日記

ポイントカードって色々ありますけど、ああいうものの統一っていうのはやっぱり難しいんですかね...
買い物の度に勧められて作ったりしますが、色んな所のをそんなに持ち歩かないですもの。
せめて、ケータイのアプリなんかにして、通信機能やバーコードの表示の読み取りなんかで、貯められるようにしたらいいんじゃないですかね。
スマホなんかは大抵だれでも持ち歩いてますからね。
でも、他のお店では無くって、うちの店で買ってってことで、お店ごとのポイントカードを作ってるんですかね。
うーん、まあ、マイレージやクレジットカードのポイントでも無い限り、たいしたポイントじゃあないですから、瑣末なことですね。

なんだか、尾道ラーメンが食べたくなってきました。
わけわからないんですけど、ふと思い出したんです。
どこかのお取り寄せの尾道ラーメンが凄く美味しかった記憶があるんですよね。
小さい頃によく食べたんです。
背脂が浮いていて...でもスープは魚介でしたっけ。
美味しそう...
でも、今晩は年越しそばですかね...

エルダーステイツマンのカーディガンが欲しいなって思ってました。
着物みたいなタイプがありまして、ハイダーアッカーマンにありそうなデザインなんですよ。
良さそうでして...
でもですね、まあ、デニスのブランケットで替えが利くんですね。
あと、同型を揃えたくなる自分のタチを考えると、エルダーのカーディガンかデニスのノマドかとなれば、ノマドの数を増やした方が良いんだろうなと...
結局、今年下半期のヒットはデニスとハイダーで上半期がエルダーだったんですかね...

サイコパスのOST聞いてます。
古いほうの。
二年前なんですね、もう。
アニメのサントラ聞きながら、年が暮れていく...
うーん笑
クラシックでも聞いてたほうが、クラス感でますね...
クラス感って何だよってなりますけど笑
悲愴も聞いてみました。
暮れ合いからですね。
良いですね。
有名な箇所はやっぱりなんだかゾクゾクきます。
良い音楽聞いた時にぞわーって頭が毛羽立つような感じってないですか。
あれ、よくわからないんですけど、何か出てるんですかね。
まあ、好きな音楽聞けばいいんですよ。
クラシックでもサントラでもメタルでもポップスでも...
高尚も低俗もないですよ、別に。
もちろん、一緒に楽しめる人が見つかれば、良いに越したことは無いですよね。
紅白も最中ですね。
あれも、風物詩的なもので、あれを目の当たりにすると、大晦日なんだなぁって感じがします。
今年なんか、なんでかわからないですけど、ほんとに全く年越しって実感が無いんですよね...
帰って、テレビを点けようかな...
スポンサーサイト

日記

Tシャツ:B、09AW
ニット:C
ジャケット:L、10AW
パンツ:HA、14AW、小
ブーツ:B、11AW

キャップ:TES、白
ストール:DC、紫
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

ドッジボールする夢みたんですよ。
相手は結構ガチムチのお兄さんたちで...
投げるんですけど、腕に力が入らなくって、へろへろの玉しか投げられないんですよ。
それで、お兄さんたちに煽られると...
悔しいけど、でもやっぱり力が入らない...
なんだこの夢...
初夢が心配です...

取り寄せや電話通販をもうちょっと積極的に使ってみようかと思います。
1/2からセールってとこも多いですし、日本全国、店舗探せば、欲しいものはどこかにあるかもしれないですから。
しかし、セールなんかだと、気を付けないと、余計なもの買っちゃいますよね...
チープイズチープ...この言葉を反芻しておきたいと思います。
いや、厭味ったらしい言葉なんですけどね...
ミッドナイト・イン・パリで主人公の恋人の母親が言ってて、印象に残っていました。
それで、ですね、まあ厭味ったらしいんですが、この言葉には真実があると思っています。
衣類っていうのは、価格による品質の比例の仕方というのは、常人の理解を離れています。
が、しかし、確実に価格と品質は比例はしていると思います。
例えば、そこらの1000円のTシャツとバルマンのパックTシャツは違います。
生地もシルエットも明確に違います。
十倍の価格差をそこに見いだせるかどうかっていうことは別にしましても...
ふと思ったんですけど、あの頃のパックTが3万円台で買えた頃って、良かったなぁって思います。
デニム10万とかでも、ものすごい訴求力がありましたからね...
まあ、ただ、Tシャツ3枚で3万って聞いて、イイねって思う人間がいる一方、なんだそれ、クレイジーでしょってなる人も要るわけです。
そんなもんTシャツなんて同じよと言われたら、仕様が無いんですよね。
ここらへんは、でも、人間の面白いところで、価値付けの仕方が非常に人によって偏ってくるんですね。
このことは、また沢山書けそうですが、脇においておいて...
とにかくですね、価格差とクオリティの差に妥当性を見出すかどうかは別として、価格とクオリティは比例するんです。
そこらのセレクトショップのカシミアニットとデニスのカシミアニットじゃやっぱり雲泥の差があります。
2,3万の革靴とロブやウエストンの革靴も、当然違いますよ。
革とかカシミアとか露骨に違いがありますよね。
んー、でも、こういう、当然違うとか明確に違うとかってのも主観で、相対的なんでしょうか...
しかしですね、例えば、自宅にすでにその物があって...というか、要するに値段がおんなじだとか、無料であるとか、仮定してみたら、普通のニットとエルダーやデニスのニット、どっちを使いますかってことです。
そうしたら、たぶん、大半の人は後者を日常的に使うようになるんじゃないかなぁって思うんです。
そうなったら、それはもう質に対しては主観性を逸脱した違いがあると言えるんじゃないでしょうか。

あ、で、ストールを買い足そうかどうか迷ってます。
チープイズチープということを念頭に置いた上で...考えます。
カシミアが入っていること...これは要求します。
コットン...シルク...リネン...ヤク...ウール...代替物ですよ、全部、カシミアがあればいいんです。
まあ、極論みたいになるのは、ここに書いてることは自己暗示みたいなものだからです...
それと大きさ...幅90cm以上...大きくないと意味が無い。
この結論にも至りました。
はい、大は小を兼ねるんですよ。
幅70cmとかダメですよ...40cmとか論外です...
何故かって、ありふれてるからです...普通だからです...
差別化ということは、衣類の選択においては、無視できない要素です。
もっと言えば、すべて何かの選択において、差別化したいという意識は大なり小なり関わってくるとさえ言えます。
でもですね、差別化とは言っても、結局のところは、自分は他人と違うという意識を自分が持てるかどうかで、自己満足なんですよね。
だって、例えば、何かのマニアでも考えてみたらいいんです。
彼は、すごいニッチな分野においてマニアなんですが、唯一無二の存在でいるということは無いんですよね。
やっぱり多分、マニアにさせるだけの魅力があるわけですから、他のマニアがいるわけです。
でも、ニッチはニッチなんで、それなりの紆余曲折を経て一定の嗜好が形成されて、そこに至っています。
そうしますと、ニッチな分野のマニアは実はその中のマニア同士で比べると、均質化してるということがあったりします。
で、マニアであることに、つまり、ある特異な選択をすることにアイデンティティを強く持ち過ぎると、実際には均一なものに終着してしまうということが考えられます。
深く考えだすとちょっと悲しくなるので、ここらで、やめておきます。
もちろん、個人個人はみんな違って、本当に均一なんてことは無いです。
アイデンティティなんて、ごちゃごちゃと考えなくっていいんですよ、ほんとは。
周囲に家族や友人がいて、美味しいもの食べて、良いもの着て...まあつまり、良い体験をしたり、共有したり、それで過ごしてければ、いいんじゃないですかね。
だから、まあ結局はですね、適当でいいってことです。
自己満足のオナニーみたいなものと思いつつ、極上のものを求めたらいいんです。
で、まあ、差別化に関しての、費用対効果を考えますと、同じ値段で、40cm幅と120cm幅があれば、後者を選びますということです。
あ、あと、他の人が持ってるだろうなってことが分かってるものは、やめておきます。
いや、こんなの知ってるか知らないかってだけの違いですが...
大手のショップで買えるもので、絶対に世に一つだけのものなんて無いですからね。
まあ、でも最大限のなんちゃって差別化効果を最大限にするためには、持ってる奴を知らないぞっていうのを買っとけば良いんです。

人間って括ったらり、分類したりが好きですよね。
例えばなんですけど...
硫酸は完全に電離します。
硝酸は完全に電離します。
塩酸は完全に電離します。
この3つだけで覚えるのと以下とを比べるとなんだか面白くて。
この3つを覚えるのに加えて...
強酸というものは完全に電離します。
硫酸、硝酸、塩酸は強酸です。
この2つを知ったほうが、すんなり入ってくるんですよね、たぶん。
もちろん、文章で記述したもので、3つの記述より、それに加えた5つの記述のほうが覚えやすい、凄いってのは、単純化しすぎなんですけど...
でも、なんだか、分類というものや、まとめて捉える概念のようなものがあった方が、人間って嬉しいのかなってことはよく思うわけです。
血液型占いとか、星座占いなんかもそうなんですかね。

ストーリーとかも好きですよね。
尿細管の細胞にはミトコンドリアが多いってことを覚える時なんかですね。
この事実だけよりもですね、3Na-2Kのポンプがあって、こいつは能動輸送するよねと。
能動輸送だからATP要るよね。
だから、ATP作るミトコンドリアいるよね。
みたいな方が情報量は増えてるけど、すんなり入ります。
で、Na-Kポンプには、アルドステロンが効いて、Na増えると、浸透圧上がって、浸透圧上昇が受容されて、バソプレシンが出て、尿細管にアクアポリンが出てきて、水の再吸収が起きて、体液量が増えて、血圧が上がる。
こんな話が加わっても、なんだか、知識が固まります。
なんで、物語があった方がいいんですかね。
やっぱり何かの説明が欲しいんですかね。
理屈に合わないと思えることに対して、神様や運命を仮定するっていうのも、同じことなのかもしれません。

日記

街でセールを見てきました。
40%オフとかになると、さすがに心動かされます。
そういえば、何かの実験で、自分が売り手の時、値下げをして売ってもいいと思う価格は20%オフくらいというのを見たことがあります。
それくらいだと、まだ自分は損をしていないと思えるんですかね。
買い手としては、20%オフは微妙なラインですよね。
で、40%くらいになると、買い手としては、やっぱりお得に感じるんですかね。
まあ、でも本当に欲しくないものまで、欲しくなっちゃうのが困ったものですね。
うーん...
ヤク...ウール...いやカシミア...
ひとりごとです。
損はないんですけどね...
うーん。
まあいいや。
そういえば、セレクトショップのオーダーリストってあるじゃないですか。
それなりの大きさのところなら、データでタブレットなんかで見せてもらえるんですが、あれを、別に、普通に見られるようにしたらいいんじゃないかなぁって思ったりするんですよね。
店内の端末なんかでちゃちゃって、調べられるみたいな...
ロンハーマンとか、アローズとか、トゥモローランドとか、まあどこでもいいんですけど、店舗が沢山ありますから、店舗ごとに入れてるものが違いますよね。
例えば、ロンハーマンなんかだとバルマンやハイダーアッカーマン扱ってるところがある一方で、モードは全然入れてないってとこもあったりします。
そういう場合に、オーダー表をチャって見られて、取り寄せ〜みたいにできて買えたら、便利じゃないかなぁって思います。
良いことしか無いと思うんですけどね...
いや、店員さんに聞くくらいしなさいよってこともありますが、店員さんに聞いても反応がイマイチっていうような時があるじゃないですか。
エルダーステイツマンってありますとかデニスコロンってとか...聞いたりしても、分からないってなったりするんですよね。
他店舗のことなんて、そりゃすぐに出てこないですし、そういうことを把握しておいて欲しいなんてことは全く思いませんが...
でも、いちいち、じゃあ、ちょっとオーダー見せてもらって良いですかねって粘るのも、なんだかめんどくさいって...
まあ、なんか店員さんからしたら、よく知らないブランドの名前言い出して、挙句オーダー表出せですからね...
客と店員なんで、そうは言っても、健全な、普通のやりとりですけど...
とにかくですね、まあ、客向けのオーダーリスト、簡単に見られるようにしたら便利じゃないですかね。
で、取り置きとか取り寄せとか端末上でできちゃったら、尚いいんじゃないでしょうか。
こんなトコに書いてないで、アンケートにでも書いたほうが良いですね、これ。

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:D、04AW、灰
ジャケット:L、05AW
パンツ:HA、14AW、灰
ブーツ:B、11AW

キャップ:TES、灰
ストール:DC、灰ノマド
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

ハイダーのパースのパンツを履いてみたんですが...
スウェットはスウェットなんですかね...やっぱり。
単に、ベロアのほうが好きなだけかもしれませんけど...
でも、ウォッシュのかかり方とか、ウエストの切りっぱなしとか、裾のグログランテープの解れとか、最高です。
あと、膝裏のステッチは、パースのほうがベロアより、ハッキリしてます。
膝前のステッチもそうですね。
パースのほうがステッチワークがハッキリ見えて、そこは凄くいいです。
まあ、しばらくは色々試してみます。

TIURFもハイダーやるんですね。
スウェットはビスコースの切り替えらしいんで、今のところ、イマイチ...
ベロアのスタジャンはかっこいいです。
テープの柄と使い方が面白くていいですね。

喉が良くなったと思ったら、なんだか熱感がします...
喉は確実にマシになったんですけど...
こう、フワフワした感じ、熱に浮かされてる感じがします。
とりあえず、ありあわせの、チステンとペラックを流し込んで、凌ぎます。
うーん、なんなんだろう...

日記

バレンシアガのトレンチコートで良いのがありました。
レザーで、黒のメタルボタンで。
これだけ、書くと、どっかのに似てますが...
プローサムのレザーのコートなんかも、かっこいいですよね。
あらためて言うまでもないかもしれませんけど...
コートはあんまり着丈が長すぎないやつが良いですね。
長いの好きなんですけど、動きにくいですし、まあ、客観的に見れば、不審者ですからね...
ちょっと工夫がいる気がします。
なんていうか軽快感を出さないと...
重苦しいですよね...
というか、レザーで黒のコートって、アウトですよね...
マトリックスかって...なりますよね...
あ、だから、せめて、細身で着るのより、ダボッと着たほうがいいのかなぁなんて考えています。

日記

映画を観たいです。
暮れ合いとか、神は死んだのかとか。
暮れ合いは、なんかアラン・リックマンが出てるのに気づいたら、見たくなってしまいました。
神は死んだのかの方は普通に面白そうです。
神様を信じない人にどうやって存在を認めさせるのかって...どうなんでしょうね。
個人的には、その人にとっての神様がいようがいまいが、どっちだって良いんですけどね。
ただ、ちょっと思ったのは、例えば、頑なに神様なんていないんだって主張する無神論者の人がいたとしたら、なんで、そんなに神様がいないって他人に主張したいんだろうってことです。
色々なパターンがあるとは思うんですけど...
例えば...神様なんていないんだよ、非科学的だし、下らないなお前は、って場合には、まあ神様の否定を通じて、有神論者を見下して、自分の地位を相対的に上げたいとかって心理が働いているのかもしれないですし...
他には、あまりにひどい境遇に対して、神様なんていないんだよ、クソヤローと否定をするなら、これは神様の否定というよりは、神様を憎んでいるんですよね。
この場合なんか、結局、神様を憎むことで、つまり、神という存在に対する憎しみで、一種の精神的な安定があるわけですから、無神論者と言えるのかって考えたりします。
あとは、神様のことなんて、気にしたことも、考えたことも無いっていう、ほんとに無関心な人は無神論者なのかなぁとか。
考えると面白いですね。
なんにせよ、ヤケになって、神はいるとかいないとか、他人に主張を押し付けるのは、余計なお世話だと思います。
単純に、普遍的に神がいるとかいないって言えるんですかね...
信心深くて、自分を律するのに神様を信仰して、生きている人はそれで良くないですかね。
でも、これは神様のためなんだからとか、神の意志だとか言って、悪逆の限りを尽くしたりしたら、それはまあ、良くないですよね。
無神論者でも、超然とした自己を持って自律して生きる人は、いいんじゃないかなぁって。
ただ、神はいない神はいないと、他人に対して、自分が無神論者であることを振りかざして、何かしらの利益なり、穴埋めなりに利用してる人は、いい迷惑なんじゃないのかなって考えます。
ま、観てみたら、いろいろ考えも深まって楽しそうですね。

日記

Union Fifthにラージショールがあるんですが...アメリカオンリーなんですよね。
Treasureにはベロアがあります。
そういえば、ヒマラヤンカシミアカンパニーってどうなんでしょうね。
日本じゃ見つけられませんが...

ハイダーアッカーマンのバイカーパンツ類。
tv28h34928foty4832ytv43.jpg
bveyety89y23ob834.jpg
二種類あるんですよね。
膝裏ステッチと、膝前プリーツと。
どっちも結構面白い作りです。
レザーのパンツって洗濯ってどうするんでしょうね。
まあ、普通に洗っちゃっても、わりと面白いかもしれません。
なんか、レザーの膝前プリーツのタイプは、ちょっとエイリアンっぽくないですか。
エイリアンっぽいって何なのかわからないですけど...
なんだろう、膝前のたるみやバックからサイドのパネルみたいなのが、生物っぽいんでしょうか。

日記

ヘンリーネック:B、12AW、黒、半袖
ニット:B、09AW
ライダース:PL
ベルト:B、10AW
パンツ:B、10AW、ウォッシュド
ブーツ:JC

キャップ:TES、青
ストール:DC、紫
手袋:P
イヤリング:N
ネックレス:N

延髄蹴りってアントニオ猪木だったんですね。
首の後あたりに蹴りを入れます。
延髄って大体、鼻の高さなんですかね。
中脳は目くらいですかね。
上から大、間、中、小、延みたいな並びでした。
で、中脳は、眼球運動や瞳孔反射の中枢だったような。
こういう感じで絡めていくと、知識がなんだか、相互に絡み合って、よくわからないけど、定着するというようなことが起きる気がします。
下垂体後葉にバソプレシンがあって、プレシンはpressから来ていて、血管収縮と抗利尿で血圧上昇。
後葉にはオキシトシンもあって、これは、子宮収縮で、子宮圧上昇、〜シンとバソプレシンと共通。
みたいな風な覚え方とかも、昔好きでした。
あと、鉱質コルチコイドでNa吸収されると、Naが増えた分、水で薄めようとして、おしっこから回収するために、バソプレシンが出て、結果、水の再吸収で血圧上がるみたいな、すんなり入ってくるストーリーも楽しいですね。
コルチゾールで、ハンプティダンプティ思い出して、蛋白異化から血糖上昇、血糖の脂肪化というようなイメージからの連想なんかも楽です。
なんで、ホルモンとかの話になったんだろ...
まあ、なんというか知識の定着の仕方って、イメージとかストーリーとか大切なんだなぁって、ふと思って、具体例が書きたくなったんですね。

日記

デニスを見かけました。
日本語の素材表記が、毛って表記になってるんですよね。
ヤクとかカシミアの表記が毛になったとかなんとかって聞いたような...
触れば大体カシミアかどうかくらいは分かるんですが、なんだかわかりにくい表記だなぁとは思います。
来季のことも聞きましたけど、そこは今後入れるかどうかは決まってないみたいでした。
ちょこっと、物欲が刺激されましたが、枚数が置いてあったので、そうそう無くならないんじゃないかなぁって。
今は、また適当に買い足せば良いやくらいに思っています。
ラージショールからノマドまで複数枚揃ったので、ホントはもう十分なんじゃ無いかって気もしますが...

雑誌で、やけに、ベルルッティ見る気がするんですよね。
なんでだろ。

オーバーサイズのコートが欲しいような欲しくないような...
ハイダーアッカーマンのコクーンシルエットあたりのイメージです。
あれの無地があったら、ちょっと嬉しかったです。
まあ、たぶん着ないですけど...
あれ着たら、ジェダイへの道が更に開けますね...
そういえば、レザーなんかで、オーバーサイズのコートも面白いかもしれません。
あんまり無いですよね。
ランバンのペーパーレザーみたいなので、作ったらいいんじゃないかなぁって思います。
そういえば、totokaeloってとこにあったハイダーのBonifacio Coatはロングコートとして普通にカッコ良かったです。
オーバーサイズのフライトジャケットも着画があるんですが、かっこいいです。
あれくらい丈がある人が着ると、オーバーサイズは静止画でもサマになりますね。

iPhoneの調子が悪いです...
なんか急に落ちるんですよね。
画面真っ白になったり...
とりあえず、バックアップを取らないと怖いですね。

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:D、04AW、タートル、臙脂
ジャケット:L、10AW
パンツ:H、14AW、大
ブーツ:B、11AW

キャップ:TES、臙脂
ストール:DC×2、灰、青
手袋:P
イヤリング:N
ネックレス:N

喉の調子が戻ってきました。
調子の悪さから回復する時って、気分いいですよね。
健康に感謝できます。
でも、ちょっとでも損なってみないと、大切さに気づけ無いんですよね。
健康は本当に重要ですからね。
自殺の原因なんかも、高齢化もありますけど、健康問題が多いみたいですからね。
とりあえず、マスクは必須ですね。
ホントはしたくないですけど...
何か、マスクとストールを一体化させて、つけられちゃうようなものあったらいいのになって思います。

エディフィスにストールを見に行こうと思います。
気になるのものがあります。
アウターはもう良いんです。たぶん。
ただ巻きに巻いて、寒さが凌げればいいんです...

日記

あんまり雑誌が面白く無いんですよね。
最近。
たまたまなのか何なのか...
特にピンと来る情報が無いんですかね...
これは、好みがだいぶ固まってきてしまったとか、新しく何かを取り入れる必要をそんなに感じなくなってるとか、そういうことなんですかね。
でも、できるだけ色々な方面に興味を持っていたいような気もします。
かと言って、知識や情報のインプットだけしてても、仕様が無い気もします。
別に、一定の方向への興味関心や知識情報、またそれに伴う行動っていうのは、それなりに積んではいるんですよね。
結局、色々読んでインプットしたいっていうのも、個人的な満足で、そういう選択によって、ある種のアイデンティティを保ちたいってだけのかもしれません。
反対に、もう自分が求めているような情報は雑誌には載ってないんだぜって言って、雑誌を読まないのも、同じようなものでしょうね。
つまるところ、ある何かしらの選択によって、自分はこうこうこういう人間だという自己像を作っていたいのかもしれません。
雑誌どうのってだけの話じゃないですよね。
というか、大仰に言えば、人生は選択の連続ですからね...
選択によるアイデンティティの確立っていうのは、あながち的外れな話では無いのかもしれません。
なんか話が面倒くさいことになりました。
雑誌の話に戻ります。
そういえば、視覚的にも、こう、衝撃的なものだとか、魅力的なものが無いような気もするんですよね。
しばらく無いです...
まあ、そうそう出会うものでもないんでしょうけど。
強烈なインパクトのあるものに出会いたいです。
漫画喫茶なんかで、月一回パーッと読んでみるくらいでも良いのかもしれません。
ゆっくり雑誌読むのも好きですけど...

文章を字義どおりにしか解釈できないってことが起きたりしますよね。
極端な例ですけど、猿も木から落ちるを、あ、猿も木から落ちるんですねって思っちゃう人なんかがそうです。
もちろん実際に会ったことは無いですよ。
何か、認知症では、こういう風になってしまう方がいるという話は聞いたことがあります。
極端な話ではない場合は、どういう場合かって言うと、言葉に対する意味や印象が定着していない場合...
いや、なんか上手く言えないですけどね...
例えば、DNAの転写が起きてるって聞いて、その先の翻訳を考えないだとか、遺伝子が発現しているっていうこととほぼ同義だって捉えられないだとか...
これも別にうまい例じゃないですね...
ただ日常的に使う言葉では、そうそう起きない現象でしょうから、こういう例になるのかもしれないですね。
コーヒー買いに行くって言ったら、豆買いに行くのって言った友人がいますが、これは、また何だか違いますね...
笑えて面白いんですけど...
コーヒーからコーヒー豆の方が連想されちゃったわけです...

9mmを久しぶりに聞いたら結構良かったです。
なんか、毎度書いてる気もしますが、期間を空けて、久しぶりに聴くと、音楽を楽しめますね。

日記

サイドゴアの着脱が面倒くさいので、ジップを付けようと思っています。
サイドゴアのゴムをフックで外せるような構造にしたら、ちょっと面白いのかなぁって思いました。
でも、ジップの方がきっちり締まりますよね...

フォレスティエールがGQに載ってました。
カシミアで良さそうです。
あと、ポケットの構造が好きです。
立ち襟で、パッと見は、マオカラーみたいなんですよね。
実際着たら、どうなるんでしょうね。
そういえば、巾着型のバッグがあって、あれも良いなって思いました。
ヴェネチアンレザーで、ワッペン付いてるんですよ。
結構面白いです。
ああいうワンショルダーの型で、マーメルのクラックレザーのバッグ欲しいんですよね...

farfetchも、上乗せ20%オフらしいです...
パーカーが...欲しい...ような...
いや、使わないよなぁ...
うーん...

イヤリングが気づいたら、とれてました...
まあ、そんな大したものじゃないんですが...
いつの間にやら、無くなっていました。
付けていてもいなくても感覚が変わらないっていうのは、着用感が殆ど無いってことで、これ自体は良いことですけど...
また買い足しておかないと。

日記

Tシャツ:B、09AW
ニット:D、04AW、灰
ライダース:PL
ベルト:B、10AW
パンツ:09AW、ファースト、小
ブーツ:JC

キャップ:TES、黒
ストール:DC、紫
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

ランドレスのバケツが欲しいような。
染め替えに使えそうだからってだけなんですけど...
でも、染め替えに使うなら、どうでもいい、安いバケツの方がいいですかね...

レーンのセール、更に10%オフになってるらしいです。
エルダーステイツマンもセールにかかってたんですが、見てみたら、ほとんど売り切れてます。
恐るべし...
ターバンとかは残ってます。
ターバンどうなんだろ...
着てみたら、面白そうですけど。
女の子が被ったら、可愛いでしょうね。

日記

鎌状赤血球症って久しぶりに聞いて考えたことがあります。
一見、生存に不利な遺伝子が、環境によっては、有利に働くという例です。
これから、遺伝子診断とか操作とかが一般化していって、遺伝子のプールから一定の因子が無くなっていったりしたら、本当は大変なことになるのかもしれないなぁって、ふと思いました。

モードって何なのかって考えるんですよね。
たまに。
調べても、あんまりハッキリしないんですよね。
というか、まあ、ハッキリしないから、使いやすくてありふれているのか...
ハッキリしない場合は、具体例で捉えてみます。
例えば、全身、今季のサンローラン...モードですね。
いや、モードなのか??
たぶん、モード。
全身、ディオール...でもエディのシーズン...
モードじゃない...
でも、モード好きではあるのかな...
一部、今季のアイテム。
普通...なんですかね。
モードかどうか...うーん、怪しい??
白と黒のモノトーンのコーディネート。
モードって括りになりますかね...
なんなんでしょう...
とりあえず、最新のアイテムが大半を占めることは、モードかどうかって判断に必要なのかなぁと。
もちろん、僕個人の印象ですけど。
あと、極端なのはモードなんですかね??
全身コーデもそうでしょうし...
俗にモード系と括られるような格好として、例えば、真っ黒だとか白黒だとかのイメージがありますね。
まあ、正直、どうでもいいんですけどね...
分類したがるのは人間の性ですけど、今特に、僕自身がモードという言葉で何か括りたいわけじゃないですから。
でも、考えるのは楽しいですね。
うーん、何か、記述してコミュニケーションする時に、モードって言葉が便利だったりするんですかね。

手紙って、アナログですけど、モノの良さがありますね。
例えば、実物を見ますと、その手紙を書いてる人の様子を想像したりします。
そういえば、年賀状も、メールとかでは代用にはならないんだろうなぁと思います。

日記

専門用語というか、なんというか、そういうものの効用ってのはなんなのかなぁと考えていました。
例えば、半保存的複製ということを聞きます。
言葉の説明としては、DNAの複製の時に、二本鎖が一本ずつに分かれて、それぞれを鋳型にして、新しい二本鎖が作られるということが記述されるわけです。
でも、半保存的複製という言葉を聞いた時に、いちいち、言葉の定義は持ち上がってこないとも思うんですよね。
一挙にもやっとしてイメージが生じるような感じです。
何か言葉で概念を一括りに切り取ると、イメージで一挙に捉えられるようになるのかもしれません。
きちんと理解している場合は、一括りのイメージで連想が一気に進んで、うまい具合に働いてくれるんでしょうね。
ただ、スタート地点がおかしくなっちゃうと良くないんですよね、当然。
糖尿病と聞いて、尿糖がどうのこうのと捉える人と、インスリンの分泌あるいは抵抗性ということで捉える人とでは、そこから始まる連想像は全く違うものになるでしょうから。

時雨のWho Whatばっかり聴いてました。
ユーチューブって、アドレスのyoutubeの後にrepeatって入れると、リピート再生できちゃうんですね。

全く思ってもいないことを言えることってありますか。
人によっては、それなりに訓練が必要なんじゃないかなって思います。
まあ、良し悪しの話をすると、全く思っていないことでも、相手を陥れようとか、害になることでないならば、どんどん言っていいんじゃないかなって思います。
ただただ、相手を気持ちよくするお世辞は、だから、悪いもんじゃないと考えています。

カシミアシャンプーの評判がわりと良いです。
カシミアシャンプーで洗った、ストールなり、ニットなりをずっと着てるわけですが、いい匂いらしいです。
自分で着ている分には分からないんですけどね...
ついでなんですが、ずっと着ていると僕の匂いというイメージが付くみたいです。
面白いですね。

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:D、05AW、黒
ジャケット:L、10AW
ベルト:B、10AW
パンツ:09AW、ファースト、中
ブーツ:B、11AW

キャップ:C
ストール:DC×2、ストライプ、青ノマド
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

ルルののど飴って効くんでしょうか...
まあ、いいや、とりあえず気合でいきます。
ただ、この季節、ほんと、ちょっと油断すると、持ってかれますよね...
喉が変になったのは、マスク無しで、暖房の直撃を受けたからだということに思い至ったんですけど...

日記

イヴですね。
何かの雑誌で見たんですけど、ヨーロッパの方だと、クリスマスは家族で過ごすみたいです。
つまり、家族優先だということを読みました。
日本では恋人たちのものという感じがします。
色んな国のイベント事の特徴を比較すると面白いでしょうね。
もちろん、家族でケーキやチキンを囲むっていう家庭も沢山あるでしょうけど。
モスなんかですら、モスチキン買ってくような人が沢山いましたし、ケーキ屋さんでは外まで人が並んでるのが散見されました。
そういえば、小さい頃はサンタさんにワクワクしてましたけど、あれは何なんでしょうね。
旅行の計画を立ててるのが、実際に行くよりも楽しいみたいな話とおんなじなんでしょうか。
要するに、色々な可能性がある、ということが肝要なのかもしれません。
可能性を予期する...これが言い換えると希望というもので、反対に、可能性が制限されてくると、気持ちは沈んできて、絶望しやすいのかなぁなんて考えることもあります。
話が希望だ絶望だ仰々しいですね。
サンタさんと言えば、ミニスカサンタもたくさん見かけました。
トナカイもいましたが、少数派でした。
コスプレっていうのは、どうしてやるんでしょうね。
コスプレ衣装を着ることは、新しい服を試しに着てみる時のような、ワクワク感と同じなんでしょうか。
単純に一つの理由に還元はできないでしょうけど...
色々混じってそうです。
実際に聞いて、調べてみたいんですけどね...でも、分析的な会話ってのは上手くやらないと、気持ち悪がられちゃいますから、良くないですね。

レーンの発送が結構遅いんですよね。
2日くらい止まってまして。
そう思っていたら、ちょうど発送されてました。

ハイダーのCarignanoのシリーズ良いですね。
なんでCarignanoなのかわからないんですけど...ベロアに関係があるのか...

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:D、04AW、灰
ライダース:PL
ベルト:B、10AW
パンツ:B、10SS、クラッシュカーキ
ブーツ:JC

キャップ:TES、灰
ストール:B、11AW
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

めちゃくちゃに、ミントアイス食べる夢を見ました...
なんなんだろ...
一応味覚のある夢だったんですよ。
ちょっと珍しいですよね。

日記

whyに沢山、ハイダー入るみたいですね。
ハウンドトゥースのストールもありました。
パンツとかで、リネン×シルクとかリネン×コットンとかで面白い色のものがあって面白いですね。

喉をやられました...
何ででしょう...
寝るときマスクした方がいいのかもしれません...
ヴィックスの飴で凌ぎたいところです。

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:B、09AW
ライダース:PL
パンツ:HA、14AW、小
ブーツ:B、11AW

キャップ:TES、青
ストール:DC、紫
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

来季のバルマンのAD、カニエとキムなんですね。
面白いですね。
ストリートっぽいですもんね。
でも、同時にまあ、違うブランドになっちゃったなぁとも思います。

最近のウィッシュリスト

叩き:パンツ、Tシャツ
染め:シャツ×1、ストール×2
ブーツ:ジップ取り付け

適宜:B、BM、MM、HA、TES、DC(レザー、スウェット、ベロア、カシミア)

ブリーチ:ワイヤータブへの交換
チェスター:本切羽
ニットドレス:染色、切断

日記

フレンチテリーのパンツ買っちゃいました...
フレンチテリーって薄手のパイル地のことなんですってね。
まあ、要するにスウェットパンツなんですけどね...
スウェットのトップスはひとまず、諦めます。
パーカーもスウェットも...凄く欲しいんですけど...着ないでしょっていう...
いや、着たいのですけど...うーん...
コピーは面白くないですしね...
あと、デカいんですよ、たぶんね...

プレミアムを買いました。
センスがいい人は何が違うかというお題。
センスがいいってどういうことですかってことで、色々な人に4つの問を尋ねていたのが面白かったです。

センスがいいと思う人
センスがいいと思うもの
センスがいいと思う場所
センスがいいとはどういうことか

この4つでした。
センスがいいって言葉は曖昧なので、一番最後の質問があるんですよね。
で、曖昧だから、まあ、あーだこーだ言うのが面白いという、そういう話題です。
センスがいい...曖昧なので、曖昧な場合は、その言葉自体を考えるより、その言葉が使われるシチュエーションを考えると良いかもしれません。
例えば...
ラポの格好やデカルナンの格好はセンスがいいと思うんですが、あれは、彼ら独自のテイストがありつつ、真似もしたいと思える部分があるんです。
だから、独特であるということと他人に理解され得る部分があることは重要なのかもしれません。
もので言えば、エルダーのニットの色の合わせ方もセンスの良さを感じます。
ついでに、カシミアの自体の良さも、ああいうものを提示できるのは、センスがいいです。
だから、グレッグは僕にとってはやっぱりセンスのいい人なのかもしれません。
ハイダーもバイカーディテールの取り入れ方やベロアでスウェット類作るあたりの感覚にセンスの良さを感じます。
服から離れてみますと、最近だとインターステラーで再確認しましたが、ノーランはセンスがいい。
例えば、インセプションの夢世界の描写やインターステラーの四次元空間の表現なんかは、よく思いつくなぁって思います。
これも、理解のできる独創性というものなのかなぁと考えます。
映画で話を続けると、この映画、面白そうだねって思って、観てみて、当たるか外れるかっていう場合にも、センスの良し悪しは問題になります。
何かを選ぶときの直観というような意味合いもセンスという言葉には含まれているかもしれません。
食べ物選ぶ時なんかも、センスが良い悪いってことが言われますよね。
もちろん、映画の作品選びにしろ、晩御飯のお店選びにしろ、運の要素っていうのもありますけど、やっぱりなんというか、こう、打率の高い人というのは確かにいると思うんですよね。
で、何か選ぶ時に、センスがいいという場合は、ある程度、経験や知識に裏付けされた直観があるんじゃぁないかなって感じですね。
旅先で、フラッと入った店が総じて素晴らしかった...というのは、これだけなら、運じゃあ無いのって印象ですからね。
なんというか、ちょっと、根拠が欲しいんですよね。
いや、店のロケーションがどうとか、ここの店の佇まいがどうとか、メニューの書き方がどうとか、そんな根拠だか何だか分からないようなものでも良いんですよ、たぶん。
ただ、そういうことを感じ取る背景に、今までの何かしらの経験知が絡んでいそうだと、センスがいいねって話になるんじゃないかなって思います。
映画の話に戻りますと、友人に観てみたいって映画が尽くB級な映画であるっていうやつがいるんですよね。
こういう人をセンスが悪いというのは良くないとは思うんですが...
まあ例えば、独特のセンスを持っているとか、センスが合わないとかって言い方が良いのかもしれませんね...
別にですね、センスが悪いということを、婉曲的な表現でするべきだということじゃないんですね。
そもそも絶対的なセンスのよさなんてものは、無いでしょうから。
あいつはセンスがいい、あいつは悪いとかって言ってるうちに、自分の価値観を絶対的だって、勘違いしてしまうのは怖いなぁと。
センスがいいもわるいも、それを受け取る側の感覚と切っても切れないですよね。
B級映画うんぬんで書きたかったのは、ただ、センスの違いというのか、感覚の違いっていうのは確かにあるんだぁってことです。
いや、面白いぐらいに、B級に当たるんですよね。
実はB級っていうのも言葉の定義が曖昧でなんだかスッキリしませんが、観る前の期待度に反して、見終わった後に、なんとも言えない気不味い空気感になる映画って感じですかね。
これは、B級のちゃんとした定義じゃないとは思いますが、まあいいや。
それでですね、他に、色々調べたなら、選択肢があるだろうに、これ見に行こうぜって威勢良く言って、微妙な雰囲気になって映画館を出てくるという経験を何度も繰り返すんですよ。
なんというか、もう一種の様式美なんですよね。
ここまで来ると、まあわりと楽しいんですよ。
次は、どんなハズレくじ引くんだろなって。
一緒に観に行って、微妙な空気感を経て、なんじゃありゃって話すのが意外と面白い。
ちなみに、個人的にはB級は好きなんですよね。
それ自体楽しもうと思えば、楽しめますし、そうじゃなくっても、文句を一緒に垂れたりすると、結構笑えて楽しいんですね。
なんだか、結局、よく分からない話になっちゃいました。
センスのいいって話に戻しますと...
真似...いや実践だとか取り入れだとかでも良いのかもしれません...まあでも、とりあえず、真似したいなぁって部分と真似できないなぁって部分のある何かしら...ものなり作品なり考えなりを...そうですね...その人の経験や知識...結局はその人の総体...これも曖昧な言葉ですが...そういう色々なものの複雑な集合に基いて、提示できていると、センスがいいって感じるのかなって考えました。

最近のウィッシュリスト

叩き:パンツ、Tシャツ

ブーツ:ジップ取り付け
染め:シャツ×1、ニット×1、ストール×2
ニット:切断
ブリーチ:ワイヤータブへの交換
チェスター:本切羽

適宜:B、BM、MM、HA、TES、DC(レザー、スウェット、ベロア、カシミア)

日記

インターステラーのサントラを聞いていた流れから、マン・オブ・スティールのも聞いています。
澤野さんとハンスって、おんなじ印象なんですよね。
いや、どっちも男で、どっちも大体良いサントラ作るっていう、それだけなんですけど。
あと、二人くらいしか知らないってだけかもしれませんけど。
菅野さんも良いのばっか出しますよね。
サントラの世界も探すと色々楽しいんでしょうね。
そういえば、マン・オブ・スティールの大袈裟なアクション好きだったんですよね。
ゲーム画面みたいですけどね。
大雑把で、バッコンバッコンみたいなアクションで好きでした。

スタバのチーズケーキ、意外といけますね。
なにか他にも良いのがあったような記憶はあるんですが、思い出せない...

男の子が生まれやすいのは、Y染色体が軽いから云々という説を聞いたんですが、本当でしょうかね。
伴性遺伝が働くとちょうどバランスが取れて、上手く出来てるなぁとも思うんですけどね。

レーンもセールやりだして、ここはエルダーもセールやってます。
送料も1000円とかです。
わりとありですね。
Ekseptionなんかもエルダーがセールかかってます。

ちょっと考えていたんですけど、サイドゴアのゴアの部分にジップ付けたらどうなるんでしょうね。
面白いかなって思うんですけど。
あと、ゴアってマチって意味だったんですね。
知らなかった。

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:D、05AW、青緑
ライダース:PL
パンツ:HA、14SS
ブーツ:B、11AW

キャップ:C
ストール:DC×2、灰ショール、灰ノマド
手袋:P 
イヤリング:N
ネックレス:N

穂村さんの本また買おうかなと思っています。
現実入門か秘密と友情。

壁ドンと顎クイが流行りらしいですよ。
ネットで見て知ったってだけじゃないんですよ。
直に聞いたんですよ...
肩ノセやら床ドンやらもあるらしいです。
憧れるには憧れるらしいですよ。
されてみたいって。
キュンってしたり、ドキドキするみたいです。
このキュンっていうのが、あんまり分からないんですが、女性特有の感情なんでしょうかね。
それとも、男性でも適切な表現が無いだけで、あるんですかね。
胸が締め付けられる感じ...
あるいは、個人的に分からないだけなのかもしれませんね。

価値観把握や価値観転換をイメージを介して行うのって面白いです。
言葉だけでやるのはやっぱり違うんですよね。
君の価値観は何とか?
こんな質問、直接的過ぎますし、パッと聞かれても、すぐに言語化できませんよね。
警戒心も出てきそうです。
まず、抽象的にイメージを尋ねてみるのが良いです。
そしたら、そのイメージを具体化させていきます。
イメージだけでやっても面白いですけど、今度はそのイメージを言語化していきます。
その言語化も抽象から具体で、段階を踏むと言語化しやすいです。
ポジティブなイメージを喚起する誘導をすると、それだけでも喜ばれたりするんですよね。
軽い催眠なのか何か分かりませんけどね。
男性と女性だと、女性のほうがイメージによる気分の変化は起こりやすい気はします。
あ、あと、集団でやるよりマンツーマンでやった方が、やりやすいですし、インパクトがあるみたいですね。
イマジネーションを活用して、無意識に近いものをサルベージする感じなんですかね。
言語で誘導して、イメージで回収、把握して、言語にしてみる。
言葉とイメージって面白いですよね。
突き詰めていくと、言葉はイメージですものね。
そういえば、イメージを利用したちょっとした心理テストみたいなのはキューブのテストが簡単でわりと面白いです。
価値〜シリーズみたいな、間接的にわりと深いところまで探るのも、キューブみたいな、なんちゃってイメージ心理テストも何か考えてみたいです。
価値〜は、結構巧妙で好きなんですよね。
心理テストっぽい体裁で、直接は聞き出しにくいことを聞けますからね。
イメージ使わない簡単なテストはSMのがちょっと楽しいです。
爪見せ、手載せ、顎載せ、顎触り...4通りでしたかね。
アイスブレーキングには良いんじゃないんかって思います。
ちなみに、アイスブレイクしたいときに、アイスブレーキングって言ってもたいてい通じないですからね。
もうちょっとダサくて良いんですよ、緊張ほぐし、くらいで。
横文字いきなり言い出しても、しょうがないです。

一定の特徴を持った人との関係を規定しちゃう言葉って良くないですよね、たぶん。
規定しちゃうっていうのか、予想させちゃうっていうのか。
こうこうこういう人は無理なんだよねとか、こういう風だったら嫌だよとか...
こんなこと言う人、そうそういないですけど、たまにいます。
あ、男女関係だと、よくあるのかもしれません。
彼女がいたら怒るよとか、彼氏いないのとか、会ったばかりに聞いちゃうのとかですね...
観念に縛られて、実際の判断、評価を鈍らせると思うんですけど...
何の話になったんだろう...

デニスのストールかハイダーのスウェットが欲しいです。
エルダーやデニスのニットは欲しいは欲しいんですが、ウールニットにカシミアブランケットで、十分は十分です。
カシミアニットにカシミアブランケットの過剰さも嫌いじゃないですが...
ハイダーは個人的にはスウェットブランドと化しました。
ハイスウェットブランド...
要するに、全体として、易きに流れているんですよ。
スウェット着て、カシミア巻いとけば良いっしょってやつです...

日記

Tシャツ:B、09AW
ニット:D、05AW、黒
ライダース:PL
パンツ:HA、14AW、小
ブーツ:B、11AW

キャップ:TES、青
ストール:DC、青
イヤリング:N
ネックレス:N

青、黄、緑、白が好きな人にはなんの花がいいでしょうかね...
まあ、花屋さんに言ったら、普通に出てきますよね。

ブーツにジップを取り付けようと思っています。
前は、一万くらいで済んだんですが、今度はどうなるでしょうか...

レザパンってどうなんでしょうね。
この時期に穿くとやっぱり寒くないんですかね。
蒸れそうっていうのは偏見なんですかね。
コーティングのモールスキンと似たようなもんですかね。
手を出したいような、出したくないような...

日記

アークのデニスがまたちょっと安くなっています。
欲しいっちゃ欲しい...
要らないっちゃ要らない...
冷静に考えれば、ストールは飽和しています。
まあ、定番のものとかってのは特に急いで買わなくって良いですよね。
今季だけかもってのを買っておきます。

物事を覚えるのにストーリーって大切なんですよね。
なぜだかよくわからないんですけどね...
ストーリーがあった方が、すんなり入ってきて、受け入れやすい。
どうしてなんでしょうね。
不思議です。
記憶に、合理的な説明が欲しいって、それだけじゃないんですよね。
合理的である必要は無いんですよね。
筋が通ってなくっても、イメージができればいい。
そんな感じです。

日記

ニット:TES
ニット:D、05AW、黒
ライダース:PL
パンツ:B、09AW、小
ブーツ:JC

キャップ:C
ストール:DC、紫、B、ペイズリー
イヤリング:N
ネックレス:N

手袋必要ですね。
寒い。
手がかじかみます。

ダイロンのマルチ、安いんですね。
勝手が分かれば、気軽に染められそうです。

お世辞を言うのが、苦手という人がいます。
思ってもいないことを言うのが嫌だというわけです。
嘘を付いているっていうのがいけないってことですね。
正直が良いことっていうのがベースにあるみたいです。
お世辞自体は、客観的に見れば、特に害のある行為じゃないですよね。
それで、こういう風に主観的に良い悪いって考え方にこだわるなら、そのこだわりに則して、考え方を変えると良いかもしれません。
褒められたり、持ち上げられたりして、気分が悪い人はいないでしょうから、まあお世辞を言うことは、相手を幸せにしているんだと思えば、良いことをしているわけです。
相手の気分を良くしている。
良いことですよね。
そういえば、自慢話も悪いことじゃないんじゃないかなと思います。
内容には依ると思いますけど...
でも、自分なんて全然ダメなんだよなぁとかって話を滔々とされるよりは、良いはずなんですよ。
明るい失敗談なら、まだしも、ただ悲観的な話をされても、気分はあまり良くないですよね。
もちろん、相手が何か建設的な目的を持っていて話すなら、良いです。
ただ、こう悲観的な話をですね、謙遜か何かと勘違いしてるとか、話すだけ話して、特に何も変える気がないとかって場合は、だったら、自慢話の方がまだ良いんじゃないんかなって思うんですよ。
まあ、どうせ、意味のない話するんだったら、明るい話のほうが良いなってことです。
自慢話は...何で出てきたんですかね...
お世辞も自慢話も、通念上はあまり良いものと思われてないですけど、そうでも無いよってことですね。
捉え方とか考え方は大切ですね。
相手のことを考えるってのがキーなのかもしれません。
お世辞は自分が嘘つきになるのが嫌だってことからの、マイナスイメージです。
自慢話を避ける背後には、謙遜が美徳で自慢は悪徳で、自分は悪徳の方には傾かないぞっていうことがあるかもしれません。
しかし、両方とも、自分は悪くないぞっていうことなんですよね。
だから、相手を楽しませたいとか喜ばせたいとか、そういうことを基準にしてみると、案外面白いのかもしれません。

例えば、どこかに留学をしたとします。
そこで、素敵な人に出会ったとします。
でも、留学は半年だけ。
恋人になるかどうか...
こういう仮定の話すると面白いんですよね。
辛いから、遊ばないとかって意見もあったりするんですよ。
そうすると、そもそもそんなに深い仲になるのかとか、深い仲になったとして半年保つか分からないじゃないかとかって突っ込みどころがあるんですよね。
この仮定の話は、半年先を見越して、人間関係を考えるってことをやってることになります。
これを考えると、長期的な予想をした上で、それを期待して、人間関係を調整するっていうのは、ちょっと阿呆らしいのかなぁって思ったりします。
だって、人間関係なんて、予測できないじゃないですかっていう立場です。
でも、何かを予期して行動するという事自体は、悪いことじゃないですし、人間を上手く生き延びさせる知恵ではあります。
適用する場合を考えないといけないってことかもしれません。
あ、それと、相手が変わるかもしれないって、期待がわりとありますが、これは良くないですよね。
相手は変えられないと思っておいた方が良いですよね、精神衛生上も。
コントロールできると思ったり、しようとしたりってことから、自分に負荷がかかりますし、人間関係も壊れます。
変えられるのは自分だけって考えておくのが、原則のように思います。

日記

Tシャツ:B、10SS、黒
ニット:D、04AW、灰
ライダース:PL
パンツ:B、09AW、大
ブーツ:JC

キャップ:TES、灰
ストール:B、11AW
イヤリング:N
ネックレス:N

インターステラーのサントラ聞いています。
やっぱり、というか、ハンスジマーなんですよね。
ノーランとハンスはセットなんですかね。
今更ですけど。

片側だけに笑窪ができる人がいました。
なんか面白いですね。
個性的で。

ストールをエポレットにくっつけられないかなということを考えていました。
ストールにループみたいな構造物をつけておいて、そこをエポレットに引っ掛けるんです。
そうすると、うまい具合にストールを固定できて、巻きやすくなるとかっていう風になると面白いんじゃないかなって。

イルミネーションって見てて楽しいのかどうかって話がありましたが、一人で見に行ったりしても、まあそんなに楽しいもんではないんじゃないかなぁと。
綺麗ですけどね。
もちろん、一人で見に行って、綺麗だなぁ、楽しいなぁって楽しめる人もいるとは思います。
でも、あれは主に恋人たちのものですよね。
極端な話、綺麗だねとか言い合ってるだけで楽しい人達のためのものなんじゃないですかね。
単なる舞台装置だったり、出かけるための口実みたいなものじゃないでしょうか。
一緒にいるだけで楽しいっていう、ある意味浮ついてないと楽しいねってならないのかなぁって思います。
イルミネーションて楽しいのあれ?、なんて考えてしまっている時点で楽しむための要件を満たしてないんですよね、たぶん。
まあでも、個人的には、この時期の風物詩みたいなもので、街中を歩いていて見かけると、楽しい気分になります。
色々、楽しい思い出が思い出されるから、なのかもしれません。

日記

やっぱり、ダイロンでの染色を試してみようと思います。

とりあえず、必要なものとして
染料
金属製のボウル
金属製のバケツ
お酢
ゴム手袋

まずは、染めるものを水で濡らします。
段階的に温度を上げて、急な縮みを回避します。

ゴム手袋を装着。
ボウルで染料を溶かします。
バケツにお湯と染料とお酢を混ぜて、染液を作ります。

染めたいものを染液に浸けます。
40分ほど、全体に馴染むように少しずつ混ぜながら、染めます。

染液を捨てて、染めたものを濯ぎます。

書き出してみると、簡単に見えるんですよね...
ま、とりあえず、そのうちやってみます。
プロフィール

none

Author:none
Tシャツ:
シャツ:
パーカー:
プルオーバー:
ニット:
ジャケット:
コート:
ベルト:
パンツ:
シューズ:

キャップ:
ストール:
バッグ:
ウォッチ:

最近の本:
最近の音楽:
最近の雑誌:
最近の漫画:
最近のアニメ:
最近の映画:
最近の人物:
最近の服:
最近の物:
最近の場所:
最近の出来事:
最近の食事:
最近の習慣:
最近の思索:
最近のキーワード:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天モーションウィジェット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード