンダード
ジュノディアス
アナスイ、ニューヨーク、ノマドヴィンテージ
ロイヤルベルベット、タオル
パイロール、薬
コマ、ストール
お取り寄せ、鍋、ハム、ソーセージ、海産物、お菓子
映画、音楽

イタリア旅行その2 2日目

IMG_8370.jpg
中心街を通り抜けて、港の方へ。
IMG_8371.jpg
ちょっと汚らしくなってきます。
IMG_8372.jpg
IMG_8373.jpg
町並みも、現代的なビルが建ち並んで、統一された雰囲気は無くなってきます。
IMG_8374.jpg
大きな客船が到着する港です。
ナポリの駅周辺から、ここらまで歩いて、だいたい30分くらいでしたかね。
IMG_8375.jpg
反対の方向にはお城が。
ヌォーヴォ城です。
もう一つ海に突き出た卵城というのもナポリにはあります。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード