最近の古着屋巡り

スウェット:アクネ。ダメージ加工が素晴らしい。非常に好みでした。サイドの編みもかっこよかったです。

バックパック:結構前に気になっていたバレンシアガのもの。古着屋にあっても、ある程度の存在感があります。改めて、良いなぁと。そして、バックパックが自分の好みであることも再認識しました。
スポンサーサイト

最近のウィッシュリスト

オーバーホール:とりあえず保留です。そこまで優先順位は高く無いです。

黒染め:自分ですることにしました。染めQなるものでどうにかなるかなと...

ライダース:もうそんな季節でもないと思いつつ、シングルもダブルも欲しいという...念頭にあるのはブラックミーンズのオールブラックでしょうか...

パーカー:欲しいような欲しく無いような...結局、重ね着要員です。カジュアルになり過ぎるイメージなので、止めておこうかなと思います。レザーであれば、アウターとして欲しいというのはあります。

コインケース:ベルトループに付けるタイプ。本当に手に何も持たずに出かけるため。当初はブラックミーンズのがちょうど良いかとも思っていたけど、大きさや柄物であることを考えると躊躇います。柄物で、しかも見れば、すぐにどこのものかというのが分かります。そんなこと言えば、バイカーを初めそうなんですけど、小物、財布や鞄については、ブランドがすぐ分かるというのは避けたいという気持ちがあります。このことは、ちょっと分析してみても面白いかと思います。理想を言えば、レザーやデニムのようなヘビーデューティーな素材。大きさはほどほど、カードよりちょっと大きいくらいで、開閉はスナップボタン。ジップは頻繁に開け閉めするものに関しては、適していないかもしれません。

MEN'S CLUB 2014 5

69 159 292 304

フェンディ、裾リブパンツ
ディーゼル、白Tシャツ、白シャツ、ウェスタン
フレグランス、香水特集
シャンパン特集

LEON 2014 5

7 101 179-193 287 326-330

ラルフローレン、ブラックレーベル、白パン、バイカー
映画、タクシードライバー、ディアハンター、大脱走、乱暴者
ホテル、花見、映画
ヘンリーネック、クチネリ
コンパクトカー、ミニ、アバルト

最近の服装

記録として言葉で書いてみようと思います。
書いてみると、多分、よく使うものが、すぐに分かりそうな気がします。

ハイレンジャー、クラッシュカーキ、11AWベルト、ネイビーウェスタン小、ドッグタグ、ダブル、ワインレッドキャップ
※カーキとネイビーを合わせるのが好きです。ニット帽も入れると濃い緑×青×赤というのもあります。

ハイレンジャー、ファースト大ロールアップ、10AWベルト、アイスブルーウェスタン小、シフル黒、ドッグタグ、05ライダース、リネンチーフ、黒キャップ
※チーフをライダースのポケットから覗かせるというのを思いついたので、やってみました。

ザノッティレンジャー、09グレークラッシュ、11AWベルト、カシミアタートル黒、09ジャケット、ワインレッドキャップ

レンジャー、カーキカーゴロールアップ、10AWベルト、ウォッシュドブルーウェスタン、ターコイズニット、ドッグタグ、ダブル、シルクグリーンチーフ、ワインレッドキャップ
※中間色、というのは正しい語句か知りませんが、緑と青とその間のターコイズを使いました。

エンジニア、クラッシュアイスブルー、11AWベルト、ライトブルーウェスタン、05ライダース、赤耳チーフ、黒キャップ

HUgE 2014 5

39 60 62 64 70 73 82 144 147 151 152-153

識者の視点、コラム、コレクションの見方
ギローバー、ヘンリーネック
スウェット、裾リブ、ブルーワーク
バッグ、ラボラトリー
ハイダーアッカーマン、パーカー
パーカー、レーベルアンダーコンストラクション
エンポリオアルマーニ、パンチングレザー、丸型ボストン、風呂敷、広げる、バッグ
アミ、リアルクローズ、ワードローブ
朝井リョウ、方法論、創作論
ラポエルカン、色合わせ
漫画、マズリン

今号から小さくなりました。
気に入っています。
雑誌の大きさとして、B5ってちょうど良いです。
自分にはしっくり来るサイズみたいです。

内容としては、大人ファッショニスタをキーワードにモード、スーツ、カジュアル、デザイン、プロダクト、文化、映画、美術、音楽、グルメと幅広く取り上げるのだとか...
脱線します。
前々から思っていることです。
ファッショニスタって言葉はあんまりストレートな賞賛の言葉じゃないかなと...
ちょっと不思議に思っているんです。
単に言葉に対するイメージということで。
言葉に対する印象が、周囲人間の使う文脈で変わるということなのか、横文字だからちょっと薄っぺらいのか、色々考えられると思うんですけど、面白いです。

スタイルアイコン:デカルナン

fcytfhtvyfyubkiuhnlo.jpg
白Tシャツにジャケット。
腕まくり。
良い白Tシャツを探していますが...
白Tシャツにしろ、白シャツにしろ、消耗品と割り切らないといけないですかね...
もちろん、全てのものは漏れなく消耗品だとは思うのですが...

スタイルアイコン

IMG_7874.png
フレヤと...
IMG_7980.png
アッシュ。

以前から書いてますが、両膝に穴の開いたデニムに憧れがあります。
憧れです。
実際に履くとしたら、素肌は見せたくありません...
あまり見栄えの良いものにはならないはずですから。
こんなにきれいな膝小僧してないです。

ノームコア

http://www.vogue.co.uk/news/2014/03/21/normcore-fashion-vogue---definition

Facebookで流れてきたVogueの記事。
Normcore、ノームコア。
ちょっと前からトレンドを表すキーワードとして出てきた言葉らしいです。
ノーマル+ハードコアの造語らしいです。
超普通って感じでしょうか...
ストリートスナップやブロガー達の台頭の反動だったりするんですかね。
みんな競い合ってものすごい格好をしていたりしますが、そのスタンスが行き着く場所は似たり寄ったりと言う皮肉なことが起きるのがファッションの世界です。
それで、外見で自分が他人とは違うんだということを過度に主張する必要は無い、こういう考え方が浮上してきたんでしょうか。
ただ、これで、ノームコアという造語までつくって、概念化して、次のトレンドかもなんてことを言い出したら、何だかよく分からないような気もします。
矛盾した雰囲気が、なんだかすごく面白いです。
ちゃんと記事を理解してるわけじゃないので、勘違いもあるかもしれませんが。
ノームコア、そのうち普通に聞くようになるんでしょうかね?

イタリア旅行その2 5日目

IMG_9130 のコピー
タオルミーナの町から、タオルミーナ城までは階段で上り下りができます。
上りはそんなにお勧めはしません。
個人的には楽しみましたけど、日中は特に辛いです。
タオルミーナにおいて、一人で夜の時間帯に、歩くのが危険かどうかというと、たぶんよした方が良いでしょう。
ただ、この城と町をつなぐ階段は夜中に上るような阿呆がいるとはあんまり地元の人間も考えないと思います。
観光客一組にあっただけでした。
他にもおばかさんがいたわけです。
IMG_9134 のコピー
夜景は美しく、その景色のため、上るのにもなかなか意欲が湧いてきます。
iPhoneのカメラでは当然ながら伝わらないのが心苦しいです。
IMG_9143 のコピー
電灯はところどころ点いていますので、そこまで怖くはないです。
IMG_9142 のコピー
結局、行き着くところまで上りきると、お城の入り口はこんな風に閉まっていました。
ここでちょっと空しい気持ちになった後、素晴らしい夜景を一人眺めつつ、来た道を引き返して、5日目を終えました。

&Premium 2014 5

13 24 28-49 33 36 44 50-59 60-73 82 84 101 115 125 163 164 178

ローゲージニット、アングローバル
ノート、ポスタルコ
エコパークポッテリー、食器、マグカップ
つくりのいいもの、トレンド、スタンダード
古くなってもいい感じ、うっとり、大量生産
コーギー、ソックス、靴下、n100、Tシャツ、ストレートチップ、ハウエル、チノパン、チマラ、ソサエティ、リネン
シンプル、本物、時間をかけて自分のものになる
エルメス、カレ、ジャージー
テクニックとセンス、感動、次世代に受け継がれる
シックアーペル、ソックス、ジロレンツィ
素材が良い、使い勝手が良い、本当に美しい
プレーントゥ、アナトミカ、フィンガリン、パジャマ、インセンスホルダー、オールドマンズテーラー、ソックス
男前、最後まで付き合う、作っている人が見える
デザイナー、アイテム
ヤエカ、シャツ、スナップボタン、ポケット
n100、Tシャツ、ニット、カシミア
ハイク、デニム
ビューティフルシューズ
サイ、ジャケット、モヘア
ワードローブ、下着、白シャツ、短靴、ブルージーンズ、白Tシャツ、ダイアモンド、カシミアニット、ブラックドレス
パギンス、アンティークスカーフ、頭に巻く
トランク、ステューシー、収納、インテリア
ストール、マニプリ
アーリーバーズ、藍染め、インディゴ、ヴァレンティノ、チャーム
ロオジエ、フレンチ
ガミラシークレット、石けん、ボディソープ
オプスデブルー、シャツ

テーマはつくりのいいもの、です。
非常に魅力的なものが沢山。
アイテムのチョイスや取り上げ方が男性誌よりも男らしいような...
題材も面白いです。
気に入っているものの条件やワードローブについては個人的にも書いてみたいです。
最近、楽しみな雑誌です。
そして、次号はなんとフランス特集...
堪りませんね。

イタリア旅行その2 5日目

IMG_9122 のコピー
夕ご飯を食べた後は、夜の町を歩きました。
夕ご飯は観光地という事だけあって、観光地化された料理と言いますか、地元の味、風土の味というような癖のあるものは少なかったように思えます。
美味しくないということじゃないんですけど、日本でも食べられそうなものが出てくる事が多いです。
町は夜でもだいぶにぎやかです。
皆、お酒を飲みながら語り合っています。
コンサートなんかもあるみたいで、夜になってみたら、寂しいという事はありませんでした。
IMG_9126 のコピー
私個人はというと、町の喧噪を離れ、一人、山登りに挑もうと思いました。
ワインのおかげと言いますか、悪影響と言いますか...

自己PRについて

殆ど書く機会なんて無いと思っていたのですが、ひょんなことで、書かざるを得なくなりました。
いざ書くとなるとこれが困るんですね...
そこで、ちょっと色々まとめてみました。

まずは自己PRというよく分からない、曖昧な言葉を掘り下げてみます。
調べてみますと...

PRとは
広告,宣伝と同義語のようにも使われたり,広報,広聴ともいわれてもいるが,元来はパブリック・リレーションズpublic relationsの略語である。歴史的,実際的に多様な意味をもつが,いずれも世論との関係が基底にあり,その包括概念は〈個人や集団が集団内あるいは他の集団との間で実態やイメージ,問題点などを伝え合い,相互の関係を円滑にしながら世論形成に役だたせる活動である〉と規定できよう。

自己PRとは
自己PRとは、企業に対して“自分のいいところ”をアピールすることです。自己PRでは自分の長所や特徴について、いかに相手を納得させられるかがポイントになります。よく自分をアピールするものが見つからないという人がいますが、どんな人にもいいところはあります。自己PRを資格や特技、趣味といったものに限定してしまうのではなく、自分が学生時代に頑張ってきたことや力を入れたことに範囲を広げるようにしましょう。つまり自己PRで大切なのは、ある経験を通して何を学び、何を感じ、それによって自分がどう成長したのかということ。面接の際には自分が得たものを整理して、きちんと話せるようにしておきましょう。そしてそれが社会に出て、どのように活かされるのか、志望する企業でどう有効であるかまで関連づけて話す必要があります。自己PRがうまくいかない人は、まず「自分はどんな仕事をしたいのか」「なぜそう思うのか」といった自己分析から始めてみましょう。そこから「自分の強み」や「志向」が徐々に見えてくるはずです。

さて、これを見てみますと、自己PRを書くにあたっては自分の長所や特徴を挙げることが必要になります。
そうして、次に、それを自分の経験と一緒に伝えると良いみたいです。
で、自分の長所なり特徴なりが、相手方にどう役立つかということも書く必要があるようです。

でパッと構成を考えますと...

結論
経験談などのエピソード
もう一度結論(学んだもの、得られたもの)
就職先にどう活かすか、どのように有効であるか関連づけた説明

という感じでしょうか...
結論を出して、また結論というのは、英作文がヒントになりました。
というか何かを主張する文章では必須のことですね。

それでですね、自分の特徴や長所を掘り出さないといけないんですが、これは経験談の方を先に考えた方が良さそうです。
なぜなら、分量をとるのは、経験談、エピソードの方ですから。
そして、ある主張の論拠となる部分ですから。
そこで十分なストーリーが作れる場合に、その主張はやっとこさ自己PRにおける意味を持つんじゃないかと思います。

で、ストーリーが決まって、主張も決まれば...
あとは、相手方へのメリットと絡めるということですが、これはどうにでもこじつけられるんじゃないかなと。
まあ、一番重要なのはストーリーかなと考えているわけです。
いざ、書く段階ですが、そこで注意しなくてはいけないことは何があるのか考えてみました。

ここでまた、自己PRというものは何ぞやということになります。
今回は、略歴と自己PRを書きなさいということでした。
つまり、自己PRは略歴とは別です。
当たり前なんでしょうけど。
ということは略歴と別の性質を持たせないといけないですよね。

略歴は学歴なり職歴なりです。
あと、資格とかそういうことですよね。
ある意味分かり易く、優秀かどうかということなんかは一目瞭然です。
実際にどうかっていうのは、もちろん分からないんですけど、略歴が魅力的なものであれば、そこでリードできるというのはあります。
なんと言うか、個人的にはクリアカットで、理性的なもののように感じます。
数値とかデータとかそういうものですよね。

じゃあ、自己PRは感情的なものなのかなと連想しました。
感情に訴えるんですね。
そこを目的にしますと、どういうことに留意すると良いか思い浮かんできます。

平易な語句、文章を心がけること。
できるだけ具体的に書くこと。
会話文を使うこと。
比喩表現を使うこと。
実際の行動を書くこと。
欠点、ツッコミどころを作っておくこと。
好悪の感情を沸き立たせないような文章、無難になることは避けること。
などなど...

一般的に文章を書く時に気をつけた方が良いことも挙がっています。
たぶん、略歴の反対をいけばいいんですね。
データにならない。
情報の羅列にならない。
文章を読んで、色々なイメージが湧くようにする。
そんな感じを目指すと良いのかなと考えています。

イタリア旅行その2 5日目

IMG_9108 のコピー
夕暮れ時に帰りました。
IMG_9111 のコピー
ちょっと物寂しいような感じはしました。
何でかはすぐさまわからないです。
それほど都会では無いからでしょうか...
少しばかり哀愁を感じる景色ではありました。

服を買いに行く人数について

ちょっと考える機会がありました。
要は一人で行くか、複数で行くかということです。

とりあえず、良い買い物ができるかどうかということに、まず焦点を当てます。
経験上、一人でした買い物の方が良いものを買えています。
良いものということの定義ですが、手元に残って長く使えるというくらいの意味です。

複数人で行くと何が起きるんでしょうか。
一つは、他人が買い物をすると、自分も買いたくなるというようなことが起きます。
ノリですね。
よくよく考えると、見栄であったり、自分に対する言い訳であったりするんでしょうけど...
テンションが高くなって買っちゃうこともあるでしょう。
それに、良いことを言われます。
少なくとも悪いことだけ言われるということは無いような...
徹底的な批判を容赦なくするという人はそういないはずです。

肯定的な意見にしろ、否定的な意見にしろ、結局は他人の意見ですから、影響され過ぎるのも自分の趣味が無いということになりはしないでしょうか。
他の人の意見を聞いた上で、一人で考えてみて、また見てみると良いです。
勢いで買うというのはありだとは思いますが、それは独りでに、自発的なものとして、であることが重要じゃないかと思います。
孤独な選択でない場合、買ったあとにもし後悔した場合、責任を自分だけで負わないことにもなりかねないです。
って何の話だか、分からなくなってきました。

分からないことは教えてもらうと良いです。
知らない世界を、もっと詳しい人を通じて見るのは理にかなっています。
でもそれを自分の趣味に取り入れるという時には、自身のフィーリングと摺り合わせた方が面白くなるんじゃないかなと思います。
色んなことに言えることです。
それで、結論はと言いますと、個人的な好みとしましては、服を買う時は、一人で買うが吉です。

アーカイブ GREENのレザージャケット

IMG_0217 のコピー
IMG_0221 のコピー
GreenのA2。
ごくシンプルなA2です。
ですが、シルエットが非常に綺麗です。
一般的なA2の野暮ったさがありません。
もちろんあの野暮ったさが良いという場合もあります。
ただ、ディテールがきちんとしていて、かつ洗練されたようなA2の方が少ないんじゃないかなと思います。
IMG_0220 のコピー
首元のホックと襟のスナップボタン。
スナップボタンは襟がはためかないようにという、固定用のものだったと思います。
別にこれらを実際に使う機会なんて無いんですが、A2のディテールとしては、欲しいものです。
IMG_0218 のコピー
エポレットは控えめ。
浮き上がったりせず、体積をとらないデザインです。
ステッチが好きです。
このバッテンのステッチです。
IMG_0219 のコピー
ポケットはスナップボタンでのフラップになっているのと別にパッチポケットにもなっています。
これは特に好きなディテールです。
IMG_0222 のコピー
肩にはダーツ。
アクションプリーツなんかでも良いなと思いますが、それは特にA2のディテールじゃないですね。
Greenのはリブなんかも二段絞りですし、きちんとA2のディテールを踏襲した上で、形を洗練させているのが、気に入っています。

最近のウィッシュリスト

ライダース:数着ありますが...もう一着。

オーバーホール:まだ、動くものがあるので、どうしても後回しになってしまいます。

ブーツ黒染め:一部だけの染めなので、これもやってくれそうな所を探すのになかなか苦心します。

比較的、落ち着いてきたかなと思います。

Snap LEON vol.11

20 23 26 51 71 89 95 99 104 128 129 139 160

ラポ、車、アバルト、千鳥格子、仕草、ジョッパーズ
シルエット
ダブル
オリーブ×黒、黒×白×オリーブ
ストライプ、ドリス
リーノ、ダブル、青×白×茶
黄×黒、スウェット、ダイビング、モード
デニムオンデニム
柄パンツ、ロールアップ
黒×白×オリーブ
オリーブ×ブルー、デニム、スニーカーの色拾い、ヴァレンティノ
デニムシャツ
白パン、ダメージ、クラッシュ

スタイルアイコン:ミラン

IMG_8096.png
Vネックのニットにシャツというありがちな重ね着ですが、好きです。
オレンジと白は合うのかもしれません。
インナーのシャツとパンツの色を揃えるというのもポイントなのかもしれません。
だんだん白パンが欲しくなってきました...

最近の古着屋巡り

ネクタイ:Woolrich Woolen Millsのウールのネクタイ。切りっぱなしが良い。耐久性ありそう。

ブーツ:マルモラーダ。ムッファ加工。カビですが...履き口のデザインが良かったです。

パンツ:ランバン。バイカー。コットン100と書いてはあるんですが、ストレッチが入っているような...表記ミスか本当に良いコットンは若干の伸縮性があるのか...カーキ?グレー?良い色でした。でもちょっとヘビーデューティーではないような。クリーンすぎるんですかね。裾部のステッチが良かったです。バックポケットがジップでないのはちょっとイマイチ。

デニム:バルマン。10AW。全体的な色味、良い。加工は激しく無いけど、フロント、バックとも十分。ちょっと小さめ。加工は激しい方が良いということと、サイズは少し余裕があった方が良いということで回避...バイカーでないのであれば、加工は派手目な方が好みなんだろうなと思いました。サイズもあまりタイト過ぎると、楽ではないので、穿かなくなるということがあるので、踏みとどまりました。

ジャケット:バックボーン。スエード。ラペルの形状と皮がイマイチ。皺がちょっと良く無いんですかね...それともボタン...シルバー製というのは凝っているなと思うんですが。

トレンチコート:アクアスキュータム。プレーンなのも総千鳥格子のも。

ライダース:ブラックミーンズ。アーム付け根のディテールが好み。

M65:薄めの生地。ラルディーニ。シンプルなデザイン。

白シャツ:襟の切りっぱなし。アクネ。

ニット:リネン。MMM。良いムラ感のある生地。

ウェスタン:レミレリーフ。ここのは安定してかっこいい気がします。

デニムシャツ:カラー。襟部のランダムステッチがキュート。

タータンチェックシャツ:マーカ。厚めの生地。着たいとは思うけど、シャツはデニムウェスタンだけで。チェックも結局は腫脹し過ぎるかも。

スウェット:VROOM。非常にプレーンなスウェット。

Brutus 2014 4 1

50-51 54-55 65 67 84 107 110-121 122-125 126-131 167 178 209 211 214 217 220 223 228 229 231 236 241 258 263 265

名言、箴言、ベッドフォード公爵、アステア、ラルフローレン、伊丹
マイルール
リネンTシャツ、リネンコート
レザープルオーバー、サイドジップ
ヴィトン、ニット、ラグラン
マイルール、アミ、宮下、グレッグローレン、山本康一郎、ウージー、平川武治、
センスの良い友、ルール、真似したいけど真似できない
スタイルを見つけるということ
洗いとお直し、まめ知識、蘊蓄
ニット、アンユーズド
ストール、ペイズリー、グッチ
コットンニット、トラサルディ、オーバル、メガネ、アイウェア、クロムハーツ
シアサッカー、ベルベスト
リップバーム、リップクリーム、シャネル
デニムオンデニム、APC
キックプレート、ジースター、25オンス
ワークノットワーク、アウグストザンダー、写真
ヴァレンティノ
車、ケータハムセブン、クラシック
山本康一郎、質問、鏡を見る見ない、違和感、Q&A

スタイルアイコン:デカルナン

45uc67vtovbyo9.jpg
tycftyfyuvbuiyionk.jpg
一枚目はエマニュエルアルトもいます。
カーキバイカー、グレーのヘンリーネック、レザー。
カーキ×グレー×ブラックは素晴らしい組み合わせと刷り込まれました。
個人的には永遠の定番と化しています。
ヘンリーネックのステッチやレザーの切り替えなんかのディテールも好きです。
腕まくりや控えめなネックレスも良いです。

スタイルアイコン:クレマンス

fjfahuiwaghgwaakjga.jpg

ボーイッシュな感じが良いです。
シャツとブレザーのラフな雰囲気は真似したいです。
袖を出したり、裾は片側だけ出したり...
テクニックとして取り入れたいですよね。
でも、こういうこなれた雰囲気は簡単には出せないんだと思います。
雰囲気というのは面白い言葉ですよね。
ちょっと考えてみたい言葉です。

ブラックミーンズのライダース

古着屋で見かけて、結構良いディテールのモノがあるなあと思いました。
オーソドックスなライダースなんかがだいぶ好みです。
ベルトやベンチレーションのディテールなんかが良かったです。
今ちょっと気になっています。
結局、新しい物欲が湧いてきます...

http://quentin.exblog.jp/12781417/

http://quentin.exblog.jp/15300857/

http://ameblo.jp/space-shop/theme-10013257357.html

http://ameblo.jp/upthebracket/entry-11709650494.html

スタイルアイコン:ジェイZ

Jay+Z-Balmain-Military-Shirt-G-Star-camo-surf-shorts-Adidas-sneakers-6.jpg

ミリタリーシャツに、迷彩柄の七分丈のカーゴ、アディダスのスニーカー。
ライトブルー、カーキ、白。
この色の合わせは、良いですね。
ミリタリーシャツにカーゴパンツという格好は、やってみたいような気がします。
その場合はブーツにしちゃうとミリタリーに寄り過ぎるから、スニーカーの方が良いんでしょうかね。

FUDGE 2014 4

11 22 31 82 92 137 176 177 178 189 217

パリ特集、パリジェンヌ
アルチヴァンド、食器、インテリア
本の表紙の色、服の色
ペーパーバッグ、鞄、レザー、マスター&コー、ジルサンダー
ウェアザフィロソフィー、ボーダー、サイドジップ
白シャツ、カーキパンツ
白シャツ、カーキ
オールホワイト
デニムオンデニム
デニムオンデニム
映画、チャールズスワン、ロマンコッポラ

ベルルッティの公式サイト

ジャンニ・アニェッリについて調べていたら、ベルルッティのサイトに行き着きました。
これがなかなか面白かったです。
色々なお洒落のポイントについて、Q&A形式で記事があります。
食べ物の写真を撮るべきかとか、ポケットチーフ何のためとか、バックポケットに財布を入れるべきかとか、キャップを後ろ前に被るのはどうかとか...
考えると面白そうなことがたくさん書かれていました。
いくつかお題、テーマに拝借して、書いてみたいです。

http://www.berluti.com/ja/as-seen-by-berluti

個人的なABCについて

以前書いたのをもとにひとまず、それぞれ一個に絞ってみます。

A2
Balmain
Casanova
Dior Homme
Existentialism
French〜
Gainsbourg
Humor
Itami Juzo
Joke
Knit Cap
Leather
Mood
Necklace
Opera
Psychiatry
Q&A
Riders Jacket
Santa Maria Novella
Tailored Jacket
Uniqlo
Vintage
Wash
X Factor
Y
Zarathustra

もうちょっと満遍なく色々な方面のカバーができたら面白いんですが...
今度は、それぞれにコメントを付ける作業をしてみようかと思います。

絞ろうと考えているうちに思い浮かんだものも書いておきます。
Agnes Kolignan,Army
Blackmeans,B2,B3
Celine,Clothes
Dog Tag,Dandy
Elbow Patch
Freud,Feeling
Give&Take
Hyke
I...
Jimmy Choo,Jake,Jung
Knee Stitch
Lapo
Mountain Boots,Money Clip,Military
N3B
O...
Persona,Picture
Q&A
R...
Stitch
Tshirts
U...
Vacation,Ventilation
Wifi,Wool,Wash
X...
Y(統一、統合の意)
Z...

なかなか簡単には思い浮かばないものがあります。
難しい...

GINZA 2014 4

3-4 9-12 51 53 86-93 129 161 208-211 212-221 228-233 252-255

ヴィトン、AD、積み上げられた鞄、リングブーツ
シャネル、AD、原色、単純な組み合わせ
イザベルマラン、フリンジ
ディーゼル、ライダース、デニム、リーバイス、レッド
ダンディズム、モンテスキュー伯爵、マルセルプルースト
ワントーン、デニム
ネイビー、ワントーン
ファッション用語、フォルチュニープリーツ、ベルランゴ、フィルクッペ、パーフォレーション、イレギュラーヘム、マクラメ、シフトブラウス、ベアベリー、シュラッグ、ティーレングス、ボマージャケット、ブラッシュストローク
デニム特集、デニムオンデニム、ブラックミーンズ、ホワイトデニム、デニムジャケット、ダメージ加工、アクネ、ウィッシュリスト
モテ、カワイイ、男目線、誰に向けてのファッションか
シンプル、スタンダード、ベーシック

スタイルアイコン:ルスタン

rcytrcyurcyrxi674i765.jpg

胸元が開き過ぎていたり、アクセサリーが沢山ついていたり、自分の趣味ではないんですが、嫌いなわけではない。
ルスタンはそういう印象です。
彼のブーツの履き潰した感じは大好きです。
この写真のブーツも良い汚れ具合です。
あと、レザーパンツも穿き込まれた雰囲気が出ています。
レザーパンツのロールアップも贅沢な気がします。
本当になんとなくですけど。
ついでにステッチも好きです。
そして、何より、横に置いた写真と同じポーズをとっているのが素敵で気に入っています。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード